40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

さっきも書いたように、今日はデニーズでご飯を食べて帰ってきたので、すでにお家でのんべんだらりとしております。

ラジオのことをあまり書いたことがないなぁと、自分の番組のオンエアを聞きながら書いております。

ちょうどブログのことを話していますね。最近、よくブログを書いているからか、アクセス数が増えているっていう話をしたのですが、確かに増えているんですね。具体的に何件とか書いちゃうと「なんだ、そんなもんか」と思われちゃうので書きませんが。


で、40kidsの歌はともだち、すでに10年くらいやってます。毎週月曜日の夜7時(再放送は木曜夜9時)からの放送ですが、収録番組です。だいたい3週間に1回のペースで収録をしておりまして、つまり1日で1時間番組を3回録っているという。3時間分も一気に録るの?と驚かれることが多いんですが、何事も慣れでございまして、すっかり慣れています。毎回、楽しく収録させてもらっています。


この番組は、40kids、つまり、飯山、斉藤、二見の3人がメインで、2年くらい前からアシスタントとしてりっちゃんも放送に加わっています。

もともと喋る事も好きで、ラジオも大好きだったので、番組をやらないかって話がきたときは両手をあげて喜んだものです。1人だったら不安だったかもしれないけれど、ライブをいっしょにやっていた他の2人も一緒でしたので、まぁ、少しの不安はありましたが、楽しみという気持ちの方が大きかったですね。FMおだわらには仕事でも、ガッツリ噛んでいましたしね。

さっき、楽しいと書きましたが、準備には結構悩んだりします。慣れているとはいえ、1時間番組ですからね、何を話すか、どんな曲を流すか、というのには悩みます。でもイメージが固まれば、あとは本番でどう進めるかの勝負。それが思いのほかスリリングで。

d0350319_20032601.jpg
2月5日の放送の収録で。ゲストは右端にいらっしゃるFM ISのパーソナリティである山田ヒサコさん

私は、結構きっちり流れを作っていくタイプですが、斉藤君はその日の流れで話す予定を変えてくるタイプ、二見君は用意してくるんだけど私らに引っ掻き回されて思い通りに進まないことがあるタイプ、って具合で三者三様です。

この3人が交代でメインのマイク、つまり司会役を務めるわけです。だから、3時間分といってもメインで回すのは1時間分だけ。こういうのも気が楽にでいい。


10年やっているといっても、番組の改編時期になるとヒヤヒヤしてます。終わるんじゃないかと。そんな話をこの間喫煙場所で偶然いっしょになった永田放送局長に話したら「何言ってるんですかぁ。40kidsの番組が終わるなんて話、出たことありませんよー。これからもよろしくお願いします」と言われたので、4月以降も続く予定です。

あ、そんなことを書いているうちに、番組が終わる。あーー、俺のオリジナル曲が流れ始めた。チューニングが甘いまま歌っちゃったなぁ。。。


では、ブログを読んでいるかたも、もしよろしければ「40kidsの歌はともだち」、聞いて見てください。FMおだわらは、インターネットでも聞けますので。



[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 20:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

創作意欲は季節モノ?

ブログをやけにつらつらと毎日書いていますが、これって自分にとって発作みたいなものがあります。文章を書くということがもともと好きってこともあるのですが、自分の中で何かをアウトプットするという作業がすごく楽しくなる時期、というか書きたくて仕方がないという時期があるらしいのです。

それに気づいたのが昨日なんですが、過去にも毎日のようにブログを書いていたことがありました。過去ログ見ていて気づいたのですが、全部、今の時期でした。

つまり、冬。

12月から2月くらいにかけてバーッと書いていることが多い。これって、精神科医みたいな専門家から見ればなにか理由がありそうな気がします。なんだろうな。きっと、曲作りも同じようなものなんだろうな。作るときは、めちゃくちゃ作る。

で、作らないと作れなくなる。書かないと書けなくなる。


曲も冬の間に創作意欲が増してきて、暖かくなるとしぼむのかもしれませんが、その創作意欲にかられているときは「毎日作らないと作れなくなる」という感覚で、作り続けていますね。

ブログも書きたいと思ったことがあったら、すぐパソコンに向かって書き出す時と、あとでいいか、と思うときと。今は、すぐにパソコンに向かう感じですね。パソコンっていうか、ポメラですけど。

d0350319_18390347.jpg
これね、ポメラ。DM100という機種です

で、過去のブログを昨日いろいろと読んでたのですが、これが結構おもしろいんですよ。「俺、こんなこと考えていたのか」と思うようなことや「そうそう、こんなことあった」とか「わー、これ、もうそんな前になるんだ」みたいなのとか。ブログを書き始めたのが、9年前の2月初旬ってのもうなづけます。冬だから、なんだか創作意欲がわいたんでしょうね。


とりとめのないことを書いていますが、こういうのも時間があるからなんですね。なぜ、時間ができるようになったか。

そう、過去にない最近の生活における決定的な変化は「ラジオ生活」になったことです。

d0350319_18394533.jpg
今も大好きな「スカイロケットカンパニー」を、デニーズでご飯食べながら聴きつつ、書いております。

以前も書きましたが、テレビから脱却したことです。これが大きい。そして、SNSをのぞくよりブログを書いている方が楽しくて、自分の創作意欲みたいなものを刺激してくれることに気がついた。

SNS中毒になっている人は、ブログを書けなんてことも書いたことありますが、ブログじゃなくても日記とかつけるといいと思うなぁ。


ということで、そろそろ曲も作ろう。文章をガンガン書いていると、言葉も浮かびやすくなってきて、歌詞も作りやすい脳になっているかもしれないから。


あ、今日は月曜日。午後7時からFMおだわらで「40kidsの歌はともだち」が放送されるぞ!オンエア、聞くかな。




[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 18:38 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

先日のライブの前に交換した、ちょっと値の張る弦とは、YAMAHAが輸入している「アコースティックサイエンス」という弦です。

これは、エリクサーのような、いわゆるコーティング弦ではないのにも関わらず、超寿命で音もいいというふれこみで販売している比較的最近できたばかりの弦です。

d0350319_18281943.jpg
2,300円だけど、20%引きだったので買った

ギターの弦に興味のない方は全然わからないと思いますのでちょっと説明させていただきます。

弦によってギターの音は変わりますし、弾き心地もかわります。それは「いいお茶碗にしたから、食べ物がおいしく感じるよねー」の類ではなく、本当に変わります。消耗品なので、どのタイミングで交換するかっていうのが、まぁ誰しもが必ず悩むところです。私も若い頃は「切れるまで我慢」とか思っていましたが、音の劣化が進みすぎると弾いていて気持ちよくないですからね。そこらへん、個人で差があると思います。


ギターの弦もピンからキリまでありまして、1セットで300円くらいのものから2,000円を超えるようなモノまであります。金額の違いは音の違いにも出ますが、弦の持ちにも変わってきます。いや、高い弦だから長持ちするってわけでもなくて、錆びないような加工をされているから高いものがある、と思った方がいいと思います。そういう加工がされていなくとも、素材の良さで高額のものもあります。


と、ものすごい長い前振りになりましたが、今回比較的というか、今まで買った中では一番高価な「アコースティックサイエンス」という弦を使ってみたレビューを書いてみたいと思います。

って、本番はここからかぁ、なげぇな。

このアコースティックサイエンスという弦ですが、いわゆる錆びないためのコーティングが施されているわけではないらしい。コーティングをしていると、簡単に言えば弦に膜をはっているわけなんで、錆びづらいし、長持ちはしますがちょっと弦の表面がヌルヌルするんですね。コーティング弦でたぶん一番人気の「エリクサー」という弦は、とてもきらびやかな音がして、これが通常の弦の3倍くらい長持ちするのですから、2,000円近い値段も納得というところで人気です。


で、それよりもちょっと高いこのアコースティックサイエンスという弦は、ナノレベルで弦をトリートメントしているとのこと。なんだかよくわからないですが、弦とイオン層が一体となっている(これでもよくわかりませんが)ので、弦に膜を張っている従来のコーティング弦とは一線を画しているようです。

弾いてみて感じるのは、あのヌルヌル感がないこと。あぁ、これで長持ちならいいな、というのが第一印象。私はあのヌルヌル感があまり好きではないのです。

音はというと、エリクサーほどきらびやかではないです。とても素直な音が出ていると思います。いいギターに張ればその楽器のポテンシャルを引き出してくれそうです。エリクサーは弦が良く鳴るので、それほどいいギターじゃないものに張っても、それなりの音が出ます。それは、気軽にギターを楽しんでいるので、弦交換はなるべくしたくない、というようなユーザーにはうってつけだと思います。


おそらく、このアコースティックサイエンスという弦は、私が通常使っているダダリオのニッケル弦みたいに、そのギター本来のポテンシャルを響かせる類の弦じゃないかなぁと感じました。そういう意味では、私は良い印象を持ちました。ギターの箱じゃなくて弦が鳴ってる感がある弦って、ちょっとなぁ、、、って思ってるから。「弦が鳴ってる感」が強い弦を張ると、全部のギターが同じように聞こえてしまう。やっぱり、ギターの性格をそのまま出すような弦が私は好きです。


この弦は、エリクサーよりはメロウな感じの音です。マーチンのSPとかに近いんじゃないかなぁ。弾き心地も。SPがどんな音だったか、ちょっと忘れかけてますんで印象としてね。

各弦の分離感っていうのかな、それぞれがよく鳴っている感じがします。それと、音が大きいです。特にラウンド弦、つまり低音や中音域にボリューム感がある。これも、例のナノレベルでの技術のおかげですかね。


問題は耐久性ですね。張った直後はキラキラしすぎて、聞いてられない感じでしたが、翌日にはだいぶ落ち着きました。その状態でライブに望んだのですが、聞いていた人にも「ギターの音がきれいでした」と言われました。これはですね、ほかにいいところがなかったときのほめ言葉なので、素直に受け取れない部分はありますが。

でも、そのライブは音響機材を通さない生音だったので、「サウンドホールがこっちを向いていたから余計に楽しめた」みたいな具体的なことを言って喜んでいたので、やっぱり音はよかったんだろうと思います。その状態がいつまで続くかは、これからの検証になります。


ただ、悪いことで一つ気がついたことがあります。張って2日目ですが、プレーン弦のほうにちょっとだけ黒ずみが見られました。1フレットから5フレットあたりのよく使ったところの押弦部分のみですが。これが即、音の劣化にはなっていないですね。少なくとも、私には気づいていません。

d0350319_18292040.jpg
わかるかなぁ、ちょっと黒ずんでるの

この弦はラウンド弦にのみトリートメント効果があるのかもしれないですね。ラウンド弦はピカピカのままですから。

そんな感じで、しばらくこの弦を使ってみて、どれくらいの耐久性があるかを検証してみたいと思います。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 18:27 | 音楽 | Comments(0)

今朝のニュースをラジオで聞いて驚いたのが、有賀さつきさんが亡くなったという報道。


彼女は、私と同世代というか、私とまったく誕生日が同じなんですね。昭和40年(1965年)9月9日。誕生日の話になると「有賀さつきと同じ」って言っていたんですが、最近部下にそういったら「誰ですか、それ」と言われて軽くショックを受けたのは記憶に新しい。まだまだ活躍しているだろう?ということに加えて、私の中では有賀さつきというと、女性アナウンサーがタレント化した走りの人というイメージ(実際にそうだよね)もあって、自分と同じ誕生日ということは棚の上に上げて、まだまだ若いきれいなアナウンサーというポジションにあっただけに知らない人がいるっていうのに驚いたわけです。

d0350319_18004733.jpg
いつまでも、このイメージでした

で、今朝の訃報。「え?!」と、ラジオを聞いていた車内で声を出してしまいました。あんなに元気そうだった同級生が死んじゃうの?っていうショックもありました。この年になると同年代が亡くなるというのは、直接自分の寿命みたいなものを突きつけられているような気分になります。「俺が今、死んだら、、、」みたいなことを、その訃報を聞いた車内で勤務先に到着するまでずっと考えていました。


あぁ、もうこれから「誕生日は有賀さつきといっしょ」っていうのは言えなくなるなぁ。なんか、さみしいなぁ。きれいな人で、とぼけたところがあって好きだったんだけどなぁ。誕生日がいっしょだから、勝手に親近感を持っていたし。死んじゃったかぁ。なんだかなぁ。

これで、誕生日が全く同じ有名人はいなくなっちゃった。同い年じゃないけど、これからは「カーネルサンダースといっしょ」って言うことにしよう。


ご冥福をお祈りします。さみしい。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 18:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

Apple Watchでかぶれる

すっかりApple Watchの便利さに惚れちゃってるわけで、風呂に入っている時以外はずっと付けっぱなしにしていたら、体に変化が。

手首がかぶれました。簡単に言うと、蒸れちゃったんですね。で、なんだかカユいなぁってポリポリ手首をかいたら、皮がむけちゃいました。当たり前ですが、痛い。

かぶれちゃったところの写真を載せると気持ち悪いのでやめておきますが、Apple Watchを付けっぱなしにするとかぶれますよ。って、まぁ、シリコンのベルトをずっと巻いてれば、だれでもかぶれる気がしますけどね。

私が使っているApple Watchはナイキモデルで、ベルトは通気性の良さそうな穴あきです。それでもかぶれちゃいますね。だから、寝るときははずすことにしました。私の場合、朝のシャワーを浴びるときに付けっぱなしにしいてたのも、まずかったのかなぁと思っています。

d0350319_01483673.jpg
これが、ナイキモデルのベルト

これをきっかけに、新しいバンドを試してみようかなと、思い立ちました。純正品だと20,800円もする「ミラネーゼループ」タイプのものがカッコよかったので、Amazonにあった1,700円で買えるやつをポチってみました。当然純正品のほうがいいに決まってますが、とりあえず、見た感じが同じだったんで。レビューも好評だし。

d0350319_01501164.jpg
純正品はこれ。↑

d0350319_01510553.jpg
買ったのはこれ。↑1,699円也

届いたら、その付け心地など、書いてみたいと思います。



[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 01:48 | パソコン・インターネット | Comments(0)