40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

あれ?これって清志郎?

合成だろうなぁ、2分30秒あたりに清志郎がうつってる気がする。
画面をクリックして、youtubeに行ってみたほうがよくわかるかも。
話題の映像になるかもしれないと思ったから、アップしておきます。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2009-05-13 01:54 | 音楽 | Comments(0)
とても、暑い日だった。
そして、なにしろすごい数の人だった。
あんなにもたくさんの人が、一人のミュージシャンに感謝と積年の思いをぶつけに来ているのかと思うと、それだけで感動的だった。

d0350319_18351445.jpg


私が乃木坂駅についたのは午前11時すぎ。13時の葬儀開始を前に、すでに駅は人であふれつつあった。
「ファンはこちら」という看板を持つたくさんのスタッフが、参列者を誘導する。
参列者は、さすがに黒を基調とした服を着ているので、列は黒く見える。喪服姿の人も多い。目を赤くしている人、すっかり泣いている人、かと思えば、これからライブが始まる気分なのではないかという笑顔の人もいる。
今日、あつまった何万人の思いは、何万人分ある。
私も、一人で来たい気分で、家人や友達にもいわずにふらっと出かけてきた。

d0350319_18351482.jpg


それにしても抜けんばかりの青空だ。昨日までの雨が嘘のような「雨上がり」
これから何時間並ぶかわからないけれど、この時間はきっと一生忘れないだろうなと思いながら、夏日の歩道に並んだ。ちっとも列は動かない。11時半ごろには並んでいたが、13時の葬儀スタートを過ぎても、時々、列を詰める指示がスタッフからあって、じりじりと前に進むくらいである。なにしろ、動かない。
やっと動き出したのは、14時半を過ぎた頃。
そして、15時10分頃に、やっと葬儀会場の門を通過した。

d0350319_18351429.jpg


さながら、ライブ会場だった。
清志郎が書いていた、ウサギの巨大なバルーン人形が目に飛び込む。
そして、清志郎の歌声。「ヘイ!チャボ!」の声に続く、チャボのギター。
物販ブースでもあるんじゃないかという雰囲気だ。
時折流れるアナウンスの女性の声。
「本日は、忌野清志郎青山ロックンロールショーへご来場いただき、誠にありがとうございます」
「今、流れている曲は、忌野清志郎の新曲、Oh!Radioです」
ライブ会場とは違うのが、並んでいる観客が泣いていることだ。

d0350319_18351468.jpg


d0350319_18351463.jpg


ついに、葬儀会場の入口まで来た。
入口までの通路には、献花をした人たちの名前が並ぶ。

祭壇が見えた。

d0350319_18351452.jpg


あぁ。。。

言葉を無くした。
今日はライブではない。葬式だ。やっぱり、清志郎は死んだらしい。
そう、痛烈に理解させられる。
ここで、初めて涙するファンも多い。
私も、目頭が熱くなり、嗚咽しそうになる。

d0350319_18351476.jpg


愛用品が祭壇の前に飾られていた。
「清志郎!」と、いたるところで叫び声があがる。
「ありがとう!」とも。
なんとも言えない気分になる。

d0350319_18351479.jpg


遺影の正面にきた。
「清志郎はどこにいるんだ? どこに横たわっているんだ?
どこなんだよ?!」
そう、思っていると、位牌の後ろにある、箱に気づく。

あ、清志郎はもう骨になってる。

あんなに小さくなっている。

なんてことだ・・・!

d0350319_18351404.jpg


花をたむけ、手を合わせた。
走馬燈のように想い出が駆けめぐるというが、そんなものはなくて、ただ、なにも考えられない状態で、手をあわせた。人の邪魔にならない端のほうにいって、気持ちが落ち着くまで、手を合わせた。

葬儀会場を、後ろ髪を引かれる思いであとにした。
会場の出口を出ると、すぐそには、たくさんの思いでの品々が展示されていた。

d0350319_18351483.jpg


そして、こんなものまで。なぜかコタツに載っていた。
王冠と、タイマーズのヘルメットだ。
懐かしいな、ゼリーという名前の清志郎がかぶってたな。
トッピは三宅さんだったんだよな。
タイマーズのCD、どこにやっちゃったけかな。。。
そんなことを、ぼーっと考えていた。

d0350319_18351513.jpg


d0350319_18351563.jpg


d0350319_18351541.jpg



葬儀所を出ても、駅から続く歩道には、まだ何キロもの列があった。
この人たちはいったい何時に清志郎へ手を合わせられるのだろう。

帰りの電車の中では、ちょっと放心状態。
偶然に助けられたのは、持っていた本での一節だった。
伊坂幸太郎の「魔王」。
その中に、こんな箇所があった。
お兄さんが亡くなったことを、悲しむ弟(潤也)とその彼女がいった言葉。

「わたしは、お兄さんは、潤也君を見放すとは思えないけどね。たかが死んだくらいで」
「そうだな、死んだくらいで、俺を見放さないよなぁ」

・・・・・・なるほどな、、、、

そうさ、たかが死んだくらいで、清志郎はみんなを見捨てたりしないだろう?
そうだよ、死んだくらいで、清志郎は消えたりしないのさ。

合掌

d0350319_18351555.jpg

<葬儀の受付で配られた遺影>
[PR]
# by 40kids_iiyama | 2009-05-09 21:44 | 音楽 | Comments(4)

長い行列の中に

d0350319_18351438.jpg

います。
ホントにたくさんの人たち。
青山葬儀所周辺は、清志郎の最後のライヴに参列する人たちであふれています。
待ち時間は苦痛ではありません。
[PR]
# by 40kids_iiyama | 2009-05-09 12:05 | Comments(0)

告別式へ行こうかな

青山葬儀所。
すごく混むだろうなぁ。
でも、一生に一度きりだから。
行こうかなぁ。
[PR]
# by 40kids_iiyama | 2009-05-09 02:45 | 音楽 | Comments(0)

後遺症

思い出しちゃうと、どうにもこうにも、力が出ない。
まだ、死んじゃったことが信じられない。

この人も心配だ。

[PR]
# by 40kids_iiyama | 2009-05-07 22:02 | 音楽 | Comments(0)