40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギターに自分なりの工夫

今日は台風のために、仕事が急になくなってヒマになってしまいました。
そんなわけで、朝からこまめに掃除をしたり料理を作ったりと家事にいそしんでおりましたが、それが終わったら趣味の時間。そう、ひたすらギターを弾いておりました。
最近はライブでもギターをパーカッシブに叩きながら弾くのが楽しくなっており、だいぶ板に付いてきたと自分では思っております。
ギターを弾き始めてから、ずっとサムピックをつけて弾いていること、その後各指にフィンガーピックをつけて弾いていたことは、このブログに何度も書いています。ただ、パーカッシブに弾くと、どうしてもピックでギターのボディに傷を付けちゃう。そんなこともあり、ここ1、2年はピックを使わずに弾くことが多くなっていました。ただ、楽曲によってはやっぱりベース音をきっちり出したいこともあり、サムピックだけをつけては、すでに癖になってしまっているギターを叩く動作をしちゃって、ギターに傷を付けることもしばしば。
で、今日はこんなことをしてみました。
d0350319_00373214.jpg

そう、傷をつけてしまうところに期限が切れたキャッシュカードを貼ってみたんです。これが、非常に具合がいい。ボディに傷が付かないから、サムピックでこのカード部分を叩いて、スネアがわりの音も出せる。
ギターを弾かない人にはなんだか全然わかんないでしょうが、自分の弾き方だとこれがハマる。
明日も仕事がないから、また1日これで練習してみようと思います。もし、晴れたら平塚の博物館で興味のある特別展がやっているので、カブで出かけようかと。
いずれにしても、2連休ってのはいいなぁ。明日もゆっくり過ごそう。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-07-29 00:37 | 音楽 | Comments(0)
先日のカブのバーストもあり、早速自分でオイル交換を行った。昼間は暑いので、夕方から始めてオイルドレンからポタポタとおちる真っ黒なオイルを見ながら、電子たばこをくゆらしてた。自分でオイル交換なんて、モータースポーツをやっていたとき以来だから、かれこれ20年ぶりくらいかなぁ。
ふと、同僚が「プラグも替えた方がいいですよ」と言ったのを思い出して、プラグコードを改めて見て、あ!と思った。1気筒じゃん。車に慣れてたからやけに新鮮。1本なら交換も手間じゃねぇなぁと。でも、プラグレンチなんてもう持ってないよなぁ、などと考えていたらカブにも工具袋があるのを思い出して、中を開けてみた。あら、あるじゃない。すばらしいね。ってことで、プラグを抜いてみると見事に真っ黒に焦げている。
d0350319_21385956.jpg

金ブラシで磨くにも金ブラシがない。たぶん、金ブラシとプラグって同じくらいの値段だろうと思って、オイルを抜けきる時間の暇つぶしもあり、すっかり行き着けになった2りんかんまで車で出かけた。
世の中便利で、スマホで対応している型式を簡単に調べることができる。400円ちょいだ。やすいねぇ。それも1本でいいんだもんねぇ。ついでに、メーターランプが切れていることも思い出して、そのランプも買って帰った。
エンジンオイルをきっちり600CC計って(これは事前にペットボトルを使って、600CCを計れるようにしておいた)、オイルを流し込む。量がちょうどいいことを確認して、エンジンをかけると調子よくエンジンが回り始めた。
次はメーターランプの交換。夜走って気がついたんだけど、ランプが切れていて自分が今何キロで走ってるのかわかんなかった。外灯があれば見えるけど、そうじゃないところだと全然速度がわかんなかった。これじゃイカンですよね。ランプの交換方法もネットで調べた。
これが終わる頃には、すっかり世の中くらくなっていたので、試運転。近所をぶらっと走ってみたら、あーらすばらしい。メーターは光るし、なによりカブが軽くなったみたいに感じる。振動がはっきり減った。
d0350319_22021095.jpg
これだけで、けっこう感動した

翌日は定期検査で眼科医へいくため休みを取ったので、もちろんカブで出かけた。ホント、調子いい。ついでにチェーンオイルをさしたのも良かったのかな。

自分で自分の使うものを整備するっていうのは、その道具に対する愛着が深まる。それはギターと同じ。もう、すっかりこの3万円で買ったリトルカブに心奪われています。
なんていうか、カブに乗るようになってから微妙に生活が変わってるんですよね。本もカブが出てくる小説や旅行記を選んで読んで、すっかり自分もカブで遠出をしたくなっているし、部屋でゴロゴロするより意味もなくカブに乗って走ることを選ぶし。家に帰ってきたら、もう外出なんてめんどくさいってここ数年思っていたのが、すっかり外出好きになってる。
d0350319_22032878.jpg

そんなわけで、これも「ちょっとコーヒーでも飲んでこよう」ってアパートでご飯を食べ終わったあと、ちょっと出かけてコメダで書いているのでした。
カブ、ばんざい。
d0350319_22034787.jpg


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-07-26 21:36 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)

鎌倉でバースト

休みの土曜日。お休みなのにいつもと同じ時間に起きちゃって、いつもと同じように掃除洗濯をしながら、今日はリトルカブでお出かけしようと思い立ちました。
朝食に、冷蔵庫に中にあった中途半端に残っていた具材をぜんぶつっこんだ、すごくボリューミーなオムレツを作って、ひとしきりのんびりした後、出発。
行き先は鎌倉。報国寺の竹林の奥にある休耕庵という茶席でお抹茶を飲むのが目的です。
10時前に出発したのに、世の中酷暑。でも風を切って走ると涼しいのよね。うきうきしながら渋滞もなく、というか渋滞しててもほとんど関係なくリトルカブは進んでいきます。
途中、娘の母校の鎌倉高校で休憩。ここから見える海を撮影して娘に送ってあげようと思ったわけですが、江ノ電の踏切から海を望むところにたくさんの人だかり。
d0350319_22402960.jpg

なんだ?これはと思いながら、娘に写真をLINEしました。間なしに娘から返事が。スラムダンクに出てくるシーンに使われているから、撮影に来る人が多いんだとのこと。なるほど、アニメの威力はすごいな。小田原を舞台にした人気作品が出てくれば、誘客には困らんな。

海沿いをずっと走ると、本当に気持ちがいい。鼻歌を歌っているつもりが、ヘルメットの中でがっつり歌いながら目的地報国寺に到着。小田原の国府津から約1時間20分。リトルカブの運転は楽しいし、天気がよくて気持ちよかったので、あっという間についちゃった感じ。
d0350319_22413743.jpg

鎌倉好きの私。たくさんのお寺の中でも特に報国寺が好きなのです。竹林の涼やかさもそうですが、とても思い出深い場所。思い出は美しすぎるってやつですかね。久しぶりに来てみましたが、やっぱり切ない気分になってしまいながらの散策。
d0350319_22421190.jpg

そして、休耕庵。とても涼しい。そして、とても落ち着く場所。一日居てもいいくらいのお気に入りの場所です。でも、長居するのは失礼なので抹茶をゆっくりいただいて、席を立ちました。
d0350319_22433005.jpg

そこから八幡宮によろうかと思いましたが、バイクを置く場所がわからない。途中、有料の駐輪場はありましたが、今日は人混みの中を行く気分でなかったのでスルー。カブに乗るようになって気づいたのですが、バイクの置き場所ってホントに少ないですよね。みんなどうしてんだろう。
そんなこと思いながら、建長寺へ向かいました。お隣は鎌倉学園。桑田佳祐の母校ですね。中学時代、鎌倉学園を受験しようかと思ったりもしましたが、すでに勉強嫌いになっていたので私学に行くなら付属高校しかないと思ったりしたのをぼんやり思い出しながら、境内へ。
建長寺に来たのは、30年ぶりくらいかもしれない。いや、もっとかな。
d0350319_22452933.jpg

d0350319_22454499.jpg

そして、その先にある明月院に向かいましたが、いつも歩いて行った道は車両進入禁止だったのを見て、スルー。すぐ先にある東慶寺へ。ここは、別名「縁切寺」。江戸時代に夫と縁を切りたい妻が駆け込んだ寺だから、駆け込み寺とも言われているところ。でも、今は縁結びのパワースポットとも言われているらしい。確か、東京オリンピック女子バレーボールチーム東洋の魔女の監督であった大松監督のお墓があったはずだよなぁ、とさだまさしの縁切寺を小声で歌いながら、散策。
どうも、頭の中で縁切寺のフレーズが離れず、バイクを運転しながら「♪源氏山から北鎌倉へ〜」と歌いながら、ちょうど北鎌倉駅を右に見ながら通過した時点で、なんかバイクに違和感が。その先のコーナーを曲がるときに、リヤタイヤがよれるのを感じました。止まってリアタイヤを押してみると、明らかにエアーが抜けてる。
これは、いわゆるパンクってやつですかぁ〜??と若干ビビりながら、そろそろと走っていたら、ちょっと先にガソリンスタンドを見つけました。
スタンドのお兄ちゃんたちに見てもらったら、パンクっちゅうか、バースト状態。タイヤが裂けておりました。一応、チューブに空気を入れてみましたが、裂けたタイヤの間からチューブがニョロっと飛び出ちゃう感じ。チューブもダメだろうなぁ、なんて話しながら「なおせませんか?」って聞いたら「タイヤないし、無理」と。近くにバイク屋はありませんか?って聞くと「かなり遠いし・・・」と。電話してもらえません?って言おうと思ったら「電話しても来てくれるかどうかわかんないしなぁ」と先に言われてしまった。ちょっと冷たくないですか?この小田原市ナンバーみましたよね?これで小田原まで帰れると思います?と思いましたが、まぁ仕方ない。空気入れてくれただけありがたいと思いましょう、と。途方に暮れながら、バイクを押してスタンドを出発。
どうしようかなぁ、と本当にこりゃマズイことになったと思いながら、とりあえず腹も減ったし、近くのコンビニまで歩いて、そこで何か食いながら対策を練ろうと思っていたら、なんと、コンビニより先に町の小さなバイク屋さん発見!さっきのスタンドのあんちゃんたち、ここ知らんかったのかい?まぁ、いいけど。
d0350319_22462684.jpg

「きっと、神様って居る」と思いながら、そのお店にピットイン。
d0350319_22503802.jpg

優しい店主のおじさんに新品のタイヤとチューブを交換してもらって、工賃込みの9,720円。リトルカブのサスペンションを替えようかなと思っていたお金が飛びました。
でも、ホント助かりました。ホンダウイングヤマガミさん、ありがとー!
d0350319_22521051.jpg

しかし、タイヤを取り替えたらやけに快適。前のタイヤ、もう寿命だったんだなぁと思いながらの帰路。まぁ、3万円だったし。タイヤとチューブ3セット分だもんね。
どっかおしゃれなお店で昼食って行こうなんて思っていたけれど、痛い出費だったのでコンビニのおにぎりですませました。

そんなこんなでバタバタした鎌倉ツーリングでしたが、それだけに思い出ができちゃった感じ。3万円で買ったリトルカブ、ホント、買ってよかった。今日のこともあるし、自分でちゃんと整備しようって思ったのでした。

さぁ、明日はお仕事だ。暑い中ですが、がんばりましょう!

[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-07-21 22:39 | 旅行・地域 | Comments(2)