40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2018年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

頻脈ですの。

つまり、いつも心臓がドキドキしちゃってる状態。それ、わたくしなんですが、ひどい日があるんですよ。
今日はそうでした。どうやっても、脈拍が100を切らない。深呼吸をやれば、たいがいは80から90には下がるんですが、今日は下がらなかったなぁ。ベルトをゆるめたり、水を飲んだり、薬を飲んだり(って頭痛もしていたからロキソニン飲んだ)したけれど、なかなか改善しなかったんですよ。夕方頃にようやく落ち着いてきました。

みなさん、脈拍なんてあまり気にしないと思いますが、そうApple Watchをわたくしは持っているので、いつも確認できるのですよっ。って、軽く自慢しましたが、脈拍が早いと次のような症状が私には発生します。
・貧乏揺すり
・胆が詰まる(ような気がして)咳をする
・軽い頭痛がおきる
・物事に集中できない
だいたい、朝からこんな感じの日は脈拍が110くらいになってる。せめて90くらいになるといいんですけどね。

小さい頃から頻脈で、心配した両親が東京女子医大に連れて行ってくれたことがあります。小学校低学年でしたが、よく覚えています。
「日本で一番の先生が見てくれるから、大丈夫」とおふくろが待合室でずっと言ってくれていました。自分でなぜ病院に連れて行かれるのか全然わからなかったのですが、おふくろたちが私の頻脈に気づくわけもなく(たぶん)、風邪か何かで行きつけの町医者に言ったときに、その先生から言われたんだと思います。「じゅんちゃんの心臓が変だ」みたいに。そういわれてみると、心臓の音に雑音が入る、みたいなことを言われていたのを、思い出した。そうだ、そんなこと言われてた。

実際、東京女子医大には心臓病の権威の先生がいらして、その先生に見てもらったわけです。そんな大きい病院の確か病院長だったかな、そういう人に外来の飛び込みでみてもらえるはずがないし、自分の両親が「女子医大に連れて行こう」と思うわけもないことを考え合わせると、行きつけのお医者さんが紹介状を書いてくれたんでしょうね。ってことは、それだけ大変だったということか。これ書いていて、また初めて気づいた。

その結果、脈は早いが大丈夫。でも、激しい運動はしてはいけない、と言われ、急に心配になって「プールは?」って自分から聞いたのを覚えています。
「水泳の時間は見学したほうがいいよ」という返事がありました。それを聞いて、複雑な気持ちになったのをはっきり覚えています。
それは、自分の小学校にはプールがなくて、歩いて30分くらいかかる中学校のプールにみんなでぞろぞろと歩いて、まるで遠足のように行ったので、プールの日はそれでほぼ1日がつぶれる感じだったのですね。それがなんとなく楽しかった。
で、「見学」って?教室に残ってるの?みんながプールで泳いでるのは見ていいんだろうな。着替えるのがめんどくさかったから、まぁいいかな。でも、学校のプールだけじゃなくて、大磯ロングビーチとかに行っても泳いじゃいけないの?みたいなことを、診察の言葉を聞いて思い浮かべていたんです。なんか、自分がすごい病人になったみたいな気分だったですね。

激しい運動は避けたほうがいい、という助言を受けたのに、その後、それに従った覚えが少しもありません。子供会のソフトボールには、絶対行ったし(行かないと、おやじがすごい怒った)、プールはもちろん、遊泳禁止の川にまで飛び込んでた。
ただ、よく、朝と夜に多かったのですが、息が苦しくなって立っているのがつらくなったり、夜眠れなくなったりしていましたね。中学のときもそうでした。でも、野球部だったけどね。だから、自分の脈を計るのが癖に近かったですね。苦しいとき、脈を計ってみると120くらいだったりする。あぁ、またか、深呼吸しよう、みたいな。

高校に入るときに、どうしてもスポーツをやりたくて、でも当時はまだ頻脈、というか心臓のことが気になっていたので親に相談したら「やればいいじゃん」と予想通りの返事がありまして。そこで、バリバリのスポーツ高校に入りました。そこで、まぁ、鍛えられました。社会人になってもそのスポーツを続けていたんですが、当時は頻脈じゃなくなってましたね。やたら走らされましたからね。私は短距離走は速かったのですが、中距離以上がだめで。たとえば1,500m走も、高校入学当時は6分半もかかっていて、クラブの中ではビリだったのに、1年たったら4分台で走って、クラブの同学年の中では1〜2位を争うようになってました。
何事も鍛えると強くなるんですね。まぁ、そこまでいくのに、相当つらい思いをしましたけど。通常の脈拍が100前後だったのに、当時は60くらいになってました。

で、競技を引退したら、間なしに頻脈が再発して今に至ってるわけです。
脈も100を超えると、座っていてもなんか落ち着かない感じなんですよね。息が苦しいというか。深い深呼吸をすれば落ち着くことが多いんですが、今日みたいに落ち着かないとつらいです。
だから、Apple Watchで常に脈拍がチェックできるのは、自分にとってはすごく助かります。「なんか苦しいな」と思ったとき、時計を見ると脈拍が早くなっているのがわかるので、すぐ対処できますから。
d0350319_19203236.jpg
結局、今日は一日こんな感じ

前も書いたけど、ストレスがかかると脈が上がってくるのもよくわかって、すぐ深呼吸するようになってます。
呼吸は唯一、自律神経で自分がコントロールできるものですからね。

そういうことで、自分は脈拍が不安定なんです。困るけど、一生付き合うしかないですからね、こういうのは。
あ!脈拍が不安定だから、俺、リズム音痴なんだぁ、とたった今、思いました。
そうか、そうだったんだぁ。なんとなく、話がオチてよかった。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-31 19:19 | 心と体 | Comments(0)

以前に簡単に告知させていただいた、「ウタイスト」の小田原公演が実現いたします!

詳細は次のとおりです。

瀧澤克成さん、石河美穂さんが小田原に来るんすよぉ〜、感動っす!


<ウタイスト in 小田原>

日程:2月16日(金)

会場:KA☆BOSS(小田原市南鴨宮三丁目48番地7丸いビル3階)

JR東海道線 鴨宮駅南口から歩いて1分

開場:19:00 開演:19:30

料金:2,500円

ご予約は・・・

KA☆BOSS

TEL:0465-46-7216

E-Mail:ka-boss@dream.jp


https://www.facebook.com/events/335606256924952/?ti=icl


ご予約はお早めに!

「ライブって、ちょっと敷居が高いんだよなぁ」とか「ライブハウスっていうところに興味があるけど、行ったことない」とか「生演奏って、どんな感じなんだろう」とか「会場がカボス?気になってたんだよね、行ってみようかな」みたいな人にもうってつけのコンサートです。


超テクニカルなギターと、透き通るようなボーカルは、時間とイヤなことを忘れさせてくれること請け合い!

ぜひぜひ、ご来場ください。

d0350319_12380903.jpg


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-31 12:33 | 音楽 | Comments(0)

ここ数年、アイコスのような加熱式のタバコが流行していますね。個人的には、流行ではなくこういったものがタバコという嗜好品の主流になると思っています。有害物質を90%以上カットしてるので人気なんですね。

そう、タバコのほとんどの有害物質はニコチンではなく、タールなんですね。まぁ、確かにタールというか、タバコは有害でしょう。でも、もっと有害なモノはいくらでもあるのに、、、と思っていますが、まぁ、それはここで語るのはやめましょう。


で、その加熱式のタバコに私はいち早く飛びつきまして、フィリップモリス社の「アイコス」やJTの「プルームテック」を使用していました。こういうのを使っていると、最初のうちは「これ、タバコかよ??」みたいな感じなんですが、慣れてくると美味しく感じて、たまに紙巻タバコを吸うと紙が燃える匂いばかりが気になり「おれ、こんなん吸ってたの?」みたいになるのが不思議。


で、アイコスとかに慣れると、もう、吸えりゃなんでもいいんじゃないかと、ニコチンとか入ってないリキッドを吸う、いわゆる「Vape」に興味がうつりました。

なぜかというと、タバコ代がバカにならないから、安上がりにならないかなぁっていうのが発端です。

このVipeって、言ってみればハッカパイプみたいなものです。味がついてる水蒸気を吸うから、煙じゃないけど吸った気分になるんですね。口から、水蒸気という煙みたいなものが出るから。諸説あるでしょうが、体に悪影響はない。あっても、タバコほどじゃないでしょう。

でも、やっぱり物足りない。タバコを吸っている人はわかるでしょうが、のどにグッとくる感覚がないわけです。それに似た感覚を味わおうと、リキッドにメンソールとか入れちゃうわけですが、やっぱり違う。


で、いろいろ探してみると、「ニコチンリキッド」ってのがあるじゃないですか。その名の通り、ニコチンが入ってるリキッドです。

あぁ、これを吸えばいいんだと思ったのですが、ニコチンは薬品なので日本では個人売買できないわけです。

でも、海外から輸入することはできる。

「海外かぁ、めんどくさそうだなぁ」と思っていたのですが、このインターネットの時代、簡単に国境は越えられます。

すぐにニコチンリキッドを日本語で売っているサイトをみつけました。それもいくつも。

じゃ、買ってみようと、一番評判のいい「HiLIQ」というサイトをのぞいてみました。

これがですね、簡単に買えちゃうの。すごいねぇ、インターネットって。まるでAmazonで買うがごとく簡単。ただ、どういうリキッドがいいのか、とか、ニコチンの濃度とかは、どういうのがいいのか、っていうのはご自身で調べていただくしかない。

ちなみに、私は6mgのニコチン濃度で、VG50%、PG50%ってのを買ってます。輸入ぎりぎりの容量120mlで、1,500円くらいかなぁ。送料入れても3,000円足らずで手に入ります。注文してから3〜4日で、外国から届きます。


これがね、おいしいの。で、ニコチン吸ってる感があるから(ってニコチン吸ってるからですけど)、これ吸えばタバコを吸いたくなくなるんですよ。で、味もいろんなのがあるから、自分の好みのものを見つけるのも楽しみの一つ。

リキッドを吸うパイプは、Amazonとかでいくらでも買えます。私は2,000円くらいので、評判がいいのを買いました。まったく問題ありません。

d0350319_23070810.jpg
わたくし、パイプとリキッドを2種類ずつ持ってます。

これ、何がいいって、アイコスと同じで吸っても臭くない(私はフルーツ系のリキッドを吸っているので、甘い匂いはしちゃいますが)ので、車の中でもお部屋の中でも吸える。外では、アイコスと同じで副流煙はもちろん出ませんが、マナー的に喫煙室ですいますけどね。


一日一箱は吸っていた私は、単純計算で15,000円近く1ヶ月にタバコ代として使っていたわけですが、このVipeに買えてから上記のとおり2,000円台で収まっているという。初期投資としてパイプは買いますが、それも一回買えばずーっと使えますからね。仮に半年に一度壊れたって、2,000円くらいですよ。タバコにすれば4日分です。あ、消耗品はあるけど、それだって月に2〜300円の世界です。

こういったものは日本ではニコチンが買えないので、主流にはならないでしょうが欧米ではすでにVipeが主流になっているという噂も聞きます。


タバコを吸う方、ちょっと興味出てきませんか?アイコスやグローで満足している人なら、ニコチン入りリキッドのVipeで満足できると思いますよ。試してみる価値はあると思います。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-30 23:06 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

iPadでお仕事しましょ

ということで、私は仕事にパソコンを使っているのはもちろんですが、iPadをかなり使っています。私みたいな事務職がどのように快適にiPadを使っているかってことを、ちょっと書いてみようかなぁと思っております。


私のような仕事って、ワードやエクセルなどを使っての書類づくりはもちろんやりますが、そのほかの仕事として多いのは、紙の書類の校正をしたり、もらった資料に自分なりの必要事項を書き込んだりすることです。

紙の資料って邪魔なんですよね。ファイリングするのもめんどくさいし、だいたい、場所をとる。それに、書類の数は膨大になってくるから「あの資料、どこにあったっけ?」って探す時間もバカになりません。

そういうときには、こういう仕事の仕方はどうでしょう?というご提案と思っていただければ。


私は、iPadはデジタルとアナログの融合ができることが最大の魅力だと思っていますので、iPad ProにApple Pencilを使っています。これで、初めてiPadが紙とペンのように使えるようになったと思っています。


さて、流れとしては

1 紙の書類をPDF化

2 iPadの手書きアプリへ送り込む

3 使った書類はEvernoteへ

ということになります。簡単ですね、イメージできたでしょうか。


書類のPDF化は、できればScanSnapのような専用機器を使うのが速いし綺麗でいいのですが、出先などではそうはいきませんし、もともとそういう機械は持ってないもん、って人も多いと思います。

そういうときは、スキャナアプリを使えばいいのです。私は、Evernoteのヘビーユーザーということもありますが、読みとり精度の優秀さで「Scannable」を使っています。あと、OneDriveも使っているので、その親和性の高さから「Office Lens」も使っていまして、そのどちらかですね。ただ、「Scannable」は強制的にEvernoteに保存されてしまうので、その後の処理がちょい面倒です。それでも、私は主に「Scannable」を使ってますけどね。綺麗かつ手軽に読み取れるから。


ホントに最近のスキャナアプリは優秀ですね。枚数が多くなければ、自分のデスクにいても、スキャナーじゃなくて、アプリを使っちゃいますからね。読み込むときは、iPhoneを使っています。もちろんiPadでもできますが、あの大きい画面を持ち上げて書類を撮影していると、なんか大げさなもんで。特に出先だと、それ、ちょっと恥ずかしいです。


で、スキャニングしたPDFファイルを、iPadの手書きアプリで読み込みます。Evernoteは標準で文字などを入力できるようになっていますが、いまいち使いにくい。

で、手書きアプリは「Noteshelf」がいいです。できたら最新バージョンの「Noteshelf2」ですね。

数ある手書きアプリを、私はiPadが発売されて以来、ずーっといいのがないかと使い続け、探し続けていましたが、この「Noteshelf2」が今の時点ではダントツにいいと思っています。というか、私の使い方に合っています。このアプリ、Apple Pencilと相性がいいんですよ。本当に紙とペンのように使えます。

d0350319_21040007.jpg
これだけあれば、仕事ができる。

書き終えた書類は、そのままアプリに保存してもいいですが、私はEvernoteに放り込んでいます。

Evernote、私の仕事には不可欠です。有料会員なので、読み込んだPDFファイルは、そのまま文字検索にも引っかかりますので、現在1万件くらいのファイル保存していますが、どんな書類も遅くとも1分くらいで見つかります。書類の名前をしっかり覚えているとか、最近作ったファイルなら、即時に見つけ出せます。この書類を探す時間が短いというのは、仕事をやるときの大きなアドバンテージになりますね。


このように紙のファイルも、データ化するとなくさないし、なによりも見つけだすのが簡単なので、超おすすめです。

そんなわけで、私のデスクには紙の書類が乗ることはあまりありません。ペーパーレスが目的ではなく、仕事をしやすくするためには、結果的にペーパーレスになった、というわけです。


わき道にそれるようでそれませんが、この「結果的として、そうなった」というのは重要です。

iPadだって「iPad買ったから、何に使えるかな」という感覚だと、あまり使いこなせないと思うんですよね。

「こういうことをやりたいから、それにはiPadが必要だった」という考えがまずあることが、使いこなすためには大切なことだと思うんです。


そういうわけで、私のような仕事をしている人は、ぜひiPadを活用してもらいたいです。すごく便利ですよ。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-30 20:56 | パソコン・インターネット | Comments(0)

乾燥防止

d0350319_23395914.jpg

寝る前の洗濯。

ただ、それだけ。

おやすみなさい。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-28 23:39 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

今日の「しくじり先生」というテレビ番組に、元フィギュアスケート日本代表の村主章枝さんが出演していました。

d0350319_22545499.jpg

彼女がなにをしくじったかというと、引退のタイミングだそうです。

私は彼女が全盛期の頃から好きで(最初はルックスからでしたけど)、ソルトレイクシティオリンピックでは、なんで村主がメダル取れないの?ってすごく悔しかったのを覚えています。彼女、天才肌ではないけど、きっと大好きでフィギュアをやってるんだろうな、そういうのいいよな、っていうのと、なんとなくちょっととぼけている雰囲気も好きで。

現役をちっとも引退しない彼女が不思議でしたが、きっとただフィギュアが好きなんだろうなと思っていましたが、その通りでした。

今までもテレビで時々「あの村主選手が極貧生活をしている」というようなことが取り上げられると、それはフィギュアを続けるためであって、ダメ人間なわけじゃない。だから、そのひたむきな姿にますます好きになっていました。


今日の番組では、さっき書いたように「引退のタイミングを間違えたのが最大のしくじり」という体での出演でした。確かに金銭面などでご両親に迷惑をかけたと思いますが、自分が親だからいえますが、子どもから受ける迷惑なんて、迷惑の部類に入らない。それどころか望むところだと思うんです。だから、彼女がどう思おうが、ご両親は納得していると思います。


そんなわけで、ちっとも「しくじり先生」ではなく、あきらめずにトライしてきた結果、大変な苦労はしたけれど、それは今に生きている。何も無駄ではなかったという話になりました。彼女は何もしくじっていません。それどころか、なかなかできないことを彼女はやってきたわけです。

通常のフィギュア選手なら20代前半で引退するところ、彼女はそれを遙か超える33歳まで現役を続けました。全日本選手権で優勝し、オリンピックにも2回出場したようなトップ選手だった彼女が、最終的には地区予選から全日本選手権をめざすようなところから競技会に出場するわけです。でも、目標はオリンピック。30歳を越えて10代の選手ばかりの中で、つらいだろうし、そもそも無理だろうと普通は思いますが、彼女は真剣に目指すわけです。「たまたま優勝したなんてことはあり得ない。狙わなければトップは取れない」と学生時代にスポーツに打ち込んでいた私は、全日本だった先輩にそう教わって、それを今でも信じているわけですが、村主選手もピークを過ぎていてもトップを真剣に狙っていたんですね。単純にカッコいいです。


ピークを過ぎても現役選手にこだわっている選手は、ほかの競技でもいらっしゃいます。ついに引退しましたが柔道の野村さんとか、テニスの伊達公子さん。いまだ現役のサッカー選手の三浦カズ、野球では中日にテスト入団して話題になっている松坂、そしてイチロー。


好きなことを、ストイックに続ける人たちを私は心から尊敬します。だって、トップ選手のストイックさは半端じゃないですからね。それをずっと続けていこうという気力。それは、その気力以上にその競技に対する愛が上回っているんだと思います。

「愛」。口に出すのは簡単ですが、すべてを支えているのは「愛」だと思います。何にしても、この「愛」を感じられる人を私は信じます。


話は戻りまして、村主選手が番組の最後で言った言葉にしびれました。

今は、カナダでフィギュアスケートの指導者、振り付け師の勉強をしながら、具体的にそういう仕事もしている彼女。

「現役最後の試合に両親を招待できなかった。だから、指導者、振り付け師として自分の教え子がオリンピックに出るところを見せることが、今の私の目標です」と。

ここで「夢」と言わないところにしびれた。

「今の目標」って言ったんですね。

それを聞いたとき、肌が粟立つ思いでした。彼女は覚悟が違う、と。

すごい。ますます村主さんのことが好きになりました。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-28 22:54 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

d0350319_17202210.jpg


今日のく〜るだでぃずは、藤沢のガバナで顔見知りになったハーモニカ奏者である牧野さんのご紹介で、茅ヶ崎市の肢体不自由児父母の会にお呼ばれしました。新年会ということで、会員のお子さんとご家族がたくさんいらっしゃっていました。市議会の議員さん(上肢・下肢に障がいを持たれているようで、車いすを利用されていました)もご挨拶にきてくださって、立派な新年会でした。


朝8時半にぱんちょマンが迎えに来てくれて、泉ちゃん宅を経由して、茅ヶ崎市の湘南コミュニティセンターに、約束時間の1時間前に到着。おっさんたち、せっかちなもんで。

今日は音響機材持参で来たので、そのセッティングをしながら、軽くリハーサル。いい感じです。そうこうしているうちに、会員のみなさんが続々と集まってきました。


ナツメロ系を多く仕込んで来たのですが、会員のみなさんを見て「そっか、子どもたちも多いんだよね。ご両親も若いよな」と、なんとなく60歳代くらいがターゲットの曲を用意してきた自分たちを「でも、大丈夫だろう。みんな知ってる曲だよな」と、「ダイアナ」やら「真っ赤な太陽」やらを仕込んできたことを正当化しつつ開始を待ちます。


開始前、ご用意してくださっていた席に座ると、おいしそうなお弁当とお菓子が目の前に。

正面に座っている女の子が、そのお菓子の袋がうまく開けられず「これ、開けてください」と頼まれたので、開けてあげて自分もいっしょに食べようと思って手を伸ばしたら、その子は牧野さんの娘さんで「まだ始まってないでしょ。我慢しなさい」という牧野さんの声が。「はい」と自分も返事をして食べるのを我慢しました。


会長さんのあいさつから始まり、市議会議員さんの挨拶、そして去年1年間を振り返るスライドをみんなといっしょに鑑賞しながらお弁当をいただき、出番を待ちました。く〜るだでぃずの持ち時間は45分間くらい。14時までに全終了の予定ということで13時スタートとしました。


今回は、段取りを細かく決めず、その場の雰囲気で曲を選んでいこうということで始めましたが、いわゆる「つかみはOK」のスタートが切れて、あとはく〜るだでぃずの独壇場。ハマると強い私たちは、一気にお客さんを巻き込みながらステージ進行しました。みんなの笑顔と笑い声、かけ声をステージから見ていると、本当に楽しくて、あっという間の時間でした。アンコールまでいただいたので、都合1時間ほど演奏させていただきました。


このようなライブハウスではないところでのコンサート、特に施設に入っているような人たちのコンサートはすごくやりがいがあります。聞く姿勢っていうか、食いつき方みたいなものが全然違うんですね。特に今日は無垢な子どもたちを目の前にしていますから、反応がダイレクトなんです。その子どもたちが体を動かして、鳴り物を鳴らしながら楽しんでいる姿をみると、得も言われぬ気持ちになります。

d0350319_17211564.jpg

コンサートが終わると、車いすの子どもたちがステージに集まってきました。うれしかったなぁ。握手をして、みんなでいっしょに写真を撮って。く〜るだでぃずは3人兄弟の設定でやっていますので、ある男の子が「僕が四男になりたい」って言ってくれたのには、3人のおっさんが揃ってウルっときました。


コンサート後、午後3時には全部終わって帰ってきているという健全さもあり、心も体も軽くなりました。

牧野さんからはさっそくお礼のメッセージが。「みんな普段の不自由な生活や苦しさを少しでも忘れて、自由に楽しんでもらいたかった」と。

帰りの車内で「苦しいこと、つらいことを乗り越えながら日々生きている人たち。我々には想像もできないが、その人たちの前で歌えて、笑顔を見ることができて、こんなに幸せなことはない」というような話をしながら帰ってきました。

本当にいい日だった。今日はもう、なんにもやらんぞ。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-28 17:19 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

自分にとっては大発見だけど、きっとみんなやってるんだろうな、知ってるんだろうなってことが時々あります。

今回は「超簡単お米研ぎ」。100円ショップで買ったボウルとざるを使っただけなんですが。

百聞は一見にしかずで、写真載せます。

d0350319_01200269.jpg
ボウルとざるを重ねて米を研いで
d0350319_01201108.jpg
持ち上げるだけで、水切りができる

まぁ、普通、みんなやってるよね。あらためて書いててそう思った。

でも、これ、お米研ぎが10倍楽になるね。何で今まで気づかなかったんだろう。

以前、ジヤガリコにお湯入れてかき混ぜたらポテトサラダみたいになったから、大興奮して仲間に話したら「それ、常識」って言われたことあるんだけど、これはそれ以上の常識だな。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-28 01:19 | グルメ・クッキング | Comments(0)

部屋の模様替え

先週、プチ部屋の模様替えをしました。ここに引っ越してからほとんど同じレイアウトで過ごしてきました。って、狭いから変えようがないって感じなんですけどね。

簡単に言うと、寝る場所を変えただけ。今までは寝るときには部屋のど真ん中にどーんと布団を敷いていたのですが、部屋の寸法を測ってみたら、90度変えて敷けることが今頃わかったという。

その結果、布団を敷いても部屋の半分がまだ使えるようになったのです。そうすると、早々に布団を敷いちゃってお風呂に入っちゃうという健康的なことになりました。


今日は休日なのでテレビを見てましたが、平日は見ないので夜になるとラジオを聞きながら好きなことをやっています。例の超消音ギターを弾くのが主ですが。で、布団を敷くと何もできなくなっちゃうので、寝る直前までゴロゴロしてるわけですけど、今は早々に布団を敷いても特に問題ない。今日もこれを書き終わったらお風呂に入っちゃおうと思ってます。


そんなわけで、ここのところヘッドホン生活にしたり、Apple Watchで体調管理したりと、なんだか健康的な暮らしになっています。プチ部屋の模様替えをしたときにモノをちょっと整理したので、なんとなく部屋が広くなっているし。実際は同じなんだろうけど、見た感じね。床にモノがおいてないからかな。掃除もしやすくなったから、そういう意味でもきれいになってるな。

d0350319_21370728.jpg
今までは、緑のラグマットの上にドーンと布団敷いてましたが、今はこの通り。

たまにはこういうことをするのもいいですね。ちょっとしたきっかけが生活を変えるってこと、時々ありますからね。

さて、明日は茅ヶ崎の某施設へ行って、く〜るだでぃずで演奏です。

楽しみが待ってるから、今日は早めに寝ちゃおう。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-27 21:35 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

私の大好きなギタリスト、瀧澤克成くんのユニット「ウタイスト」が小田原にくることが、ほぼ決まりました!

詳細は、近々発表いたしますが、うれしくてうれしくて、つい第一報を書いちゃってるわけです。

あの演奏が目の前で見られるのかと思うと、もう、うれしくてうれしくて。

ギター小僧やボーカリストはもちろん、カバー曲を中心に演奏してくれるはずなので、素敵な音楽を生で聞いてみたいな、って人は絶対来るべき!

場所は、鴨宮駅歩いて1分かかるかどうか、匍匐前進でも5分とかからない「KA☆BOSS」さん!

詳細は、寝て待て!


ということで、ウタイストの演奏曲のうち、私の大好きなハンバートハンバートの「おなじ話」

瀧澤君はスラム奏法で、バシバシギターを叩くのが印象的ですし、石河さんは透き通った高音が魅力的な声質ですが、こういうしっとりした曲も素敵ってことをご紹介したいと思い。








[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-27 01:26 | 音楽 | Comments(4)