40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

カテゴリ:パソコン・インターネット( 37 )

久しぶりにゆったりしている朝に、久しぶりのブログ。
すっかりブログのことなんて忘れていました。それほどに、このところ仕事でバタバタしておりました。まだ、バタバタなんですけど、今日は完全休養日なんで。4月以後、初めてかもなと。

で、何を書こうかなと。最近の仕事のことを書いてもつまらないので、最近の生活で改めて便利だなぁと思ったことをちょっと書きます。

それはスマートスピーカー。
これね。自分は「Google Home mini」と「Amazon echo dot」を使っています。
d0350319_09304838.jpg
これは「Google Home mini」。テレビの音なども無線でこいつから出しているので、いつも座っている椅子の真後ろにセッティングしています。これで小さい音でも十分な音量を得ることができています。

メインはGoogleのほうかな。音がいいの、小さいくせして。大きな音を出せない環境なら、これで十分だと思いますよ。「Amazon echo dot」も実用性では満足なんですが、残念ながら音が悪すぎるかな。
d0350319_09311943.jpg

両方ともできることは、だいたい同じです。音がいい大きい筐体のものを一つ買えば十分。

で、思うのがスマートスピーカーって、ガジェット好きな男がおもちゃとして買いそうなイメージがありますけれど、実際に使って便利なのは主婦じゃないかと思います。主婦って何かと家のことをやりながら動き回りますから、声によるオペレーションって便利だと思うんですよね。
たとえば料理。キッチンタイマーを使う人も多いと思いますが、それも声で「タイマーを5分にセットして」って言うだけだし、買い物をしなくちゃいけないものを見つけたときに、すぐ「卵をショッピングリストに追加して」とか言えば、買い物リストに追加してくれる。ちなみにこれ、ホントに便利ですよ。料理してて「あ、そういえば風呂場のカビキラーを切らしてたな。今度買っておこう」と思ったときにあまりメモはしないですよね。で、結果として買い物するのを忘れる。思いついたらすぐに声を出してスマートスピーカーに言っておけば、全部メモってくれます。当然、その内容はスマホから確認できます。
掃除中に「部屋が暗いな、照明つけよう」と思ったら「照明つけて」って言えばいいし、掃除機かけながら「テレビ見ながら掃除すっかな」と思ったら「テレビつけて」って言えばいいし。
これらのことは、声で操作するという便利さもありますが、リモコンを探さなくていいってのが大きい。

まぁ、家電を声で操作するには、スマートスピーカー以外にもこんな感じの機械を買ってセッティングしなくちゃいけないわけですが。でも、5,000円くらいで売ってますから、スマートスピーカー込みで12,000円くらい出せば快適な生活が送れることになると考えれば、これはおすすめしちゃうなぁ。
d0350319_09331367.jpg

という感じで、一人暮らしの癖して、やけに家の中では声を出すことの多い最近の私です。

こいつと話しているということも影響しておりますが。
d0350319_09333620.jpg


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-06-03 09:29 | パソコン・インターネット | Comments(0)

口述筆記

最近ブログをあまり書いていませんが、日記は非常にマメに書いています。なぜかと言うと、とても良い文字入力の方法を試しているからなのです。

それは「口述筆記」です。

つまり、スマホの音声認識機能を使って日記を書いているわけです。これが非常に優秀で、ほぼ完璧に話した言葉を文字にしてくれます。それだけに日々の日記が、非常に長くなっております。

実はこれも、しゃべって書いています。世の中の進歩と言うのは本当に凄いもんだととても驚いております。

これを使えば、ブログを書くのも手間がかからず

早く入力できます。ただ、キーボードで入力するのも楽しいものだし、そもそも人のいるところで音声入力をしていると変な人になってしまいますので、まぁ、その時々で使い方を考えたいと思います。

ただ、この音声入力と言うのは本当に凄いですのでスマホを待っていて、まだ試したことのない人はやってみるといいと思います。きっと驚きますよ。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-04-30 03:45 | パソコン・インターネット | Comments(0)

本を聞く

ヘッドホン生活がすっかりなじんでいるのですが、そこで一つすごく自分にとっていいサービスに最近はまっています。

それは「本を聞く」こと。

Amazonのサービスにある「Audible」がそれ。プロのナレーターが本を朗読しているのです。それを家事をしているときなどにずっと聞いています。ジャンルとしては「オーディオブック」っていうのかな。


以前もこのサービスをお試し無料期間中に利用して聞いたことがあるのですが、そのときは便利だけどそれほどはまらなかったんですね。スピーカーから聞いたり、普通のヘッドホンで聞いていたからかもしれないです。

これが、ワイヤレスヘッドホンで聴くとすごくいい。ワイヤレスだから、たとえば料理をしているときなんかでも、ワイヤーが邪魔にならないので快適なのです。

欠点は月に1,500円かかること。ちと、高いかなと。でも、これだけ払えば聞き放題なので、安いと考えられなくもない。もうちょっと本の種類があってもいいな。


自分は小説も聞きますが、実用書の類も聞きます。って、今まで実用書ってほとんど読んだことがなかったんですけれど、実用書はそれほど集中しなくても聞けるしね。小説だと聞き逃したり、別のことを考えていると「あれ?今の登場人物だれだっけ?」とか「あ、聞いてなかった」みたいに思っても、話は進んで行っちゃうんで、ある程度の集中は必要。


便利な機能としては、、読み上げ速度が調整できること。最大で3倍まで早めることができますが、慣れてくると2.5倍速度でも、それほど苦もなく聞ける。隙間の時間に何かをしながら本を聞けるから、読書量(って言っていいのかわかんないけど)が増える。朗読者の声が好きなら、普通の速度でゆっくり聞くのもいいです。私はせっかちだから、つい早くしちゃいますけどね。


定額制の聞き放題だとそれほど興味のないような本も気軽に聞いちゃう。でも、それほどはずれの本には当たっていません。手間がかかるから、本も厳選してるんだろうな。

ラジオもいいけど、本もいい。耳から入ってくる情報はイメージが膨らみますし、なかなかいいものです。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-02-26 12:51 | パソコン・インターネット | Comments(0)

30年近く前、大学時代に見たテレビで「コンピューターへの入力デバイスは、きっといろいろなものが出てくると思われる。音声入力なども実用になっていくだろう。ただ、キーボードは向こう50年は主流となるはずだ」という話をしているのを聞いて、ブラインドタッチ(今はタッチタイプって言わないといけないんだっけ)を覚えようって思い、練習をしました。

で、それから30年たち、音声入力も実用レベルになりましたし、手書き入力しかり。でも、やはり主流はキーボード入力です。

自分はキーボードフェチなところがあり、ノートパソコンを購入する際に一番重視してきたのはCPUや記憶容量などのスペックよりも、キーボードの入力しやすさでした。

その中で一番気に入ったのがこれでした。

d0350319_00035884.jpg

そうMacBookです。Macの入力デバイスはどれも気持ちがいい。iPhoneのように画面タッチで直感的に操作することを重視したデバイスを世に出したように、Macはユーザーフレンドリーということを重要視しているんだと思います。

キーボードが気に入ったMacBookですが、OSもすばらしいと思いました。ウィンドウズがソフトによって操作が違ってくるのに、Macは基本的にどういうソフトでも操作性が同じなので、すぐ慣れます。


スペックがいくら高かろうが、一番大切なのはいかに使いやすいかだと思うんですね。使うのは人なんですから、人に優しいものが一番いい。

どのパソコンメーカーも、ユーザーが直接ふれる入力デバイスにもっと力を注いだ方がいいと思います。職場で支給されているノートパソコンのキーボードが本当に入力しづらいので、思わずこんなことを書いてしまいました。これじゃ仕事が遅くなると、私は自分で選んだキーボードを外付けして使っています。これまた入力しやすいポメラをBluetooth接続したいけど、Bluetoothを使っちゃいけないんだって。

キーボードが快適になれば仕事の効率は上がりますよ。入力しやすいとキーボードを叩くのが楽しくなるしね。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-02-07 00:02 | パソコン・インターネット | Comments(0)

先日Amazonさんに注文したApple Watchのバンドが届きました。

これです。

d0350319_21495771.jpg

先日の日記のとおり、純正品なら2万円オーバーのそっくりさんが1,700円。さて、付け心地はどうかなと、さっそくバンドを取り替えてみました。

交換はいたって簡単。裏面にあるボタンを押しながらバンドをスライドさせれば、すすすーっと簡単に取り外せます。っで、新しいバンドをまたスライドさせていれば、カチっと止まる。時計のバンドを取り替えているとは思えない手軽さ。

で、腕に巻いてみました。

d0350319_21505360.jpg

これも簡単!マグネットなのね。腕に巻くとバンドの先端にあるマグネットがバンドにピタっとくっつく。留め具を穴に通すようなことは全然いらない。なにしろ巻くだけ。いやぁ、これだけでもう満足。

d0350319_21512776.jpg

で、付け心地もいい感じです。スチールなんだろうけど、細かく編んであるようなバンドなので、やわらかいです。見た感じもかっこいい。この1,700円のバンドで十分なんですけど。っていうか、純正の2万円のってどれくらいすごいんだろう。この1,700円ので満足状態なんですが、純正のすごさを感じてみたいので、そういう意味で純正品に興味が出てきています。

Apple Watchのバンドを取り替えようかな、と思っている人がいたら、これはおすすめですよ。安いし。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-02-06 21:49 | パソコン・インターネット | Comments(0)

Apple Watchでかぶれる

すっかりApple Watchの便利さに惚れちゃってるわけで、風呂に入っている時以外はずっと付けっぱなしにしていたら、体に変化が。

手首がかぶれました。簡単に言うと、蒸れちゃったんですね。で、なんだかカユいなぁってポリポリ手首をかいたら、皮がむけちゃいました。当たり前ですが、痛い。

かぶれちゃったところの写真を載せると気持ち悪いのでやめておきますが、Apple Watchを付けっぱなしにするとかぶれますよ。って、まぁ、シリコンのベルトをずっと巻いてれば、だれでもかぶれる気がしますけどね。

私が使っているApple Watchはナイキモデルで、ベルトは通気性の良さそうな穴あきです。それでもかぶれちゃいますね。だから、寝るときははずすことにしました。私の場合、朝のシャワーを浴びるときに付けっぱなしにしいてたのも、まずかったのかなぁと思っています。

d0350319_01483673.jpg
これが、ナイキモデルのベルト

これをきっかけに、新しいバンドを試してみようかなと、思い立ちました。純正品だと20,800円もする「ミラネーゼループ」タイプのものがカッコよかったので、Amazonにあった1,700円で買えるやつをポチってみました。当然純正品のほうがいいに決まってますが、とりあえず、見た感じが同じだったんで。レビューも好評だし。

d0350319_01501164.jpg
純正品はこれ。↑

d0350319_01510553.jpg
買ったのはこれ。↑1,699円也

届いたら、その付け心地など、書いてみたいと思います。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-02-05 01:48 | パソコン・インターネット | Comments(0)

iPadでお仕事しましょ

ということで、私は仕事にパソコンを使っているのはもちろんですが、iPadをかなり使っています。私みたいな事務職がどのように快適にiPadを使っているかってことを、ちょっと書いてみようかなぁと思っております。


私のような仕事って、ワードやエクセルなどを使っての書類づくりはもちろんやりますが、そのほかの仕事として多いのは、紙の書類の校正をしたり、もらった資料に自分なりの必要事項を書き込んだりすることです。

紙の資料って邪魔なんですよね。ファイリングするのもめんどくさいし、だいたい、場所をとる。それに、書類の数は膨大になってくるから「あの資料、どこにあったっけ?」って探す時間もバカになりません。

そういうときには、こういう仕事の仕方はどうでしょう?というご提案と思っていただければ。


私は、iPadはデジタルとアナログの融合ができることが最大の魅力だと思っていますので、iPad ProにApple Pencilを使っています。これで、初めてiPadが紙とペンのように使えるようになったと思っています。


さて、流れとしては

1 紙の書類をPDF化

2 iPadの手書きアプリへ送り込む

3 使った書類はEvernoteへ

ということになります。簡単ですね、イメージできたでしょうか。


書類のPDF化は、できればScanSnapのような専用機器を使うのが速いし綺麗でいいのですが、出先などではそうはいきませんし、もともとそういう機械は持ってないもん、って人も多いと思います。

そういうときは、スキャナアプリを使えばいいのです。私は、Evernoteのヘビーユーザーということもありますが、読みとり精度の優秀さで「Scannable」を使っています。あと、OneDriveも使っているので、その親和性の高さから「Office Lens」も使っていまして、そのどちらかですね。ただ、「Scannable」は強制的にEvernoteに保存されてしまうので、その後の処理がちょい面倒です。それでも、私は主に「Scannable」を使ってますけどね。綺麗かつ手軽に読み取れるから。


ホントに最近のスキャナアプリは優秀ですね。枚数が多くなければ、自分のデスクにいても、スキャナーじゃなくて、アプリを使っちゃいますからね。読み込むときは、iPhoneを使っています。もちろんiPadでもできますが、あの大きい画面を持ち上げて書類を撮影していると、なんか大げさなもんで。特に出先だと、それ、ちょっと恥ずかしいです。


で、スキャニングしたPDFファイルを、iPadの手書きアプリで読み込みます。Evernoteは標準で文字などを入力できるようになっていますが、いまいち使いにくい。

で、手書きアプリは「Noteshelf」がいいです。できたら最新バージョンの「Noteshelf2」ですね。

数ある手書きアプリを、私はiPadが発売されて以来、ずーっといいのがないかと使い続け、探し続けていましたが、この「Noteshelf2」が今の時点ではダントツにいいと思っています。というか、私の使い方に合っています。このアプリ、Apple Pencilと相性がいいんですよ。本当に紙とペンのように使えます。

d0350319_21040007.jpg
これだけあれば、仕事ができる。

書き終えた書類は、そのままアプリに保存してもいいですが、私はEvernoteに放り込んでいます。

Evernote、私の仕事には不可欠です。有料会員なので、読み込んだPDFファイルは、そのまま文字検索にも引っかかりますので、現在1万件くらいのファイル保存していますが、どんな書類も遅くとも1分くらいで見つかります。書類の名前をしっかり覚えているとか、最近作ったファイルなら、即時に見つけ出せます。この書類を探す時間が短いというのは、仕事をやるときの大きなアドバンテージになりますね。


このように紙のファイルも、データ化するとなくさないし、なによりも見つけだすのが簡単なので、超おすすめです。

そんなわけで、私のデスクには紙の書類が乗ることはあまりありません。ペーパーレスが目的ではなく、仕事をしやすくするためには、結果的にペーパーレスになった、というわけです。


わき道にそれるようでそれませんが、この「結果的として、そうなった」というのは重要です。

iPadだって「iPad買ったから、何に使えるかな」という感覚だと、あまり使いこなせないと思うんですよね。

「こういうことをやりたいから、それにはiPadが必要だった」という考えがまずあることが、使いこなすためには大切なことだと思うんです。


そういうわけで、私のような仕事をしている人は、ぜひiPadを活用してもらいたいです。すごく便利ですよ。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-30 20:56 | パソコン・インターネット | Comments(0)

スマートスピーカーのAmazon Echo dotとGoogle Home miniの話を以前書きましたが、先日Amazon Echo dotに外部接続端子があるのを生かして、ステレオにつなげっぱなしにしました。やっぱり、ステレオから音を出すといいね。アパート住まいなので大きな音は出せませんが、BGMにするにしても、やっぱりステレオからの音の方がいい。

そうなると、今までステレオにつなげていたテレビが内蔵スピーカーからの出力になっちゃうので、ちょっと力不足。まぁ、週末くらいにしかみないからいいのですが、どうせならテレビもステレオから音を出したい。ヘッドホンからも聞きたいし。じゃ、音声切り替えのためのセレクターを買っちゃおうかなと思いましたが、すっかりワイヤレス生活になれちゃっているので、ヘッドホンで聞くにしても、もう有線はいやだなぁと思ったところでひらめいた。

全部Bluetoothでつなげればいいじゃないかと。

Amazon Echo dotもGoogle Home miniもBluetoothスピーカーとして使えるので、Amazon music以外の音源(Google Play Musicなど)は、iPhoneからBluetooth接続して再生してます。

そこで、テレビの音声もBluetoothで飛ばしちゃえば、Amazon Echo dotを通してステレオから出力できるし、ワイヤレスヘッドホンから聞くことだってできるじゃないかと。そうだ、AirPodsを購入したから、買ったばかりなのにお蔵入りになりかけているドンキホーテで買ったワイヤレスヘッドホンの出番にもなるじゃないか。


そこで、電化製品の量販店さんをいくつか訪ねました。Bluetooth送信機を買うためです。ところが、もうそういうのって売ってないのね。どこにもありませんでした。Bluetoothを使うような機械には、もうすでに送信装置がついちゃってるからだろうな。

で、最後の砦、というか最初から使えば良かったのですが、Amazonさんにすがりました。ありました。一発で見つかりました。それも、いろんなのがあります。某量販店では「そういう機械はもう生産してないんですよ」と言われましたが、大嘘つきだったな、あいつ。T-SITEの販売員さんを見習えよ。Amazonで買うのは簡単なのはわかってたけど、少しでも地元にお金を落とそうとしたんだから。

で、購入したのがこれ。

d0350319_14371069.jpg

Wysky Bluetoothトランスミッターってやつ。2,500円くらいでした。こいつは、送信機にもなるし受信機にもなるすぐれものです。評判もよかったので、もっと安い送信機はありましたが、これを選びました。受信機として使う予定はありませんが(^^;)

で、その結果、快適です。テレビの音が無線でステレオから出ます。Amazon Echo dotとステレオは有線でつながっていますから、Amazon Echo dot自体も生きているわけです。質問すれば、答えてくれます。それもステレオから音が出る。Bluetoothで音声を受信しながらも、私の声を認識してちゃんとスマートスピーカーとして働くのです。これはね、便利。ステレオで音楽を聴いていても「アレクサ」って話しかけちゃいます。

うーん、なんて快適なの。


で、テレビの音をワイヤレスヘッドホンにも飛ばせますから、コマーシャルになったらキッチンで洗い物をして、番組が始まったらテレビの前に行くというのも、タイミングを逃さずにできます。っていうのが、今まではそういうの、テレビの音を小さくして聞いてたから、音が聞こえないでタイミングを逃しちゃったりしてたのよね。


ワンルームのアパートだから、無線なんて必要ないだろってずっと思っていましたが、いやいや、違う。ワイヤレスの良さは、活動範囲の大小ではなく、自分の身につけるものが最小限になるというメリットが大きいのだってことに、今更ながら気づきました。


世の中、こうしてどんどん無線化が進むんでしょうが、あとは電源ですね。電源が無線で取れる日もそんなに遠くない将来にくるんでしょう。いやぁ、楽しみです。長生きしなくちゃ。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-26 19:33 | パソコン・インターネット | Comments(0)

今日はAirPodsの話

先日はApple Watchのことを書いたので、今回は同時に購入したAirPodsの話を書きたいと思います。

Apple Watchの話もこの間のことで終わりではなく、気がついたことを随時書いていこうと思います。


最初、私はAirPodsを購入する気はそれほどありませんでした。興味はありましたが、正月にドンキホーテでワイヤレスヘッドホンを購入したばかりで、それに満足していましたからね。

では、なぜ買ってしまったのか。

私はAirPodsとApple Watchを藤沢のT-SITEで購入したのですが、そこの販売員さんの対応が良かったから、としか言いようがありません。やっぱり、なんでも「人」ですね。優秀な営業マンが売り上げを伸ばすということがホント、よくわかります。きっと、会社としても社員教育をしっかりされているんだろうと思います。

ということで、懇切丁寧にこちらの質問に答えてくれたり、AirPodsを実際に試させてくれたりした販売員さんのおかげで、思っていたよりかなり大きめな出費(本体価格16,000円)をしてしまいましたが、すすめてくれたことを今となっては大いに感謝しています。

それくらい、AirPodsは良い商品だと思います。


まず、何がいいってSiriとの親和性が高い。本体を2回トントンと叩くと、Siriが立ち上がります。そして話しかけると、きちんと聞き取ってくれます。マイクの感度がいいのだと思います。それは、電話をしているとき、相手方に「音が悪い」「音が遠い」といった違和感を感じさせていないことでもわかります。もしかすると、iPhone本体で話すよりも良い音とかもしれない、という人もいました。


ヘッドホンですので一番重要なのは音質だと思いますが、それに関しても問題はないと思います。問題ないというか、良い音です。音楽を聴いているときの楽器の分離感や演奏自体の空気感をよく表現できていると思います。iPhoneやiPadに付属しているヘッドホンより良い音です。イヤーパッドっていいましたっけ、あれに若干音の重厚感が加わった感じです。それでいながら、密閉型ではないので外出時に音楽を聴いていても、外の状況が聞こえるから安心だし、安全です。

私が一番いいな、と思ったのは、耳からAirPodsを片方でも取ると、再生が止まることです。これって、買い物時にレジでお会計をするときなどに、なにげに便利。はずせば音が止まって一時停止状態になりますから。そして、付けるとまた再生が始まるという。このアイデアはいいなぁと。


バッテリーの持ちは、お店の人曰く「5時間は持つ」とのことで、確かにそれくらいは持つと思います。休日に10時ごろから17時ごろまで付けっぱなしにしていましたが、はずしたときに残量をiPhoneで確認したら、残量は20%ほどでした。で、ケースで充電が5回までできるそうですから、外出時も安心です。毎日充電する必要もないわけですから、使い勝手はいいと思います。とはいえ、私は寝る前につい充電しちゃいますが。これって、バッテリーのためにはあまりよくないんだろうなぁ。

難をあえていえば、ケースからヘッドホンを取り出しにくい。ツルツル滑っちゃう。でも、不満点はそれくらいかな。耳の形状にもよるだろうけど、ホールド感もいいし。

d0350319_12113724.jpg

そんなわけで、もしかするとApple WatchよりAirPodsのほうが買って良かった感が強いかも。

これのおかげで「ヘッドホン生活」に拍車がかかり、以前に書いたように家事もチャッチャカやっちゃって、またApple Watchとあいまって、なんだかすごく健康的な生活になっている、今日この頃のわたくしでございます。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-26 12:30 | パソコン・インターネット | Comments(0)

Apple WatchとAirPodsを購入して、自分の中で大騒ぎしている飯山です。

ってことで、もしかしたら数回に分けてこの二つの新しいデバイスのことを自分なりにレポートしていくかもしれないと思っておるところです。購入を検討している人のご参考になればと。というか、ただ書きたいだけですけど。


先日の日記にも書きましたが、最初はApple Watchの良さがネットとかを見ていても全然わかりませんでした。結構新しもの好きの私がこれなので、そういう人もすごく多かったんじゃないかと思います。


で、つい先日、series3のネットでの評判につられて、ほぼ衝動買い状態で購入したわけですが、1週間ほど使っての印象としては「予想していなかったところで効果がある」ってことでしょうか。

最初は、メールチェックやLINEなどのメッセージのチェックをiPhoneをみないでできる手軽さ、くらいのことを予想していたのですが、それ以外のことが結構ありました。

もちろん、メールやメッセージを時計ですぐ確認できるということだけでも、こりゃ便利!って、思ったよりこりゃ便利!って思ってるわけですが、思いのほかよかったのが「体調管理」です。


自分は別にスポーツを趣味にしているわけでもなく、一日にどれだけ動いたかなんてことを報告されても別にどぉってことないよなぁと思っていたのですが、これが結構どぉってことあったんです。

まず、運動不足を目の前に突きつけられると「動こうかな」って気になる。実際、近所に買い物に行くときは車じゃなくて自転車移動するようになりました。

もっとも、私の住んでいるところは近くのデパートモールへ車で行こうと思うと、休日は下手すると駐車場から出るだけで1時間くらいかかるような時間帯があってうんざりするんですが、それでも車で行っていた自分がバカみたいに思えるようになりました。自転車でも5分も走ればついちゃうところなんで。

あとは「脈拍」です。仕事していて、ストレスがたまってくると脈拍が早くなるんですよ。で、Apple Watchったら「深呼吸しましょう」と誘ってくれるんです。で、画面に深呼吸をするためのアプリが起動して待っていたりする。その画面にあわせて1分でも深呼吸すれば、結構落ち着く。

d0350319_23365291.jpg


これ、結構いいんですよ。座り仕事で1時間以上机にかじり付いていると「歩きましょう」って言ってくれるし。貧乏揺すりが少なくなりましたね。

あと、これはまた後日書こうと思っていますがAirPodsとの相性が抜群です。もし、今、ワイヤレスヘッドホンを買おうかと悩んでいる人がいて、iPhoneを持っているなら、無理してでもAirPodsを買うべきです。断言します。


アプリもいろいろあって、私はギターを弾くのでメトロノームのアプリを結構便利に使っています。音はiPhoneから出るんですが、手元でテンポを簡単に調整できるのはとてもいい。できるなら、振動でテンポを教えて欲しいですが、仕様上無理のようです。

手元で天気予報がすぐ見られるし。予定も表示されたり。iPhoneをいちいち出さないで済むっていうことがこんなに便利なものなのか、と感じているところです。

あとね、なんか、ちょっとカッコいい。


知らないアプリもまだまだたくさんあるので、この分野は成長する余地がかなりあるということを感じております。で、今の時点でも十分実用になる機能が登載されていると思います。


私はおすすめしちゃうなぁ、Apple Watch。一日中、寝てるときもつけてるもん。布団の中で、時計をトントンって叩くと「○時○分だよー」ってミッキーが教えてくれたりします。

寝ているときにしてるのなら、いつ充電してるの?ってところですが、お風呂に入っている間だけ、充電しています。それでも全然大丈夫。私の使い方だと一日してると半分くらいバッテリーを使っているのですが、充電時間としては1時間足らず出バッテリーは100%になります。


そんなわけで、私は買ってよかったなぁと思っています。ホント、使ってみないとこの魅力がわかんないかも。

使っても魅力がわかんない人もいるでしょうけど(^^;)ガジェット類が好きな人なら、楽しめると思いますよ。


次はAirPodsのこと、かいちゃおっかな。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-01-25 23:03 | パソコン・インターネット | Comments(0)