40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

2015年 10月 27日 ( 2 )

音楽ノチカラ

今日は豊川小学校へ、市役所の「音楽アウトリーチ事業」というお仕事でおじゃましました。
小学生たちに色々な音楽を体験させてあげようというこの事業、通常はクラシカルなものが多いのですが、今日は例外と言ってもいいと思うんですが、小田原城ミュージックストリートやロードオブアリーナにも出演してくれた「バケツドラマーMASA」くんにご登場願いました。
このMASAくん「お金をかけなくても音楽は楽しめる」というのをコンセプトに活動しているミュージシャンで、オーストラリアのメルボルンに渡っている時にバケツドラムを始めたそう。オーストラリアの民族音楽であるディジュリドゥを組み合わせて演奏する唯一無二の人だと私は思っています。
ディジュリドゥは塩ビ管を使い、ドラムはガソリンスタンドで貰ったゴミ箱用のバケツ、それにサラダボールなど、身近なものを使って見事な演奏をします。
まずは、これを見てください。






体育館で待つ子どもたちは、いつもとは違う雰囲気の「先生」の登場に興味津々。MASAくんは、この風体でゴミバケツを持って現れるので、ライブ会場でも清掃のお兄さんと間違われることがあるらしい。わかる気がする。
いつもの授業のように整然と並んで座る子どもたちに向けて、MASAくんは話しかけます。「体を動かして聴く音楽だからね。先生に怒られない程度に自由に聞いちゃってね」




MASAくんが演奏しはじめると、みんなバァーっと前に集まって、もう、すぐこの状態。300人もの児童が集まるとかなりの圧迫感ですよ。


d0350319_18364130.jpg


1曲が10分くらいかかる演奏に、飽きる子がいるんじゃないかという心配をよそに、自然と拍手が起き、掛け声も自然とはじまってきました。すると、最前列真ん中で拍手をしていた子どもたちが、もそもそと動き出しました。飽きちゃったのかな?と思ってたら、集団から抜けだしたのは、踊るためだったんです。
もう、目一杯の笑顔で、楽しそうにリズムにあわせて踊ってる。掛け声というより叫び声を上げる子も。
d0350319_18364180.jpg

<前でじっと見つめる子。後で踊る子。座って聞き入ってる子。>





そんな時間が、ずっと流れました。足踏みをしてみよう、コール&レスポンスをしてみようというMASAくんの投げかけに、素直にそれを楽しむ子どもたち。
300人もの子どもたちが、それぞれの楽しみ方をしているのがわかります。




あの心地良いリズムと、子どもたちの声と、笑顔。
それを見ていたら、本当に音楽ってすごい!って、涙の出る思いでいっぱいになりました。
45分間の「授業」でしたが、こっちが楽しんじゃった。帰り道では、ウジウジ悩んでいたことが、本当に馬鹿みたいって思える気分になっちゃって。

思い通りにさ、楽しんじゃえばいいんだよ!
そしたら、このブログに今朝書いた、湿っぽい文章が恥ずかしくなっちゃって、削除しちゃいましたよ。




音楽はすごいよ。ホントにすごい。MASAくん、本当に素晴らしい時間をありがとう。
マジに元気が出た。音楽の力はすごいね!



[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-10-27 17:45 | 音楽 | Comments(0)

無視と無関心

なんと、50歳。マジかよ、って感じです。ものすげぇジジィです。


で、そのジジィがこの歳になってもよく考えているのは、人を傷つけたり傷つけられたりすること。


人を傷つけるって、ケンカをしたりひどいことを言ったりすることだろうって思いますけれど、一番人を傷つけるのは「無視」ですね。


そして「無関心」は、人を壊すと思います。




もう、そういう経験を長年に渡り、それこそ人格が壊れるまでしてきたので、これ以上はもう、いい。本当に、もう勘弁してもらいたい。切に願っちゃう。あ、自分に対して、ですよ。


でも、いくら避けようとしても、生きている限り、そういうことは起きます。そう、今もしみじみ思っています。




誰を恨むわけでもない。人の感情なんて自分本位だから、いくら考えたところで、好転はしない。人の感情は変えられない。しかたのないことで、自分の中で解決するしかない。


でも、本当に勘弁してもらいたいって気分になりますよ。考えなけりゃいいんでしょうが、ふとしたときにそうした感情が湧き出るのは困る。


本を読んだり、音楽を聞いたりしているとき、その行動とはまったく脈略がないときでも、自分のスイッチがパチっと入る時がある。そういうときに「無視と無関心」の寂しさがドーッと心に流れ込んでくる。もう、ずっと。ずっと。

時間だけがこれを解決するんでしょうけど、10年かかってもダメなこともあることを考えると、もう、暗澹たる気分になりますよ。




いつになったら、こんな気分から解放されるんだろう。こんな、心配事はいつになったら消えてくれるんだろう。


ねぇ、みんなそうだよねぇ。いやになっちゃうねぇ。




でも、大人だから、今日も笑っていきましょう。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-10-27 10:31 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)