40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

本を聞く

ヘッドホン生活がすっかりなじんでいるのですが、そこで一つすごく自分にとっていいサービスに最近はまっています。

それは「本を聞く」こと。

Amazonのサービスにある「Audible」がそれ。プロのナレーターが本を朗読しているのです。それを家事をしているときなどにずっと聞いています。ジャンルとしては「オーディオブック」っていうのかな。


以前もこのサービスをお試し無料期間中に利用して聞いたことがあるのですが、そのときは便利だけどそれほどはまらなかったんですね。スピーカーから聞いたり、普通のヘッドホンで聞いていたからかもしれないです。

これが、ワイヤレスヘッドホンで聴くとすごくいい。ワイヤレスだから、たとえば料理をしているときなんかでも、ワイヤーが邪魔にならないので快適なのです。

欠点は月に1,500円かかること。ちと、高いかなと。でも、これだけ払えば聞き放題なので、安いと考えられなくもない。もうちょっと本の種類があってもいいな。


自分は小説も聞きますが、実用書の類も聞きます。って、今まで実用書ってほとんど読んだことがなかったんですけれど、実用書はそれほど集中しなくても聞けるしね。小説だと聞き逃したり、別のことを考えていると「あれ?今の登場人物だれだっけ?」とか「あ、聞いてなかった」みたいに思っても、話は進んで行っちゃうんで、ある程度の集中は必要。


便利な機能としては、、読み上げ速度が調整できること。最大で3倍まで早めることができますが、慣れてくると2.5倍速度でも、それほど苦もなく聞ける。隙間の時間に何かをしながら本を聞けるから、読書量(って言っていいのかわかんないけど)が増える。朗読者の声が好きなら、普通の速度でゆっくり聞くのもいいです。私はせっかちだから、つい早くしちゃいますけどね。


定額制の聞き放題だとそれほど興味のないような本も気軽に聞いちゃう。でも、それほどはずれの本には当たっていません。手間がかかるから、本も厳選してるんだろうな。

ラジオもいいけど、本もいい。耳から入ってくる情報はイメージが膨らみますし、なかなかいいものです。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2018-02-26 12:51 | パソコン・インターネット | Comments(0)