40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

いびきがひどくて悩んでいるというか、困っている人、かなりいるんじゃないかと思います。特に中高年になってくると、どこかゆるんじゃうんでしょうね。いびきをかく人が多くなると思います。

私もそうでして、人から「疲れてるんじゃない?いびき、大きいよ」みたいに言われても、自分で聞いているわけではないので「すみませんね」くらいだったのですが、iPhoneでいびきチェックをしてくれるようなアプリを数年前に試してみたら、あらビックリ。これは迷惑だわ、っていうレベルの音が記録されていました。

で、まぁ、普段は誰に迷惑をかけるわけじゃないからと、それほど気にしてはいなかったのですが、仲間や同僚と宿泊を伴うようなことがあると、申し訳ないなぁという気分になるので、いびき防止のため、あの手この手と試してきました。その実例と成果を書こうと思います。ついに、この方法がいいんじゃないか、っていうのにたどり着いたんですよ。


まず、よく言われるのが「横を向いて寝るといい」

上向きにして寝ると、舌が喉のほうに落ちちゃうため、それがいびきの元になると。だから、横向きに寝ればいいという話です。

横向きで寝ると言っても、私は寝相が悪い。だから、いつのまにかいろんな角度で寝ちゃっている。これを横向きに固定する方法はないか。ということで、抱き枕を試してみました。

何かに抱きついて寝るってのは、結構安心感があってよく眠れるんですが、まぁ、やっぱり寝相が悪くて朝起きると抱き枕がどっかにいってたりしておりまして、いびき自体も軽減されたとは言い難い状態でした。


次にチャレンジしたのは、マウスピース。いびきの元凶は「口呼吸」にあることがわかったからです。口から呼吸しちゃうから、喉ちんこあたりがガーガー音を立てちゃうという。だから、マウスピースで噛みしめていれば、口呼吸にならないと。歯医者さんで作るといいらしいですが、これは歯ぎしり防止のためらしい。で、高い。そこで、ネットで手軽に歯形をつくれるマウスピースを購入。自分の口にあったマウスピースを作って、いざ就寝。

ダメです。いつの間にか、口から出してしまいます。きっと、苦しくて無意識に出しちゃうんでしょう。


で、それなら強制的に口を閉じてしまえ、と、テーピングで口をふさいじゃいました。これで完全に口呼吸から脱することができます。

私としては、これで完全にいびきシャットダウン!を目指していましたが、おかしい。朝まで口を閉じているのに、iPhoneのいびき録音アプリには、今までと違ういびき音が壮大に録音されている。なんだ、これは。


そう「鼻いびき」です。私は、鼻でもいびきをかいていたのです。口と鼻。両方から縦方向のステレオ状態でいびきを発していたのですから、相当うるさかったのは想像にかたくありません。

ただ、苦しい。まじで。死んじゃうかも、って思うくらい苦しいときがある。私は蓄膿症なのかな、って思うほど、普段から鼻がつまってるんです。

考えてみたら、鼻でうまく呼吸ができないのに、口をふさいで寝るって言うのは、かなりチャレンジングなことでしたね、冷静に考えると。

ネットを見ると鼻いびきをかく人は、鼻の病気である可能性が高いので医者に行けみたいなことが書いてあります。そうなのかもしれないけど、それは見なかったことにして、どうにか自分の手でいびきの軽減をはかりたい。


で、鼻いびきをかくってこともわかったので、じゃ、鼻の通じを良くすればいいんじゃん、と考えました。息を楽にさせるには、鼻腔を広げりゃいい。そうだ、ブリーズライトだ!と思ったのですが、これ、毎日使うには高い。効果あるのかどうかわかんないけど、仮に効果があったとしても毎日貼り替える経済力が私にはない。

そこでGoogle先生に聞いてみた。

ありました。鼻腔を広げるグッズが。

d0350319_21385658.jpg

これはね、効きます。強制的に鼻の穴を広げちゃう。強引だけど、強引だけに、わかりやすい効果!これを装着する前に、鼻づまりを軽減させる鼻スプレーをシュってやっておくと余計にいい。口を完全に閉じても、鼻だけで余裕で呼吸できます。

よし!これをつけて口をテーピングをはって閉じちゃえば、相当いびきを軽減させることができるだろう!

もう、こうなるといびきをしていない自分を想像して、ワクワクしてきます。

結果!音は小さくなってます。でも、いびきをかいている時間が短くなっていない。これは、睡眠の質にも影響する。そもそも、いびきをなくす大きな目的のひとつに、睡眠の質を良くするというのがありました。だから、音が小さくなっても、かいている時間が長ければ体は疲れちゃうんと思うんですね。実際、大いびきをかいた翌朝は、睡眠時間の長短に関わらず、だるいって日が多いですからね。


私のいびき実績を見ると、寝ている時間の約50%はいびきをかいていることがデータを見ているとわかります。そんなことを考えながら、毎晩鼻腔を広げるグッズ「鼻すっきりO2アップ」っていうんですけど、それをつっこんで、口にテーピングを貼って寝ていたんですが、そのうち困ったことが起きました。

テーピングを貼っている口元がかぶれてきたんです。いびき防止のために口に貼る専用テープがあるようですが、それを貼ればそういうこともないんでしょうが、スポーツ用のテーピングはやっぱり蒸れるのかなぁ。

で、なにか口にかぶせるモノはないかなぁと考えていたら、目の前にあったマスクが目に入りました。


口を開けて寝ていると、口の中が乾いちゃうのを思い出して、マスクしたら少なくともそれはなさそうだなと思って、とりあえずマスクをして寝てみました。

そうしたら、ビックリ!4時間の睡眠時間だったのですが、朝のいびき録音チェックの時間がなんと7分だけという。5時間ねると2時間半はいびきをかいていた私が7分!これはすごい。でも、偶然だったのかも、と翌日も試してみたら、6時間寝て30分!音も小さい!

なぜだかわかんないけれど、私にとっていびきをもっとも少なくするのは、この鼻腔を広げるグッズにマスクをして寝るといいようです。

これ、まだ二日間だけの結果なので、今晩どうなるかまた試してみます。

いびきに悩んでいる方、ちょっと試してみてください。頑固ないびきが軽減されるかもしれませんよ。

しかし、こんなことを日々面白がってるってのって、幸せだね、自分。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-06 21:37 | 心と体 | Comments(0)

先日の日記で、私の息子が神奈川新聞に出ていたことを書きましたが、彼がやっているのが「エンパワー・プロジェクト」というものです。

彼は「みんなが優しくなれば、世界は平和になるのに」と私に話してくれたことがありました。

自分も国際交流の仕事をしていましたので、その話を子どもたちにするとき「パパは小さな力が国際平和につながると思ってる。いま、パパはオーストラリアの子どもたちと日本の子どもたちの交流の仕事をしているところだけれど、オーストラリアに友だちができたら、オーストラリアと戦争はしたくなくなると思う。戦争なんてものじゃなくても、パパはオーストラリアに友だちがたくさんできたから、例えばサッカー日本代表とオーストラリア代表が試合する時、両方応援しちゃう。世界平和って、そういうものだと思うんだよ」って。


そんなことを話したことがあるので、息子から「世界平和」という言葉が出た時、改めてその時のことを思い出していました。


彼が始めた「エンパワー・プロジェクト」の概要を、そのホームページから引用すると

ーーーーー

「誰かの力になりたいけれど、声をかけにくい」

「支援して欲しいけれど、頼みにくい」


こんな経験、誰でもあるのではないでしょうか?


せっかく優しい気持ちを持っているのに、それが行動に直結しない、それはとても勿体無いことだと私達は考えました。


この課題に取り組むために、協力したい気持ちを表す

「マゼンタ・スター」のバッジが生まれました。


「マゼンタ・スター」を身につけることで、自分が協力したい気持ちがあることを、声に出すより簡単に伝えることができます。


このちょっとの一押しで、困った時、協力してくれる人をみつけやすく、誰もが誰かのためになれる世界を実現していきたいと思っています。

ーーーーー


つまり、当事者ではなく、協力者サイドが「よければ協力します!」と“協力者カミングアウト”をすることを提案しているわけです。


「満員電車でみんなが椅子を取り合う、席を譲らない、譲れない人もいると思うけど、そういう場面がすごくさみしい」と彼は言ったことがありました。

その気持ちが、こういう活動になっているんだと思います。


思っていたことを具体的な行動として現す。自分の息子ながら、素晴らしいと思います。

今も彼はアフリカに行っているところ。きっと「世界の現実」を感じているところだと思います。私にはそれがわかりません。また、息子から教えてもらいたいと思っています。


大学でいい教授と巡り合って、学部まで変えてこうした活動をしています。

「みんなが優しくなればいいのに」と言った彼の言葉が、私の心の中にいつもあります。

みなさんも、優しい心を、さりげなく現してみましょうよ。

優しく、なりましょう。優しく、なりたいね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エンパワー・プロジェクトについて詳しいことは次のサイトを御覧ください。


http://empowerproject.jp


https://www.facebook.com/UTempowerproject/



ーー以下、HPからの引用ーー

EMPOWER Projectのシンボルマークである「マゼンタ・スター」、とてもシンプルに見えますが、いろいろな思いが込められています。

d0350319_12233655.jpg

<テーマ・カラー>

テーマ・カラーは、以前紹介した「SDGs」の目標10の色である「マゼンタ・ピンク」。

目標10は「人や国の不平等をなくそう」。

EMPOWER Projectにぴったりの素敵なゴールですね。


<シンボル・マーク>

シンボル・マークの「マゼンタ・スター」。

なぜ星なのでしょうか?

実は「国旗」にヒントがあります。

なんと世界の1/3以上の国が、国旗に星を取り入れています。

確かにあの国もあの国も…

世界に広めていくには、多くの国で愛されている星がぴったりです。


<マゼンタ・スターを囲む線>

マゼンタ・スターを囲む線、ただの丸だと思っていませんか?

よーく見てみてください。

実は丸にとっても近い17角形なんです。

17はSDGsの目標の数。


実はこんなところにもSDGsが隠れていたんです。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-06 12:19 | 文化・芸術 | Comments(0)

さっきも書いたように、今日はデニーズでご飯を食べて帰ってきたので、すでにお家でのんべんだらりとしております。

ラジオのことをあまり書いたことがないなぁと、自分の番組のオンエアを聞きながら書いております。

ちょうどブログのことを話していますね。最近、よくブログを書いているからか、アクセス数が増えているっていう話をしたのですが、確かに増えているんですね。具体的に何件とか書いちゃうと「なんだ、そんなもんか」と思われちゃうので書きませんが。


で、40kidsの歌はともだち、すでに10年くらいやってます。毎週月曜日の夜7時(再放送は木曜夜9時)からの放送ですが、収録番組です。だいたい3週間に1回のペースで収録をしておりまして、つまり1日で1時間番組を3回録っているという。3時間分も一気に録るの?と驚かれることが多いんですが、何事も慣れでございまして、すっかり慣れています。毎回、楽しく収録させてもらっています。


この番組は、40kids、つまり、飯山、斉藤、二見の3人がメインで、2年くらい前からアシスタントとしてりっちゃんも放送に加わっています。

もともと喋る事も好きで、ラジオも大好きだったので、番組をやらないかって話がきたときは両手をあげて喜んだものです。1人だったら不安だったかもしれないけれど、ライブをいっしょにやっていた他の2人も一緒でしたので、まぁ、少しの不安はありましたが、楽しみという気持ちの方が大きかったですね。FMおだわらには仕事でも、ガッツリ噛んでいましたしね。

さっき、楽しいと書きましたが、準備には結構悩んだりします。慣れているとはいえ、1時間番組ですからね、何を話すか、どんな曲を流すか、というのには悩みます。でもイメージが固まれば、あとは本番でどう進めるかの勝負。それが思いのほかスリリングで。

d0350319_20032601.jpg
2月5日の放送の収録で。ゲストは右端にいらっしゃるFM ISのパーソナリティである山田ヒサコさん

私は、結構きっちり流れを作っていくタイプですが、斉藤君はその日の流れで話す予定を変えてくるタイプ、二見君は用意してくるんだけど私らに引っ掻き回されて思い通りに進まないことがあるタイプ、って具合で三者三様です。

この3人が交代でメインのマイク、つまり司会役を務めるわけです。だから、3時間分といってもメインで回すのは1時間分だけ。こういうのも気が楽にでいい。


10年やっているといっても、番組の改編時期になるとヒヤヒヤしてます。終わるんじゃないかと。そんな話をこの間喫煙場所で偶然いっしょになった永田放送局長に話したら「何言ってるんですかぁ。40kidsの番組が終わるなんて話、出たことありませんよー。これからもよろしくお願いします」と言われたので、4月以降も続く予定です。

あ、そんなことを書いているうちに、番組が終わる。あーー、俺のオリジナル曲が流れ始めた。チューニングが甘いまま歌っちゃったなぁ。。。


では、ブログを読んでいるかたも、もしよろしければ「40kidsの歌はともだち」、聞いて見てください。FMおだわらは、インターネットでも聞けますので。



[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 20:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

創作意欲は季節モノ?

ブログをやけにつらつらと毎日書いていますが、これって自分にとって発作みたいなものがあります。文章を書くということがもともと好きってこともあるのですが、自分の中で何かをアウトプットするという作業がすごく楽しくなる時期、というか書きたくて仕方がないという時期があるらしいのです。

それに気づいたのが昨日なんですが、過去にも毎日のようにブログを書いていたことがありました。過去ログ見ていて気づいたのですが、全部、今の時期でした。

つまり、冬。

12月から2月くらいにかけてバーッと書いていることが多い。これって、精神科医みたいな専門家から見ればなにか理由がありそうな気がします。なんだろうな。きっと、曲作りも同じようなものなんだろうな。作るときは、めちゃくちゃ作る。

で、作らないと作れなくなる。書かないと書けなくなる。


曲も冬の間に創作意欲が増してきて、暖かくなるとしぼむのかもしれませんが、その創作意欲にかられているときは「毎日作らないと作れなくなる」という感覚で、作り続けていますね。

ブログも書きたいと思ったことがあったら、すぐパソコンに向かって書き出す時と、あとでいいか、と思うときと。今は、すぐにパソコンに向かう感じですね。パソコンっていうか、ポメラですけど。

d0350319_18390347.jpg
これね、ポメラ。DM100という機種です

で、過去のブログを昨日いろいろと読んでたのですが、これが結構おもしろいんですよ。「俺、こんなこと考えていたのか」と思うようなことや「そうそう、こんなことあった」とか「わー、これ、もうそんな前になるんだ」みたいなのとか。ブログを書き始めたのが、9年前の2月初旬ってのもうなづけます。冬だから、なんだか創作意欲がわいたんでしょうね。


とりとめのないことを書いていますが、こういうのも時間があるからなんですね。なぜ、時間ができるようになったか。

そう、過去にない最近の生活における決定的な変化は「ラジオ生活」になったことです。

d0350319_18394533.jpg
今も大好きな「スカイロケットカンパニー」を、デニーズでご飯食べながら聴きつつ、書いております。

以前も書きましたが、テレビから脱却したことです。これが大きい。そして、SNSをのぞくよりブログを書いている方が楽しくて、自分の創作意欲みたいなものを刺激してくれることに気がついた。

SNS中毒になっている人は、ブログを書けなんてことも書いたことありますが、ブログじゃなくても日記とかつけるといいと思うなぁ。


ということで、そろそろ曲も作ろう。文章をガンガン書いていると、言葉も浮かびやすくなってきて、歌詞も作りやすい脳になっているかもしれないから。


あ、今日は月曜日。午後7時からFMおだわらで「40kidsの歌はともだち」が放送されるぞ!オンエア、聞くかな。




[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 18:38 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

先日のライブの前に交換した、ちょっと値の張る弦とは、YAMAHAが輸入している「アコースティックサイエンス」という弦です。

これは、エリクサーのような、いわゆるコーティング弦ではないのにも関わらず、超寿命で音もいいというふれこみで販売している比較的最近できたばかりの弦です。

d0350319_18281943.jpg
2,300円だけど、20%引きだったので買った

ギターの弦に興味のない方は全然わからないと思いますのでちょっと説明させていただきます。

弦によってギターの音は変わりますし、弾き心地もかわります。それは「いいお茶碗にしたから、食べ物がおいしく感じるよねー」の類ではなく、本当に変わります。消耗品なので、どのタイミングで交換するかっていうのが、まぁ誰しもが必ず悩むところです。私も若い頃は「切れるまで我慢」とか思っていましたが、音の劣化が進みすぎると弾いていて気持ちよくないですからね。そこらへん、個人で差があると思います。


ギターの弦もピンからキリまでありまして、1セットで300円くらいのものから2,000円を超えるようなモノまであります。金額の違いは音の違いにも出ますが、弦の持ちにも変わってきます。いや、高い弦だから長持ちするってわけでもなくて、錆びないような加工をされているから高いものがある、と思った方がいいと思います。そういう加工がされていなくとも、素材の良さで高額のものもあります。


と、ものすごい長い前振りになりましたが、今回比較的というか、今まで買った中では一番高価な「アコースティックサイエンス」という弦を使ってみたレビューを書いてみたいと思います。

って、本番はここからかぁ、なげぇな。

このアコースティックサイエンスという弦ですが、いわゆる錆びないためのコーティングが施されているわけではないらしい。コーティングをしていると、簡単に言えば弦に膜をはっているわけなんで、錆びづらいし、長持ちはしますがちょっと弦の表面がヌルヌルするんですね。コーティング弦でたぶん一番人気の「エリクサー」という弦は、とてもきらびやかな音がして、これが通常の弦の3倍くらい長持ちするのですから、2,000円近い値段も納得というところで人気です。


で、それよりもちょっと高いこのアコースティックサイエンスという弦は、ナノレベルで弦をトリートメントしているとのこと。なんだかよくわからないですが、弦とイオン層が一体となっている(これでもよくわかりませんが)ので、弦に膜を張っている従来のコーティング弦とは一線を画しているようです。

弾いてみて感じるのは、あのヌルヌル感がないこと。あぁ、これで長持ちならいいな、というのが第一印象。私はあのヌルヌル感があまり好きではないのです。

音はというと、エリクサーほどきらびやかではないです。とても素直な音が出ていると思います。いいギターに張ればその楽器のポテンシャルを引き出してくれそうです。エリクサーは弦が良く鳴るので、それほどいいギターじゃないものに張っても、それなりの音が出ます。それは、気軽にギターを楽しんでいるので、弦交換はなるべくしたくない、というようなユーザーにはうってつけだと思います。


おそらく、このアコースティックサイエンスという弦は、私が通常使っているダダリオのニッケル弦みたいに、そのギター本来のポテンシャルを響かせる類の弦じゃないかなぁと感じました。そういう意味では、私は良い印象を持ちました。ギターの箱じゃなくて弦が鳴ってる感がある弦って、ちょっとなぁ、、、って思ってるから。「弦が鳴ってる感」が強い弦を張ると、全部のギターが同じように聞こえてしまう。やっぱり、ギターの性格をそのまま出すような弦が私は好きです。


この弦は、エリクサーよりはメロウな感じの音です。マーチンのSPとかに近いんじゃないかなぁ。弾き心地も。SPがどんな音だったか、ちょっと忘れかけてますんで印象としてね。

各弦の分離感っていうのかな、それぞれがよく鳴っている感じがします。それと、音が大きいです。特にラウンド弦、つまり低音や中音域にボリューム感がある。これも、例のナノレベルでの技術のおかげですかね。


問題は耐久性ですね。張った直後はキラキラしすぎて、聞いてられない感じでしたが、翌日にはだいぶ落ち着きました。その状態でライブに望んだのですが、聞いていた人にも「ギターの音がきれいでした」と言われました。これはですね、ほかにいいところがなかったときのほめ言葉なので、素直に受け取れない部分はありますが。

でも、そのライブは音響機材を通さない生音だったので、「サウンドホールがこっちを向いていたから余計に楽しめた」みたいな具体的なことを言って喜んでいたので、やっぱり音はよかったんだろうと思います。その状態がいつまで続くかは、これからの検証になります。


ただ、悪いことで一つ気がついたことがあります。張って2日目ですが、プレーン弦のほうにちょっとだけ黒ずみが見られました。1フレットから5フレットあたりのよく使ったところの押弦部分のみですが。これが即、音の劣化にはなっていないですね。少なくとも、私には気づいていません。

d0350319_18292040.jpg
わかるかなぁ、ちょっと黒ずんでるの

この弦はラウンド弦にのみトリートメント効果があるのかもしれないですね。ラウンド弦はピカピカのままですから。

そんな感じで、しばらくこの弦を使ってみて、どれくらいの耐久性があるかを検証してみたいと思います。


[PR]
# by 40kids_iiyama | 2018-02-05 18:27 | 音楽 | Comments(0)