40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

テレビよりラジオ

最近、テレビを見ていません。以前に書いた通り、無駄にダラダラと見てしまうからなんですが、テレビをみないと気がつくのは「結構、時間ってあるもんだな」ってこと。
テレビは耳目を集中しちゃうので、ほかのことがやりにくいからなんですね。なにかをしながらテレビを見るってこともするんですが、意識の中心はテレビにあるわけです。

テレビの代わりにApple TVで音楽を聞いたりしておりましたが、最近はよくラジオを聞いています。
ネットラジオだといろいろな放送をかなりクリアに聞くことができます。FMおだわらも聞きますし、ニッポン放送やTBSラジオといったAM放送からFMヨコハマなどのFM放送も。
それをApple TV経由でステレオから聞くとかなり快適。

ラジオはいいです。耳だけ預けてればいいんだから、なにかをしながら聞くことができます。
ラジオを聴きながらお料理したり、本を読んだり、ギターを弾いたり。あ、ギターを集中して練習するときはさすがに切りますが。
ステレオから聞かなくても、iPhoneやiPadから聞いても全然オッケーですね。

その結果、時間がうまく使えて早寝早起きもできるし、朝シャワーとか浴びちゃったりね。
d0350319_11032889.jpg
これは「radiko」。国内の主な放送を聞くならこれが手軽ですね。
iTunesとかでも、世界の放送が聞けますしね。
でも、音楽だけじゃなくて、ニュースとかやる放送がいいと思います。
耳から入る情報って、イメージも広がりますしね。
いいですよ。ラジオ、聞きましょうよ。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-24 11:07 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)
前から知ってはいましたが、iPadでのフリック入力。
最近、さらにiPadで仕事をすることが多くなったので、手軽にサッと文字入力をしたくなることが多いんですね。
自分はiPhoneを手に入れたとき、これは仕事に使えると思い、そのためには文字入力を早める必要があると感じたため、色々試してみました。
その結果、フリック入力の秀逸さにビックリして、早速練習アプリをダウンロードして入力速度を上げました。分速100文字くらいになるとちょっとしたメモを取るのにもストレスなくできます。ちなみに私は両手で入力するのが一番早いです。

iPadで文字入力をする際スマートキーボードを使っているんですが、すぐ使えないんですよ。あのパタパタとキーボードを組み立てる作業に手間を取られるわけです。どうしたもんかなぁと、ちょっとした入力の時はソフトキーボードを使っていたのですが、急に思い出したのがフリック入力。
結構前にiPadのソフトキーボードは右と左に分割できることを知って遊んでたことがありましたので、試してみるかなと。

d0350319_10280591.jpg
↑ATOKの画面
d0350319_10280573.jpg
↑標準キーボードの画面

これが思いのほか快適でして。
標準のキーボードでも、ATOKのキーボードでも、どちらでもできます。
写真を見ていただけるとわかりますが、標準のキーボードのほうが小さい。ATOKは大きくて入力がしやすいですが、画面に隠れる範囲が大きい。だから、写真のように文字入力中に文字が隠れてしまうのです。標準ならキーボードの位置をすぐに動かせるので、まぁ、問題は無いですがATOKは動かさないので、これは致命的かなぁ。それと標準のほうがミスタッチした時に、正しい文字を予測してくれる機能が優れていると思います。
写真をよく見ていただくと、「みすただち」とミスタッチしてるのに、変換候補にはしっかりと「ミスタッチ」と表示されています。これがすごくいい。急いでフリック入力をしているとミスタッチが多いんですよ。それを正してくれるのはいいですね。

ということで、iPadでフリック入力するときは標準キーボードがいいと思います。

あと、これは知っている人は少ないんじゃないかという機能をご紹介します。
iPadを使っていて不便に思うのが、矢印キーがないこと。文字を修正しようなんて時に、指先で直したいところをタッチするのにうまくいかなくてイライラすることがある人も多いことでしょう。
でもね、これは矢印キーがないんじゃなくて「必要ない」からなんですよ。
iPadはかなり自由にカーソルを動かすことが出来ます。
その方法は、画面を二本指で触れて動かしてみてください。あら不思議!カーソルが自由に動きますね!これ、かなり便利なのでiPadを持ってる人は試してみてください。「こんな方法があったのか。なんでアップルはこれをもっと周知しないんだ」って思うはずです(^^)
これはiPadの機能でiPhoneではできません。iPhoneでもできるようにすればいいのに。

ということで、なんかiPadの使い方講座みたいになっちゃいましたが、iPad使いの人のご参考になればなと思っております。iPadのフリック入力、便利だからこの文章も練習がてらiPadで書いています。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-23 12:41 | パソコン・インターネット | Comments(0)

朝シャン

毎朝、寝癖を直すために頭だけシャワーを浴びています。湯船に頭を突っ込む形でシャワーをしてるわけですが、今朝はなんとなく「このままシャワー浴びちゃお」と、普通にシャワータイムになりました。
これが気持ちいい。目がぱっちりと覚めるし。さっと浴びるだけだからそれほど時間も取られないし。
これから毎朝こうしようと思ったわけで。それには朝寝坊しないように早寝早起きをキチンとしなくちゃなと思った朝でした。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-23 09:28 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

練習3割

昨日はカボスでOKAJIさんとのライブでした。
練習していったつもりだったんですが、思い通りにできなくて、個人的にはすごく後味の悪いものになりました。
練習ではまったく問題なくできていたものが、できなかった。それほどミスには見えなかったかもしれませんが、自分としては完全にミスだらけで。

以前、よく友だちとかと「練習で10できても、本番は3しか発揮できないよね。練習の3割だね」なんて言っていたのですが、最近は5〜6割くらいはできてるかなぁなんて思っていました。でも、昨日は完全に練習の3割って感じで。なんとも悔しい。
安定して演奏するためには、素質がない分、練習するしかないんですよね。
そういうわけで、テレビを見ている時間があるのなら、練習しようとテレビに練習用の譜面を貼りました。
私の好きなギタリストでアフターミュージックスクール・ギター講師の滝澤君は、ここ10年くらいテレビを見ていないそうです。それくらいストイックになって、初めてあんな演奏ができるんだなぁと感じているんでね。
50歳超えてるけど、まだまだ成長したいもん。で、もっとギターを弾いたり、歌ったりすることを楽しみたいもん。
d0350319_23285396.jpg


[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-13 23:18 | 音楽 | Comments(0)

子どもたち

最近、すっかりブログをご無沙汰しておりました。書くことはあったような気がしますが、気が向かなかっただけで特に理由はありません。

年に2回くらいしか会えなくなっている子どもたちと、夏に会おうと、それも息子と娘と3人で遊びに行こうという話が密かに盛り上がっていたんですが、残念ながら3者の都合が合わずに、この夏はあえなくなりました。
でも、娘は自分の好きなよさこい踊りで、仕事の休みを利用しながらいろいろな場所で踊っているようで、仕事だけではない充実した日々を送っているようです。
彼女は、就職して3年ほどになりますが、就職する直前に「就職したら、好きな踊りもできなくなっちゃうのかな」と寂しそうに言っていたので、好きなことをやめる必要などどこにもないから、続けるべきだと助言したことがあります。それが自分を、自分の人生を救ってくれるぞって。
こんな話は自らの経験からいえたことで、私にとっては「音楽」がそれでした。音楽それ自体が自分にさまざまなことを教えてくれましたし、心の拠り所になりましたし、何より音楽が繋いでくれた仲間たちがたくさんできたからです。
息子はまだ大学生ですが、自分の行く道をはっきり見定めたようです。そのために、私が彼の年齢だったときには、とてもそんな行動を起こせなかったようなことを躊躇なくやりはじめているようです。きっとこれから先、彼のやりたいことを続けていければ、今まで以上に会えることも少なくなると思いますが、それはそれでいいと思っています。自分の道を、自分できちんと見つけられたというのは、本当にうれしいことです。
トンビが鷹を産んだ、と申しましょうか、親バカだとは思いますが、二人の子どもたちは本当に立派に育っています。
会えなくなって、次は正月に会えるかなぁと寂しく思っていたら「涼しくなったら会おう」とメッセージが入りました。
それがうれしくて、そのうれしさが消えないうちにと、いつものように日記代わりに歌を作りました。



[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-08 01:08 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)