40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2015年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

 ふと気づいたら、12月30日。大晦日まであと1日。なんとなく今年を振り返ったりしてみる。
 本当にイヤなことが多かった1年だった。生涯の中でこんなにイヤなことが続いたのも珍しい。それほど最悪な1年だった。勘違いもされたし、踏んだり蹴ったりだった。

 それで学んだのは、思考の変換。もう、無理はしない。冷たい人と思われようが、もういい。プライベートは自分の好きなように生きるの。染み着いた習慣ってのは、なかなか抜けないけどね。でも、人に裏切られるような思いを何度もしたっていうのは、無駄じゃなかったよ。苦しいときほど、人がよく見えるものなのかもしれないなぁ。

 プライベートくらい、自由にしなくちゃ。自分は自分だからね。なんでそんなことがずっとわからなかったのかな。人と合わせるために、自分を殺すのはもうやめにしよう。そう、思ってまだ半年くらいかな。まだまだだけどね。

 みんなもそうだと思うけど、イヤだなぁってことは毎日のように起こるね。がんばってきたことを否定されるようなこともしょっちゅうだ。今日もあったよ。でも、それも自分の蒔いた種だし、いろいろな意味で努力不足だったわけで。ドンと受け入れて、次の活力に変えなくちゃ。

 前に作った歌にこんな歌詞をつけたことがあった。
「イヤなことはやらない。君はそういって笑った。
 とてもステキなことだね、僕もそうしたいよ。
 努力なんて大嫌い。君はそういって笑った。
 とてもステキなことだね、バカ野郎って思った」

 すごく悔しいことがあって作ったんだけど、俺がバカ野郎だったなぁ。
 この年末年始は、もうほんとにイヤなことはやらんぞ~。イヤなことにふれそうなことには、近づかないぞ~。
 平穏にすごしたい。

 占いで、今年のはじめに見聞きした俺の運勢は「最悪の年になるから、じっとしているのがいい」というような内容だったんだよね。そのときは、楽しいこともあったし、「占いなんていい加減だよなぁ。俺にはあてはまんない、おれ、今ついてる」と思ったけど、ばっちり当てはまっちゃってね。占いってあたるんかな、って思っちゃったくらい。人って、気づかぬところで人を傷つけるんだね。

 で、来年はどうかっていうと、まだダメみたいなんだよね。だから、来年はじっとするんだ。仕事から帰ったら、家に引きこもることにしようか。今年みたいに、ろくなことがおこらないためにも、ちょっと自分を守らなくちゃ。

 さて、養命酒を飲んで、イヤなことをきれいさっぱり忘れて寝ることにしましょう。
 明日はきっといい日になるなんて、他人任せの甘いことを考えないで。おやすみなさい。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-30 01:45 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

連休初日の朝

 いよいよ今日から年末年始の連休が始まりました。目覚ましをかけないで寝て、いつもより遅めに起きまして、すごい解放感。洗濯機のスイッチを入れて、今年最後のごみ出しにトコトコ歩いていると、富士山がきれい。そして、その横に朝の月。ちょっと素敵じゃん、写真に撮らなくちゃと、部屋に戻ってカメラを持ち出しましたが、この数分の間に月は高いところに移動してしまいました。でも、せっかくだからパチリ。
d0350319_09340126.jpg

 朝食はトースト。購入してから大活躍のオープンレンジ。トーストを焼いている時間は、部屋の拭き掃除。毎朝のお掃除はやっぱり気持ちいい。そうだ、昨日圧力鍋を買ったんだ、今日は食材を買いに出ようなんてことを思いながら、ゴシゴシ、ゴシゴシ。

 新聞を読みながら、トーストをパクつく。神奈川新聞を購読しているけれど、実は朝日新聞のほうが好きで、それはiPadで読む。トースト2枚を平らげて、掃除機をかける。それが終わる頃に、洗濯機から終了の合図が。2日分の洗濯はそれほどの量ではない。すぐにそれも終わり、一服しながらこれを書いています。

 そんな感じの連休初日の朝。この連休の間くらいはブログのアップをFacebookでお知らせしようかなぁ。アップしっぱなしになると思いますけど、暇だったら読んでやってくださいな。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-29 09:53 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

圧力鍋

 煮込み料理のレシピを見ていると必ずといっていいほど出てくる固有名詞「圧力鍋」
 これを使うと調理時間が劇的に短くなる上に、おいしく仕上がる魔法の調理器具、というイメージを持たせられます。ずっと欲しいと思っていたんですけど、西武百貨店とかで見ると、どれも2万円とか3万円とかの値段。ちょっと手が出せないなぁと思っていたら、さすがAmazonさん。1万円ちょっとの小型のそれが、3700円で売ってた。

 ポチリと購入しちゃいました。

それがついに本日届いたのです!正確に言うと、コンビニ配送してもらったんです!意気揚々と小八幡のファミリーマートで受け取ろうと思ったら、ローソンに届けるようにしちゃってた。イカン!と、すぐに小八幡のローソンに車を走らすと、また「当店ではないです」。ん?イカン!国府津のローソンに指定していた。
 ってわけで、3軒目のコンビニでやっと手に入れました。

d0350319_01470166.jpg

美しい。なん美しいんだ!これで、明日からのクッキングライフがバラ色だ!
 と、一人悦に入っているところです。まずは簡単そうなカレーでも作ってみようかな、角煮にしようかな、と普通の主婦みたいに楽しみになっている私でございます。
 そんなわけで、日々、女子力あがってます。50のオヤジですけど。 
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-29 01:45 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)
 今日は12月28日、ジーズキャフェのジョージさんと、俺の兄貴の誕生日。ですが、世間的には御用納めの日であります。そんなわけで、この特別な日の昼食ですから、鰻重をみんなで食べました。

 で、最近このブログをよく書くようになったので写真も載せたいなぁと思っています。私が使っているiPhone6のカメラもかなり精度がいいのでそれを使えば問題なさそうなんですが、自分は5~6年前に買ったコンデジ(CANONのixy600f)も持っています。で、それにはeye-fiという無線で画像をとばすSDカードが入っていますから、撮ったらiPhoneとかに自動的に写真を転送しちゃうんですね。今まではあまり写真を撮る機会もなかったので放置してたんですけど、ここで復活させようかなと持ち歩くことにしました。撮るかどうかは別にして。

 ということで、鰻重を撮影してみました。
 どっちがiPhone6でどっちがコンデジかわかりますかね。ちなみに、iPhone6の解像度は変更できないのでデフォルトのまま。1枚あたり3MBくらい。コンデジも1枚あたり2MB程度で撮影しています。って、撮影したら1.5MB程度だった。つまり、解像度はiPhoneのほうが倍あります。

 では、ご覧いただきましょう。
 どっちがどっちわかるかな。全体と接写の画像を載せます。
d0350319_12305102.jpg

d0350319_12305252.jpg

もう一方。
d0350319_12305242.jpg
d0350319_12305220.jpg


 どうですか、わかりますか?
 答えですが、上がiPhone、下がコンデジです。

 コンデジのほうが明るく撮れてますね。ピントですが、コンデジはちょっと接写モードになってるかもな。
 解像度の低いことを考えても、さすが専用機です。これ、暗いところの撮影だとその差が如実に現れそうな気がするな。
 接写には明らかに差があります。iPhoneは一番近いところにはピントが合っておらず、ちょっと離れたところにピントが合っています。コンデジはその逆。つまり、接写はコンデジの勝ち。

 で、ブログにアップする写真なら、もっと低解像度でもいいんじゃないかと思いまして(Wi-Fiの転送速度も速い方がいいし、バッテリーの持ちに如実に現れますからね)、コンデジで1枚あたり600KB程度のものも撮影してみました。
d0350319_12305359.jpg
d0350319_12305306.jpg


 うわ、これで十分って感じ。
 ということで、ブログ用の写真はコンデジの低解像度で撮ることにしました。
 あと、コンデジはシャッター音がほとんどしないのもいいね。iPhoneのあのシャッター音、ちょいと耳障りだもんね。

 あ、肝心の鰻重。もちろん、おいしゅうございました<(__)>


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-28 12:28 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

今晩、拓郎ナイト

 年に1度のジーズキャフェ「拓郎ナイト」が開催されます。これは言わずもがなの吉田拓郎大ファンであるジーズキャフェのオーナー、ジョージさんの企画。例年、地元ミュージシャン数組と吉田拓郎のカバーをやらせたら、吉田拓郎よりうまい「井上ともやす」さんが登場する恒例のライブです。これに、私も呼ばれました。今回4回目ですが最初から参加しています。

 ただ、拓郎のカバーをやってもおもしろくないので、自分なりの工夫をしています。今回も、自分なりのギターと歌で拓郎の曲を2曲演奏します。

 「今はまだ人生を語らす」と「爪」を演奏予定です。
 「ジャンルは飯山」とデミさんにも言われたように、自分の拓郎を歌おうと思っています。

 共演は、AKIさん、シゲさん、土屋さん、萩原さん、ひーささん。順番はたぶん、あみだくじで決めます。
 使うピックもギターも決めました。あとは、夜を待つだけ。ワクワクします。
d0350319_12220136.jpg


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-27 12:21 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

掃除の楽しみ

 毎日お掃除をしています。出勤の直前にさーっと。今日みたいな休日はじっくりやりますけど、それでも10分もすれば全部すみずみまで掃除できちゃう。女の人に言わせれば当たりまえでしょうけど、男としてはマメなほうですよね。

 で、その掃除の楽しみが掃除機をかけること。それも、最近変えたラグマットへ掃除機をかけるのが楽しいんです。
 というのが、かける前と後では見え方が全然違って、かけたあとが気持ちいいんです。

これが、掃除前。

d0350319_09180150.jpg



これが掃除後。

 
d0350319_09180133.jpg


ゴルフ場のグリーンで草刈り機を使ってるみたいな。
 この状態にしておいて仕事から帰ってくると、なんだかホっとするんですよね。気持ちの問題ですが、空気も澄んでいるような感じになってね。

 こんな感じで、掃除洗濯食事ときっちりやっていると、どんなに忙しくても、気持ちにゆとりがでてくるもんです。まぁ、こういった家事も好きだから趣味の一つみたいになってるんですけどね。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-27 09:16 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

休日、朝の定番

今日は日曜日。お休みの朝は、定番の食べ物がこれ。
d0350319_08250222.jpg


フレンチトースト。
前の晩から砂糖と卵を混ぜて、ちょっと塩を入れたものに漬けて、朝は弱火でじっくり焼きあげます。焼く前にちょっと電子レンジで温めるのがふっくらと仕上げるコツ。
メープルシロップとバターをたくさん使って、レストランに負けない美味しさ!
いただきまーす(^^)
d0350319_08250298.jpg

美味しそうでしょ?
美味しいんです(^^)

[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-27 08:20 | グルメ・クッキング | Comments(0)

日常にある狂気

 なんかすごいタイトルですが、そっちのほうが「なに書くんだろ」って気がするでしょ(^^;アイキャッチですわ。

 日常の中にある狂気は、ニュースを見れば毎日確認できますね。「まさか、あの人がこんな事件を!」なんてのは、それの最たるものでしょう。
 でも、サッカーの試合でのサポーターの異常な盛り上がりとか、ライブでのモッシュとかダイブとか、興奮して全裸になっちゃうなんてのもその一つだと思いますね。そういうシチュエーションにあるから、普段はやらないようなことをしちゃった、みたいなね。

 そこで、前から思っている日常の狂気、それも静かな狂気は「恋愛」だと思いますね。「金」に絡むものも人を狂わせますけれども、もっと誰にでも普通に起こりうる「人を好きになる」という感情がわきおこった脳みそは、通常の人から見ると誤作動をしているとしか思えない行動をとらせますからね。
 「その人しか見えない」という状態はもちろん、やたら詩的な感情にとらわれたり。「うわっ、恥ずかしいぞ、お前」みたいなことを普通に言っちゃう状態。あれ、おもしろい。世の中にラブソングが多いのも、疑似的な恋愛感情が脳内に発生するからじゃないのかなぁ。一種の麻薬じゃないかと。

 恋愛による狂気状態は、あらぬ方向へ行かなければ周りから見ててすごくおもしろい。でも、あらぬ方向へ行きすぎちゃうとテレビニュースに登場したりするんでしょうから、おっかないよなぁ。
 まぁ、こんなことを書いているのは、恋愛に溺れている人は、泥酔して絡んでくる人よりも始末に負えないなぁって思ったことがあったからなんですよ。50にもなるとなかなかそういう感情が持てなくなっているのにも、一抹の寂しさを感じておりますがね。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-26 09:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

最近の夕食

d0350319_02314120.jpg

d0350319_02314149.jpg

d0350319_02314190.jpg

d0350319_02314272.jpg

d0350319_02314208.jpg

d0350319_02314291.jpg

d0350319_02314225.jpg


結構、ちゃんと作ってるし、食ってる。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-26 02:28 | グルメ・クッキング | Comments(0)
 先日、西武百貨店のロフトに行ったら、たくさんの手帳が売っていました。そうですよね、そういう時期ですよね。

 今回はタイトルのとおり、手帳の話し。

 自分は随分前からデジタルの手帳を使っています。使い始めたのは、東芝の電子手帳。「Wiz」って名前だったかな。「ザウルス」っていう今の携帯端末のはしりみたいなものがありましたが、ちょっとお値段が高めだったのと、多機能なものはそれほど必要なかったので、ザウルスの手帳機能だけを抜き出したようなものが欲しかったんです。Wizはまさにそれで、自分としては初めて実用に耐えうる電子手帳だと思ったものです。そのあとは携帯端末のうち、PalmというOSを搭載したものをずっと使っていました。Palmは入力の仕方が特殊で、アルファベットの略字みたいのを駆使して入力するわけですが、これが覚えるとすごく入力が早いんですね。最終的には、すっごく小さいキーボードや(小さくとも、入力は快適でした)カメラがついたソニー製のものを使っていました。

 そんな感じで、電子手帳を使っていた期間はかなり長い。でも、そのあとに自分の中に「手書きブーム」が起こり「ほぼ日手帳」を4年ほど使っていました。やはり、手帳はすぐに書けなくちゃね、って。即時性と一覧性は紙の手帳のほうに一日の長があるし、それに手書きという作業が脳を刺激して書くことによってそれを覚えちゃうってこともありますからね。

 私にそれを捨てさせたたのはiPadの登場でした。デジタルとアナログが融合したデバイス。「これぞ俺の待ち望んでいたものだ!」って感じでね。それで、またデジタルの手帳を使うようになり、今に至っています。

 紙の手帳の良さはわかっているつもりですが、デジタルの手帳はそれを補ってあまりあると思っています。紙の手帳のような文字を書くスペースの問題はありませんし、検索もできるし。
 でも、デジタルの機器単体で使うとあまり意味がなく、グーグルカレンダーのようなものと、常に同期をとることが前提だと思います。単体で使うなら、紙の手帳でも十分、いや、手書きの効果を考えると紙の手帳の方がいいかもしれない。

 これは何にしてもいえることですが、データの場所は一つにしておくことが大切。それをいろいろなデバイスから読めるようにするというクラウドの概念が手帳にも必要です。データの場所がクラウドにあれば、手元にある通信できる端末(iPadでもiPhoneでもパソコンでも)ならなんでも見ることも書き込むこともできますからね。これが便利、というか、今の私には必須です。

 紙の手帳だって「遊びのスケジュール」「仕事のスケジュール」「趣味のスケジュール」「家族のスケジュール」みたいに、それぞれの手帳分けて使うと(そんな人はあまりいそうもないですが)、ダブルブッキングをしがちだし、だいたい、仕分けをすると「これはどっちに書こうかな」ってものがでてきて混乱してまい、結果として「書かない」、書いたとしても「見逃してしまう」ということが起こりがちですからね。記録するのは一か所のほうがいいでしょう。

 それに、紙の手帳を使っている場合、その手帳を忘れたらスケジュールは確認しようがないですから。でも、データをクラウドに置いておけば、常に持って歩いているスマホでスケジュール管理ができるわけです。

 ですから、デジタル手帳といえども、単体のデバイスで運用するようでは、ほとんどうまみがないと思います。
 キーワードは「同期」なんです。

 その結果、今の私の手帳は「グーグルカレンダー」です。それを使う道具はiPhoneであったりiPadであったり、パソコンであるわけです。その時々で使うデバイスは変わります。これが、私の今のベストの選択です。

 デジタルの手帳を使ったほうが優れているということができる条件の一つは、紙の手帳に負けないくらい記録がすぐできることですね。これは、iPadなどのアプリが進化していることで、実現できています。
 それより、もっとも重要だと私が思ってるのは、文字を手書きよりも早く入力できる、使い手の入力スキルです。仮に少しくらい遅くとも、デジタルならではのコピーや予測変換で総体として手書きよりも早く記録できると思います。進化している音声入力を使える環境にあるなら、それを使うのも手です。実際、スケジュールの音声入力に特化したアプリもあって、かなり使い勝手がよく、私は一人でいるときには結構これを使っています。
 
 とはいえ、やはり手帳は手書きじゃなくちゃって人も多いと思います。それを否定するわけではありません。実際、私もデジタルの便利さよりも一時は紙の魅力を優先してほぼ日手帳をずっと使っていたんですからね。「手帳のデザインがかわいい」という理由も、十分にそれを選ぶ決定力になりますし、手帳に文字を書くこと自体が楽しいってこともありますから。

 ということで、私が書いたのはあくまでも「ビジネスユース」としての手帳のことです。
 好みは人はそれぞれ、使い方も人それぞれ。でも、もし、仕事に使う手帳を紙にするかデジタルにするかを悩んでいる人がいたら、この書き込みを参考にしていただけたらと思っています。

 ただ、もしデジタルを使うなら、繰り返すようですが、まずは文字入力速度のスキルを磨くことだと思いますよ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-12-26 00:30 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)