40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2015年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

土曜日に髪の毛を切った。
前回切ってから、ちょうど1ヶ月。前回は思い立って久しぶりに短髪にしたのだが、やっぱり何かと楽。一番は、髪の毛を乾かす時間が短くなったこと。それに寝ぐせもつきにくい。人から「いいじゃん」って言われたこともうれしいし。「清潔感がある」という感想が一番多いんだけど、髪の毛を短くするだけで清潔感が増すっていうのは意外だった。私の白髪を見て「化けもん」と言っていたおふくろもやはりそう言っていたし「それならいい」と、初めて合格点をくれた。まぁ、どうでもいいけど「化けもん」と比べれば、かなりのランクアップだ。




染めるのをやめて5年ほど経つが、白髪にしたら「きれいな白だね」と言われるのがうれしかった。後頭部はまだ黒いので、それが隠れる程度の長さにしていたんだけど、もうそれもどうでもよくなった。




急に髪型を変えたから最初は違和感があったけど、それにも直に慣れた。
だいたい髪型って、自分では気になるけど初対面の人から見たら、そのときの自分がすべてなんだよね。だから、似合う似合わないっていうのは、自分の主観だけであって、実は何が似合っているのかってわからないんだ。それより、初対面の人に不潔って思われないほうが重要かなぁなんて思った。




それにね短髪って、頭が軽く感じる。実際、髪の毛が短くなった分、軽いんだろうけど気分も軽くなる。丸坊主にするともっと気分も軽くなるんだろうけど、それは仕事的にもまずいかなぁって思いとどまっている。それくらい、髪の毛が短くなっただけで気分が変わった。




50才を目前にして、もう自分のやりたいようにやろうって思っていることの一つなんだけど、昨日書いた料理のように、今は自分の好きなことを比較的自由にやれるようになっている。
髪の毛をバリカンで刈られていたら、なぜかそんな自由な気分がが沸々と湧いてきて、それがとても心地よくて、あと何年生きられるかわかんないけど、嫌なことからはなるべく離れていきたいなぁなんて、メガネを取ってぼやっとしか見えない自分の顔を見ながら思っていた。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-31 19:00 | Comments(0)

料理

最近気づいたんですけど、俺、家事が好き。
掃除、洗濯なんて、嬉々としてやってるときがある。でも、料理だけはかなり適当。作っても、米を炊いて冷凍食品。いや、最近の冷凍食品はすごくておいしいしね。
ところが、最近にわかに自分の中で料理熱がわいてきているのを感じている。
ここんとこ、何かしら作ってる。




これも、古川社長から冷蔵庫をもらい、お友だちに「豚しゃぶ」の作り方を教わったことに端を発しているのは自分でも気づいている。今までの冷蔵庫は小さすぎて、使い勝手が悪かった。そこへあんなに簡単に、それもすぐおいしいものができるなんて!ってホントに驚いた。冷凍食品よりいいじゃん!みたいな。自分で味付けできるし。
そのあとに、ネットでレシピを調べてカツ丼作ってみたら、これがまたウマイ。自分で作ったっていうことを差し引いても、スーパーのお惣菜で売ってるカツ丼より数倍うまい。




そんなわけで、毎日のようにネットで料理のレシピを見つけては、保存するということをやっている。今は自分一人のためだけど、そのうち上手になったら誰かに食わせてやりたいと思うのだよ。
食はすべての源だからね、ちゃんとしたものを食べようって。
病気になって体重が8キロ減ったけど、ここんところ2キロ太った。ここらへんで留めなくちゃとも思うけど、これは料理のおかげだな。
掃除、洗濯、料理とどれも好きになったら、便利な男になるな。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-30 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

俺は今年、最悪らしい

最近、またtwitterをコソコソとやっている。
Facebookが、なんとなく性に合わなくなってきたっていうのもあるんだけど。
なんとなく、twitterのほうがおもしろいなと。Facebookを頻繁に書くようになって、久しぶりに会う人や初対面の人から「Facebookでご活躍は拝見してますよ」なんてことを時々言われるようになった。なんとなく、違和感ですよね。あぁ、おれ、私生活と自分自身を露出しすぎてたかもなぁと。




どこかに食べに行っちゃ「これ、うまい」とか書いてたり、ライブすりゃ、人に撮ってもらった写真に「がんばりましたー」みたいなこと書いたり。
なんで、あんなだったかな。
病気になって、しばらくFacebookから離れてみると、暇があると見ていたくせに徐々に気にならなくなってる。たまに見ると「うわっ」と色んな意味で思う。細かく書くと語弊もあるし、勘違いされるのもなんだから書かないけど、今はこうしてブログをつらつら書いたり、なんでもないことをちょこっとtwitterに書いたりするほうが面白い。




職場で同窓会の話をしているときに、ある部下が「同窓会で盛り上がれる人っていうのは、ある意味満たされている生活をしているんですよ。幸せですよ」と言われたことがあったんだけど、なんかそれと相通ずるものがFacebookにはあるような気がする。
いまは、自分にむけてこういうふうに書くことが楽しいもんなぁ。もともと、ひきこもり体質なのかもしれないなぁ。




まぁ、とにかく今は静かにしていよう。占いによると今年は生涯の中でもっとも運の悪い年らしいから。ホント、今年はいろいろある。後から振り返ってみて、平成27年という年はひどかったんだ、と笑って話せるようになるといい。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-29 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

占いのダイレクトメール

最近、どこかで登録しちゃったのか「占い」のダイレクトメールがすごく良く届く。
つまり「あなたは今、すごくツイてる時期だから、それを逃さないためにも相談にのります!」的なもの。もちろん、その相談は有料になるわけです。





でね、へぇ~って思ったのは、どれも「金運」と「恋愛運」がサイコー!って言ってるの。
つまり、占いをお願いする人は「金運」と「恋愛運」ばっかり聞くんだろうなって。仕事がツイてる!なんてメールは一本も来ないんですよ。1日に5~10通くらい届くのに。




そのダイレクトメールの内容が結構面白いので、メールの送信を止める依頼をしてない。
っていうのが「あなたは400年に一度の強運時期に来ている(400年前には俺、いないんだけど)」とか「長者番付にのるくらいの大富豪になる運気が、来週の土曜日に迫っています」ってくらいのものは、ホントに当たり前のようにあるんですけれども、一番おもしろかったのは「私は前世であなたの妹でした。私達には親が無く、とても苦労したのです」などと前世で俺がしたことなども綿々と綴っていて、だからあなたが前世で行った正しき行いのおかげで、今になって金運が最高になっているのです。この時期を逃したら大変だから相談して、みたいなの。この前世の話はすげぇ長文だったけど、面白かったですよ。ちなみに、「前世の妹」は、今、男でした。
ホント、いろんな意味でごくろうさま。




あの手この手で書いてきて、面白いですよ。どれも「あなたはツイてる!」って言っているわけなので、それほど悪い気もしないし。
俺のほかにも、たくさんこういうダイレクトメールをもらってる人、いるんだろうな。で、強運を自分のものにするため、相談料を払ってんだろうな。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-28 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

新しいタバコ「iQOS」

フィリップモリス社から、新しい概念のタバコが9月1日から発売されるらしい。
ファミリーマートで、その宣伝を見つけた。
iQOS(アイコス)」というらしい。なんか、Appleっぽいネーミングが気になりますけど、従来の電子タバコと違うらしい。
っていうのが、電子タバコっていうと、ホントのタバコではない。タバコもどき。豪勢なパイポ。
でも、このiQOSは、実際のタバコを電熱で熱して吸うから、立派なタバコ。もちろんニコチンタールもある。
専用のタバコと専用のパイプみたいので吸うと、臭いや煙が出ないんだって。だから禁煙グッズではない。新しいカタチのタバコなのだ。




ちょっと興味があって調べてみたんだけど、このパイプ本体自体の価格が1万円近くするのと、マールボロ銘柄の専用タバコも1箱460円。
1本を吸うための時間(6分くらい)と、吸う回数(12回だって)が決められていてそれ以上になると、電源が切れて吸えなくなる。こういうカタチのタバコだからニコチンの量は表示されてないけど、けっこうガツンとくるらしい。
あと、吸い始めるまでに20秒位時間がかかるらしいことと、1本吸ったら何分か充電しないと使えないって。
うーん、イライラするからタバコを吸いたくなるんだけど、すぐ吸えなくてイライラしそうな予感(^_^;)




煙や臭いがないのはとてもいいけど、普通に考えるとそれほどメリットはないな。特に俺みたいに車の中でも自分の部屋の中でもスパスパ吸っちゃう人には。
タバコだから、禁煙場所だはもちろん吸えないし。もっとも、電子タバコもマナーとして禁煙の場所じゃ吸えないけどね。





でも、新しもの好きや部屋の空気を汚したくないって人にはいいかも。
そう考えると、自分も車の中や部屋へはタバコのきらいな人も入ってくるから、持っててもいいかもなぁ。
でも、1万円かよ。高いな。誰か、買わないかな。んで、試してみたい。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-27 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

夢は「防音室のある家」

この間、部下と車で外出。その雑談の中で、突然ひらめいたのが、防音室。
私の部屋には「だんぼっち」があるんですけど、考えてみたら空いてる部屋に防音室を作っちゃえばいいじゃん、って。
そうだ、だんぼっちじゃなくて、本格的な防音室を自分の家に作れるはずだ!
なんか盛り上がっちゃってね、一人で。とくに興味がないであろう部下を巻き込んで、5年くらい先ならできる気がするよぉとか、2階にある部屋がいいかも、いやダイニングを半分にすりゃいいのかも、とかね。




こうなると、5年先とか言ってないで、早くやりたくなっちゃうよね。今は事情があってできないですが、絶対できるよ。つくろいさんに頼もうかな。そしたら、ぱんちょさんはいつでも使っていいから(^^)





なんか、そういう楽しみが一つでもあると、毎日がワクワクしてくるよね。マジに設計図とか書きたくなっちゃうよ。
絶対作るぞ、防音室!
そしたら、だんぼっちは誰かにあげるよん。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-26 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

歌が大好きなんだよ。

この間の土曜日は伊東でライブ、日曜日はイトーヨーカドーで行われた「巡礼サマーフェス」に小田原城ミュージックストリートとして、イベント参加。自分も演奏させていただきました。




こういう二つの「ライブ」は、はっきり別物だと思っています。
ライブハウスやライブイベントのように純粋に歌を聞きに来てくれる人には、自分の曲を歌います。まず、カバー曲は演奏しない。だって、そこは自分を表現する場所ですからね。そして、喜んでいただけたらいいんだけど、やっぱり趣味の違いはあるので反応は様々です。
でも、商店街のようなイベントで設けられるステージは違うと思います。買物にきたお客さんが気軽に聞くところですから、小難しい自説を展開するようなオリジナル曲はそれほど求められてはいないと思います。やはり、耳障りのいいおなじみの曲がいいと思いますね。その中で、自分の曲をからめて表現するほうが、主催者も望んでいると思います。相当オリジナルに自信があっても、ちょっとここは大衆になびいてもいいとおもうんだよな。
実際、日曜日のイベントでは7割方カバー曲を歌いました。そのほうが聞いてくれる人が多いので、単純にうれしい。で、オリジナルを歌うとそれも聞いてくれたりするんで。




賛否両論は当然あると思うけど、自分はジャカジャカでの「show和!」のようなライブイベントのおかげで既存の曲のレパートリーが増えているんですよ。それも、自分が「これはぜひ歌ってみたいなぁ」って思うものがね。




あ、つまりはこれも自分の表現なのかな。
でも、確実なのは、どんなものであれ「歌が好き」ってことだな。単純なことなんだよね。好きなことを好きなようにやっているだけだ。
こういう気持ちを忘れないでこれからも音楽活動をしていきたいな。

とかなんとかいってますけどね、イトーヨーカドーのステージで、ギターのミスとか歌詞のミスを連発したのが許せないんだよなぁ(^_^;)。それも、みんなが知ってる曲で。あー!悔しいぃ!!練習!練習!!

[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-25 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

カエルと合唱

久しぶりに曲を録音したので、公開。



かわいい、ちいさい曲ですよ。


こういう、なんともない歌が好きなんですけどね。




↓ここから聴いてください。





[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-25 01:19 | 音楽 | Comments(0)

信じるものって?

時々、自分は「頑固者」と呼ばれることがあります。
でも、自分では全然そんなことは思っていなくて、頑固者どころか優柔不断な嫌なやつと思っているですよね。
ただ、この間ぱんちょさんにそう言われて、しばし考えた時、自分が大切と思ったものの考え方は確かに変えていないなぁと思いました。それが頑固者というかどうかはわからないけど、自分の感覚を信じるところがあるのかなって。
でも、自分の考えがよくまとまっていないものに対して人の助言などがあると、すぐに「なるほど」と思ってしまう。自分には、自分の考えがまとまっていないものがすごく多いから、優柔不断って思っているんです。数少ない自分の考えがまとまっているものに対しては意見を変えないだけだと。
そう、自分を分析しました。




どっちかというと感覚を信じるほうで、さらに人を信じてしまうタイプなんだよねぇ。
だから、他人の言うことが変わるとすぐ気づく。それが自分にとって大切なものだと余計に「え?」って、頭の中が?マーク一色になるんだなぁ。これは、いいことなのか悪いことなのか。
で、信じていたものに裏切られると憎しみよりも、すごくガッカリする。で、頭の中が?マーク一色。悲しくなっちゃう。
人の考えなんて、日毎変わるものだと思いながらも、大切なものが反故にされると痛く傷つく。そんな自分に、この歳になってやっと気づいた。
もうね、毎日気づきの連続ですよ。
生きてるだけで幸せものなのに、ほんの小さなことに傷ついたり、変にはしゃいだり。つまらんことにウジウジ考えたりする。イヤになるほど小さいヤツ。
でもさぁ、信じられるものってなんだろうなぁ。信じていいものってなんだろうなぁ。
なかなかわかんないですね。
もっとさぁ、冷静にいたいと思うんだけどね。これからもこういうのが続くんだろうね。でも、それはそれで楽しいとも思うけどね。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-24 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

伊東でのライブを終えて

昨日は、伊東でのライブに出演しました。イベンターであるAKIさんがブッキングしてくれたのです。「渚のアコバトル」っていう企画ライブです。






AKIさんのブッキングするライブは、出演者のみなさんがいつもすごい。アコバトルっていう名前のとおり、個性のぶつかり合い。自分のライブより、他の人がどうなのかっていうほうが楽しみな珍しいパターンをいつも味わっています。
今回のメンバーもすごかった。

AKIさんが、オープニングで3曲歌ってくれました。ジーズキャフェのジョージさんが顔を出してくれたので、急遽歌ってくれたんです。ジョージさんに気を遣って(?)拓郎のナンバーも歌ってくれて。AKIさんの声、おれ、好きなんですよ。
で、そのあとは、私が歌いました。歌い慣れた曲を中心に歌いましたが、みんな静かに聞いてくれて、感謝。客層に年齢の高めの人が多かったので、なんか変な安心感(^_^;)
次は、めちゃくちゃノリのいい、福井コウダイくん。会場は目一杯盛り上がって、ギターを弾く手を止めて、みんなの拍手で歌っていると思ったら、ギターまで置いちゃって、なんだなんだ?と思ってたら、着替えてた。すごいな、これは。笑った。マジで。
次は、はやぶさジョーンズさん。神津島に住んでるんですって。ライブをやりにくるだけでも大変なんですよって。そりゃそうだよね。台風で船が欠航しているから帰れるか心配してました。で、意外なことに私の同業者だったりして、ライブ前にもそんな話で盛り上がったんですが、たぶん彼は一人でアウェイだった私(みんな住んでいるところはまちまちだけど、AKIさんを介してすでに知り合いの人がおおかった)に気を遣ってくれたんだと思います。やさしい。そんな彼の歌詞がね、いちいち心に沁みてね。いい歌い手さんだなぁって思いました。
次は、AKIさんが最近イチオシなんじゃないかと思っている仲街よみさん。この人がまたすごい。きれいな20代の女性なんですけど、その若さにしてこんな歌詞書くの?って。中島みゆきを彷彿とさせるその世界には、引き釣りこまれました。いや、よかった。ホントに。最近、女性ボーカルを好んで聞いちゃったりしている私なので、余計でしたね。あの風貌で、この歌か、っていう。
最後はモリクン。昔組んでいたバンドでドラムをしていたという女性をカホンで従えて登場。もうね、さすがトリを取るひとですよ。1曲めからやられました。「夢を叶えよう」なんて歌が巷で流れまくってる昨今、夢をみないで楽になったよという内容の歌。いやぁ、なんとも説得力があるっていうか。どれも説得力のある曲ばかりで、CD買い忘れたのを悔やんでいます。




そんな感じで、誰ももう一回聞きたい!って人ばかりでした。夢中に聞きすぎて、写真を1枚も撮らなかった(^_^;)
でも、知らない土地で知らない人ばかりのまえで歌うっていうのは、本当に刺激的で楽しいです。俺を知らない人だけに、反応もダイレクトですからね。いいねぇなんて声をかけられると、ホントうれしい。

それに今回は小田原からも仲間がはるばる応援にきてくれました。
さっきも書いたけど、ジーズキャフェのジョージさん。前日に電話がかかってきて「伊東でライブやるんだって?車、載せてって~」って。うれしかったなぁ。で、いつもつるんでいたけど、3年近くライブから遠ざかっていた小山くんもいっしょ。最近、小山くんとはまた良く会うようになってね、なんかこの3人で車にのっていると、あー、なんか俺の原点だなぁ、なんか時間が戻ったような感覚だなぁって。
それに、お互いに兄弟といっているわをんの竹原泉ちゃんも来てくれた。仕事を終えて、電車でガタゴトきてくれたんですよ。本当にうれしかったよ。
みんな、ありがとうね。




あと、病み上がりの俺が、遠征してライブしてくるというのが心配だったのね、自分でも。また疲れちゃうんじゃないかって。でも、全然だいじょうぶでね、ライブも落ち着いてできたし。7月にやったときよりも気力が充実していました。ちゃんと自分の意志でやりきった感じがしました。だから、本当にやってよかったなぁって。自信が徐々に戻ってきましたよ。




そうそう、場所は毛利遊子さんっていう、ものすごい存在感のある女性のお店、「天使の遊びviva」というこれまた素敵なお店だったんですよ。遊子さんにも久しぶりに会えたしね。




そんな感じで久しぶりに、楽しいだけでない、充実感のある1日でした。
力を蓄えられた感じです。
これも、ブッキングしてくれたAKIさんのおかげ。またAKIさんのブッキングのライブに出演したいなぁ。あの演奏者の中に自分がいるだけでうれしかった。
本当にみなさん、ありがとうございました。



 



d0350319_18363597.jpg




そして、ギター。いい音をだしてくれてありがとう。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2015-08-23 19:00 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)