40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なんか、おかしくね?

先日、なんとなく喫煙率のことを調べていました。当然のごとくそのパーセンテージは下降の一途。なるほどなぁと思いながら、じゃ、肺ガンの発生率も少なくなっているんだろうなと調べてみたら、なんと上昇しているではありませんか!

一方、この環境破壊や食べ物の危険性が叫ばれる中で、昔の食生活などが見直されています。「昔は良かった」の大合唱。でも、平均寿命は延びています。
医療の進歩が大きいのでしょうけど、それだけじゃないでしょう。

原発の話しだってそう。だいたい唯一の被爆国なのにも関わらず、核を積極的に使うっていうのは理解しがたい。
「被爆国だからこそ、いまのその安全性を公にする」なんて言葉が詭弁にすぎないことは、小学生だって気がつく時代だ。

なんか、おかしくないか?本当のところはどうなんだ?俺たち、なんかだまされてないか?
みたいに思っている、最近のわたしです(^^;)
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-31 10:25 | Comments(0)

人事異動の季節

今年も新しい仲間と出会い、別れていく季節になりました。
ともに働くことのできる仲間が来る楽しみと、去って行く人への寂しさとがない交ぜになる複雑な季節です。
わたしにとっては毎回、寂しさのほうが強い季節です。
今回も寂しい。お世話になった人が辞めていったり、仲良く仕事をしていた人が別の職場に行ったり。きっと新しい仲間との出会いによって能天気な私は、またいつものペースになるのでしょうが、今は寂しいです。

今回は寂しさに加えてうれしいこともありました。
私が今の仕事にとどまっていられることを喜んでくれた人がたくさんいたことを知ったことです。
これは、本当に嬉しい。
みんな、ありがとう。心から感謝します。また、一緒にがんばりましょう。がんばりすぎないように、気をつけるからね。

体には、気をつけて。
いろいろあると思うけど、健康ならどうにかなります。
体だけには気をつけて、お互いがんばりましょう。
ありがとう。ありがとう。
笑って、また会いましょう。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-31 04:43 | Comments(0)

音楽でつながる

先日、平塚のパイプラインというライブハウスにお邪魔しました。SWAMPSのハットさんのオープンマイクに参加してきたのです。
平塚で歌うのは久し振りです。たまには遠征して他の地域のミュージシャンたちと交流をもつのもいいと思いまして。
ほんの隣の街なのに、知らないことがたくさんあります。いろんな人がたくさんいます。音楽仲間の稲くんと一緒に行きました。
初めての場所というのはとても緊張するものです。といいながら、年を重ねると図々しくなるのでしょう、それほど緊張せずにいられました。年齢より、場数かなぁ。
そこで私をまっていたのは、笑顔でした。みんな、音楽が大好きって感じの人ばかりなんでしょう。初対面とは思えない感じです。小田原以外のミュージシャンとこんな時間を過ごしたのは初めてかもしれないです。
それぞれの演奏はすばらしく「わぁ~すげー!」の連発です。世の中にはいろんな人がいるなぁというのが率直な感想です。
最後は演奏者全員が参加してのセッションです。お題目はRCサクセションの「雨上がりの夜空に」
これまた楽しくって、あっという間に時計は12時近くなっていました。これもみんなほとんど初対面とは思えないいい感じの演奏でした。
こんなことがあると、音楽ってものを媒体にみんな前からつながっていたんだなぁ、こういう関係は日本中で、いや世界中で成立するものなのだろうなぁって思いながらの帰り道でした。
また、行こう、平塚パイプライン。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-28 22:07 | Comments(0)

体調

ここのところ、どうも体調がすぐれません。夜になるとだるくてだるくて仕方ないし、肩こりはずっと治らないし、頭痛がちだし。
こうなると、なにをやるにしても億劫になっちゃっていけませんね。自分を奮い立たせて過ごしている感じです。時々あるんですよね、こういう軽い鬱状態。
何だろうな、更年期かな^^;

あ、わかった。花粉症の薬のせいだ。
でも飲まないともっと悲惨なことになるしなぁ。
あぁ、悩ましい季節はいつまで続くの。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-21 12:30 | Comments(1)

新しい特技だけど

もう、何度も書いているようですが、ホントに最近はiPhoneのフリック入力にハマっています。
結構はやく入力できるようになっているので「新しい特技だな」なんて自分でも思ったりしております。
ちょっとしたメモをとるのにもiPhoneを使うようになっているんですね。もちろん仕事のメモも。iPhoneで入力してEvernoteに保存しているわけです。
でも、これって他人から見たら携帯を仕事中にいじっている不届きな奴って見えてるんじゃないかと、心配になるときがあります。私はそういったことはあまり気にしないタイプなのですが、使う頻度が高くなっているし、自分は両手で入力しているから余計にゲームっぽい感じなのですよ。
そんなわけで、さすがに気になり始めました。マジに「いま、仕事のことやってます」みたいに自分に貼り紙をしたい気分です(^。^;)
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-19 12:41 | Comments(1)

ライブは難しい

今回のジーズキャフェでのライブは事前に練習を一生懸命やっただけに、コケたところが悔やまれてなりません。
これって、試験勉強に似てるところがあるなと思いました。
珍しく勉強して試験にのぞむと、わからなかったところや間違えたところがハッキリわかって、結果をみる前に自分の点数がわかる。
かたや全然勉強してないと、基本的に全部わかんないですから、答案用紙の欄を埋めるだけで「解答できた」=「点数とれた」と勘違いしちゃう。あと、勉強しなかったんだから仕方ないよなーみたいにハナからあきらめてる。
ライブも練習不足だと「まぁこんなもんか、練習しなかった割にはよかったかな」とか思っちゃう。 
なんか、ちょっと情けない気分になりました。ほかのメンバーがいいパフォーマンスをしていただけに余計にね。
来ていただいたお客さまのためにも、もっと練習しなくちゃなぁと反省しきりの飯山でございます。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-19 12:36 | Comments(0)
今日、昼に飯でも食いながら買い物でもしようとロビンソンに行ったら、キャニオンステージに黒山の人だかり。
何だろうと思って覗いてみると、どうもあと10分ほどであの八神純子さんがチャリティライブをやるらしい。
おー、そうか、いいところに来たなぁとloftでブラブラとしながら始まりを待つことにした。
3階から聞ければいいやと思ってましたが、始まったら途端にその声の素晴らしさに1階まで降りました。
すげーなーと思って見てると、続々と知り合いが。
その中でも地元衣料品店社長のY君は、今日はスタッフとして偉そうにしてる。どうもリアルに八神純子ファンで、すべてのレコードを持ってるらしい。それを持参して八神さんにサインをしてもらったらしい。で、八神さんのイベントなら手伝いたいとすっかりスタッフにおさまっているというわけだ。
「いいやまー、CD買えよなー、まずはベスト版買えよ、あとで握手できるから」と、別に握手してもらわなくてもいいんですけど状態でCD購入。
d0350319_18362644.jpg

彼と雑談しながらだったからしっかり聞けなかったけど、いい歌声ですよ。さすがですよ。全然衰えてないですよ。それどころか若い頃よりいいんじゃないかと思います。ベスト版、買ってよかったですよ。なんて思いながら、昼飯を食って、またキャニオンステージの前を通ると、握手会の真っ最中。大変だなぁと思っているとさっきのYが「おー、握手してって。チャリティー募金してって!」と、デカい声。しっかり募金も握手もしていきました(^。^;)

彼に話を聞いたら、八神さんはアメリカに住んでるんだけど、震災の復興活動を熱心にしていて、これから義援金を自ら被災地に届ける途中で小田原に立ち寄ってチャリティーライブを開いたのだそう。だから出演料はもちろんなしでライブをしてるんだって。すばらしいですね。
歌声もよかったし、いい話をステージでもしてくれたし、得した気分で帰ってきました。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-18 16:12 | 音楽 | Comments(0)

「べたなぎ」でライブ

最近、とてもうれしいことに「ライブをやりませんか、歌を歌いませんか」というお誘いが増えました。
その中でも特にうれしかったものが二つあります。
ひとつは以前の日記にも書いた「とろろや」さん。
そしてもう一つは「べたなぎ」さんでのもの。
べたなぎさんは鴨宮駅前の魚料理がとてもおいしいお店で、お店の作りからしてライブなんてものはまるで想定していない感じ。それはとろろやさんも同じですが、一番違うのはお客さんが「歌を聞きにきているわけではない」こと。
これは非常に大きい問題でして、ライブハウスのようにライブを前提に来ているわけではない客の反応は、ライブハウスでのそれとは全く違うわけです。
2ヶ月前から毎週木曜日に、この店で歌うことになったぱんちょさんは、当初かなり痛い目にあったといいます。ただ飲みに来ている客からは「うるさい」という視線を浴びせられ、音量を下げてくれと言われたり、店全体が退いていくのを感じたり。それは、一緒に行動されていたちょ~さんも熱く語るところで、かなり苦労したそうです。

でも、めげずに店長と議論をかわしながら続けていったのです。それでもアウェイ感はかなりある中での演奏に、他のミュージシャンを誘うのに二の足を踏んでいたのですが、先週の木曜日に「くーるだでぃず」の仲間として、私と輪音の竹原さんに声をかけてくださいました。
オリジナル曲だけだと難しいので、カバー曲も何曲か用意して、客の反応を見ながら一人2曲程度ってことで。

果たして当日。7時から現地入りして食事をしながら、出番を待ちます。
店はほぼ満員。ぱんちょさんたちの話のとおり、完全に普通の飲み屋状態。確かにこの雰囲気を切り裂いて歌うのは、かなりの勇気がいります。
それにしても食い物がうまい!これを食べているおかげで、かなり緊張感がほぐれます。でも、なんとなく緊張しながらの時間が流れていたところ、店から声がかかりました。

いよいよ出陣です。最初は竹原さんになりました。
緊張の第一声。
「こんばんは」というあいさつに何事かとこちらを見る店中のお客さんたち。竹原さん、その緊張感に「この完全アウェイな感じの中で、頑張って歌います」と、非常に正直なコメントを発しながら演奏にはいります。ちょ~さんは店の雰囲気を見ながら音量などの調整をしています。
ここで驚いたのですか、ほとんどのお客さんが聞いているのです!これはすごい。竹原さんの穏やかな歌声が、店の雰囲気にマッチして「竹原ライブ会場」になっていっているのです。まぁ、素晴らしい歌声でした。歌い終わると店中から拍手が。ぱんちょさんも、すげぇ、客が聞いてる、、と驚いています。
2曲を歌い終わり、拍手の中、私とバトンタッチ。「ハードル、上げられちゃいましたね」というちょ~さんの言葉に、ホントだよな(-.-;)と苦笑いしながらも、負けちゃいられないという気持ちがない交ぜになった微妙な心境でマイクの前にたちました。
そこで感じたのは、お客さんに聞く体制があることです。竹原さんが作った雰囲気をいただいちゃった感じでちょっと安心しました。みんなの知っている曲ばかりをやろうと思っていたけれど、客の反応をみて、オリジナルへの布石を兼ねて良元優作の曲をやってみましたら、これがまたちゃんと聞いてくださった。
いやぁ、うれしかったですね。スゴくうれしかったですね。
そしてトリを努めるのはもちろんぱんちょさん。客を巻き込んだパフォーマンスは「さすが」の一言につきます。自作の「べたなぎ」のテーマソングを交えて、安定感のある時間はあっという間に過ぎました。

店長の話を聞いたら、木曜日にはライブをやるというのが浸透してきて、特にカウンターのお客さんはみんな歌を聞きに着ていたそうです。だからあの雰囲気だったんだと納得。
これも、ぱんちょさんとちょ~さんが、めげずに2ヶ月間頑張ってきた賜物です。その恩恵に預からせていただいたわけで、大感謝です。

そして、10時過ぎにすべての客が入れ替わったところで二回目を演奏。今回はオリジナルのみ、歌いました。いいお客さんたちでした。

店長さんからは、またぜひ歌ってください、とのうれしい言葉がありました。
こういう場所で歌えるって、とてもいい刺激になってとても楽しかったし、有意義でした。
ぜひ、また演奏しにいきたいです。
そしたらぜひ、みなさんも聞きにきてくださいね。魚料理、抜群ですし(^_^)v
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-18 11:56 | 音楽 | Comments(1)

未来の日本語入力環境

私がパソコンへ文字を入力入力するときに一番速いのはやっぱりキーボード入力ですが、最近はiPhoneのフリック入力にかなり慣れてきたという話は以前書いたことがあります。
ですが、また最近面白い入力方法を見つけました。
それは、ATOKPad。

iPadやiPhoneといったATOKが使えないデバイスでも、快適なATOKの入力環境を再現しようと開発されたソフトです。
さすがATOKだけあって、日本語変換効率は素晴らしいものがあります。
そしておもしろいのは、iPadでもフリック入力ができること。
iPadのソフトキーボードは、決して入力しやすいものではありません。タイプは自体は速いのですが、両手入力している感覚が薄い(クリック感がない)ので、いかんせんミスタッチしやすい。ソフトキーボードならフリック入力の方がミスタイプが少ないので、結局入力は速くなるのです。
予測変換もさすがにiPhone譲りだけになかなかのもの。一文字だけ入力しただけなのに、目的の言葉が候補にあがってきたりして便利この上ない。入力が速い理由はフリック入力を必死に練習してきたからでもあるわけですが、こうしたソフトのアシストも大きいのです。

それにしても、iPadはこうした日本人入力環境だけをみても非常におもしろいです。手書き認識でもあの一太郎を作った人が手がけた「7notes」という優秀なソフトもありますし。
私はqualityキーボード(つまり現在の一般的なパソコン用キーボード)は、向こう50年は生き残る一番ポピュラーな入力デバイスだと思っていましたが、文字認識に優れたソフトの登場、つまりアップルコンピュータのSiriのような音声認識ソフトもかなり実用的になってきたところを見ると「いよいよキーボードがいらない時代になっていくのかなぁ」としみじみ思う今日この頃の私です。

ちなみにこの文章も、iPhoneのATOKPadで作成してみました。
入力自体がおもしろかったし、なかなか快適でしたよに(^o^)
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-08 23:41 | Comments(0)

パソコンショップの罠

先日の新聞チラシに非常に魅力的なものを見つけた。高速インターネットとの同時契約でMacBook Proが3万円を切る金額で買えるというものだ。
自分のMacBookはかなりへたってきていて、そろそろ新しい機種が欲しいと思っていたところだし、いつでもどこでもネットへつなげるためのWimaxもバッテリーの持ちが悪くなってきたし、だいたいマックとの相性が今一つなので、別のキャリアに変更したいと思っていた。
つまり、高速インターネット契約を今のWiMAXからLTEという規格の高速インターネット接続を3月15日から開始するイーモバイルに乗り換えることで、パソコンまで安く買えるということだ。
こりゃ、俺のためにあるサービスじゃないか。3万円で新しいMacBook proが手には入る上に、今より安定しているネット環境が手にいられるってか?!

すっかりその気になって新しいMacBookを手に入れるべく、本日そのチラシの発行元であるPCデ○に出かけていって、そのセット商品を説明する看板の前で腕組みをして、内容を確認しました。

うん、間違いない。これ、買おう。

と思ったら、その気持ちを察したかのようにお店の人が近づいてきた。
「何かご質問があったら、承りますが」
早速、その商品が欲しい旨はなして、一応「イーモバイルの新しいサービスに加入したいんだが、それでもこの特典は適用されるか」という、通り一遍の質問をした。
「もちろんです。ただ、このすべてのサービスにご加入いただくことになります。特にこのアップルケア プロテクション プランというものにもご加入していただくことになりまして、つきましては、月々の支払いが9000円弱になります」

おい、待てよ。いま、なんつった?月々の支払いが9000円?

「いえ、9000円じゃなくてですね、8千数百円といったところです」

あのね、今、俺はWiMAXに月に3800円ほど払ってるのよ。それでさえ安くならないかなぁって思ってるわけですよ。で、なに?このセット買うと、なんたらかたらで月々8000円オーバーになるわけ?それって、ちょっとびっくりなんですけど。

「はい、そのとおりで。このアップルケアが結構高いんですよね」

あのね、それ、ちょっと詐欺っぽくない?月々9000円も払うなんて、どこにも書いてないよ。そりゃないよ、ひどいよ、それ。
ってことで、じゃ買えないから帰るわ。

・・・という顛末でございました。こういうの、よくありますよねー。昔、メガネスー○ーのチラシみて「7000円でメガネが作れます」って書いてあったから、これまた意気揚々として店にいって検眼したら「お客様の度ですと、7000円はちょっと難しいですね。薄いレンズにする必要があるんですよ」と。じゃ、いくらになるの?と聞くと・・

「5万円ほどになります」

思わず、きれいなおねーさんに「おめーよー、いい加減にしろよな」と、つい言ってしまったのを思い出しました。

まったく、油断も隙もありゃしないって感じですな。
しかし、新しいパソコンが買えると思っていたから、結構ショックでした。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2012-03-08 22:15 | Comments(0)