40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

自分は、あきらめません

悲しいニュースばかり届いている気がします。
自分が歳をとったせいかもしれないけれど、
大切な人が、どんどんいなくなってしまいます。

でも、まだ自分には時間がたくさんあると思っています。
自分で、時間を短くしない限り、自分にはたくさん時間があると思っています。

自分の時間を人にわけることはできないから
だから、自分の時間を大切にしたいと思います。

本当に、そう思います。

合掌。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-18 22:34 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

嘘だろ

加藤和彦まで死んだって?
いい加減にしてくれ
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-17 19:12 | 音楽 | Comments(1)

ドック→茶水

d0350319_18353725.jpg

今日は人間ドックでした。
朝8時半に関内にある検診センターに行けばよかったのですが、早く受付をするとすごく早く終わるので、8時10分前には現地にいました。2番手。これは終わるのはやいぞーっと思っていたら、10時過ぎには終わりました。やったね。結果も文句なし。やったね。3.5キロもやせたとほめられましたが、去年はマンリーへ行って6キロ太って帰ってきた直後ですから、自分としてはまだちょっと太り気味なんですけどね。特にやせようとして落ちたわけでもなく、それにここのところ昼飯を食いすぎの日々が続いていてちょっと太ったかなって思っていたから、3.5キロの減は意外でした。ふつうに生活してりゃ、太らないってことだな。まずはよかったよかった。
そして、足が向かったのは楽器街のお茶の水。久しぶりにきましたよ。いま午後2時。長い時間お散歩したので、マクドナルドで休憩しているところです。
今日は最近自分の中ではまっているYAMAHAを中心に見ています。
思いのほか、玉かずが少ないんだよね。だからまだ試奏はしていません。このマックシェイクを飲み終わって、一段落したら、何本か弾いてみようかなって思っています。
土日は、仕事にイベント。またゆっくりできなので、今日、ゆっくりしようと思っています。そうそう、世の中は新型インフルエンザ流行り。マスクをして帰らなくちゃ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-16 14:34 | Comments(5)
7日に頼んだ話題の1980円のメガネが、さっき届いた。
インターネットで頼んだメガネだ。
カラーレンズは10日ほどかかる、と受注を確認するメールには書いてあったけれど、1週間ちょうどで届いた。
丸いフレームで、アクアブルーが20%の濃度で入ったレンズ。
ちょっと、心待ちにしていたメガネ。
それが、さっき届いた。
1980円が基本だけど、2980円の薄型のカラーオプションレンズをおごった。
さらに、楽天カードに加入したから、その割引もあって送料込みで3204円。
くぅ~っ!やすいぃぃぃぃ!!あのzoffより圧倒的に安いっ!!!
そんな安くて、まともなメガネが作れるのか??
そんな疑いと期待が入り交じって、宅急便の包装を解いた。

ちょっとかわいい、スリムなメガネケースにそれは入っていた。
早速取り出す。
外観は、しっかりしたメガネだ。

d0350319_18353758.jpg


ケースだけでも、1000円くらいしそうなんですけど(^_^;


わくわくしながら、かけてみた。
ちょっと違和感。
でも、これは新しいメガネをかけたときに感じるものと同じ。
すぐ慣れた。

d0350319_18353733.jpg


どう?良くない??


まったく問題ないじゃーん!!
驚きだぁ。
これで十分じゃん!!

なんか、普通にメガネ屋でメガネを作る気がまったく失せた。
こんな安いのなら、また他のフレームで買っちゃおうかって、そんな気分になる。

ということで、結論。
メガネをインターネットで買うってのは、まったくもってアリっ!!
問題ないぞ!
以上!!
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-15 21:21 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(2)

10月11日(日)、小田原アプリにある楽器店、TWO-FIVEが主催するコンサート「大人のチキチキコンサート」に出演してまいりました!
感想を一言で言うと、気持ちよかった。(^_^;
だって、1曲目からみんなお客さん、聞いてんだもん。
こういうシチュエーションは、なかなかないですからね。
ジーズだと、ほとんどが雑談モードですからね。いや、それが悪い訳じゃない。雑談を邪魔しない音楽ってのもありますから。で、これは聞いて欲しいってときは、聞いてくれている。そういう阿吽の呼吸のようなものがジーズにはありますが、それは常連が多いからってこともあります。



でも、チキチキは違いましたね。みんな最初から聞く姿勢ですから(^_^;
お客さんは30人くらいでしたかしら。いっぱいでしたね。
で、最後の曲ではみんなで手拍子してくれて、うれしかったです。手拍子のリズムからはずれないようにするのに気を遣いましたが(^_^)



やっていて、自分がライブ慣れしていることに気がつきました。時間の進行は気にしてるし、若干押し気味だったので途中で曲数を修正したし。司会者のMCにあわせたネタでしゃべってるし。「おれったら、そつないじゃん」とか思ってました。
これはホントにジーズで3年間やってきたおかげだな、と本当に痛感しました。
どの曲も気持ちを込めて歌えたと思います。
それにしても、ツーファイブの八木下さん、相当私の前でハードルを高くしてましたよ。



曰く「楽器を習う人がすごく最近増えているんですよ。ライブには楽器が必要ですからね。でも、ボーカルも重要。だから、ボーカルを習う人が、一番増えている。そういう人がライブをやっていくわけですね。はい、では、そういうことで次は飯山さんです。この人はライブのベテランですよー」だって。
でもまぁ、なんていいましょうか、それによって気合いが入った部分がありましたから、よかったんだと思いますけど。「ジーズキャフェというところで、よく演奏をされている」って言ってくれたから、ジーズの面目にかけても恥ずかしいライブはできないなって。



今日のメンバーは合計5組。30~50代のまさしく大人のコンサートです。
せっかくですから、出演者それぞれの紹介をちょっとしますね。



1番バッターは、アコb(アコビー)。本来は4人のバンドらしいですが、今日はベースの人が仕事で来られず3人編成でした。ギター3本だったり、途中にカホンがはいったりで、DEPAPEPEの曲から入って、ロックをアコースティックアレンジで演奏したりと楽しい時間でした。ホテルカルフォルニアは絶品だったなぁ。リードギターのグッチさんの指が指板を走り回っているのが印象的なアコースティックバンドでした。



次に登場は、近藤忍さん。しのぶっていう名前からすると女性みたいですが、無骨な印象(^_^;の男性です。このかた、もともとバンドマンで、バンドコンテスト(名前を忘れた)では全国大会までいった経験もあるとのこと。もともとベースだけど、最近はバンド活動もしずらくなった(この年代の悩みですね。確かにバンドは存続しにくい)ので最近は一人で弾き語りをやっているとのこと。
ちょっとお酒が入って、いい気分のライブ。どこか山下達郎の声に似てるなと思っていたら、やっぱり達郎のコピーもやっていました。終了後、楽屋で「おれ、酔っぱらいすぎてたかな。ちょっとひっかけただけのつもりだったんだけどな」と反省していました。すごくいい人でしたよ。50才だって。



そして3番手は、我らがいいやまさん。セットリストを書いておきます。
・I need you in my life
・原風景
・ケーキを買いに行く
・キャンディ(原田真二のコピー。初公開です(^_^)
・俺たちはがんばってるよ



4番手は相原由人さん。還暦を迎えたってことですが、そうは見えなかったなぁ。始まる前はギターを貸し借りしたりして楽しくお話しさせて頂きました。マーチンの古いギターで、すごくいい音でした。さすが「大人のチキチキコンサート」っていうだけあって、みんないいギターもってますよ。
この方の演奏、リハではしっとりしていて本番を楽しみにしていたのですが、私が楽屋に戻ったら、ライブが終わって酔いからさめていたさっきの近藤忍さんの反省会につきあわされて(^_^;、相原さんの曲は1曲しか聴けなかったです。でも、それが声の雰囲気とよくあっていて、ステキでしたねー。基本的にみんなうまいです。老練っていうには失礼かも知れないけど、そういう言葉が頭に浮かびましたね。



そしてしんがりは、TWO-TOPという男性2人と女性1人のグループ。オリジナル曲中心ですが、その完成度は目を見張ります。そして、何よりすごいのはそのボーカルの勝呂さんのテクニックと迫力!1曲聞いて「この人はプロだ」と思いました。
それもそのはず、あのYOUGOさんのお兄さんだって。これは、まさしく「血筋」の」なにものでもございません。
聞いてみたら、昔プロデビューしてたんだって。そうだろうなぁ、めっちゃくちゃうまかったもん。YOUGOさんとはまた別の魅力ですね。
YOUGOさんの声と、お兄さんの声。明らかに違うけど、その声質にあったジャンルを二人は選んでる。神様はそういう凝ったことをするわけだなぁ。



そんなわけで、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
チキチキコンサートに出たことで、仲間も増えたし、とてもよかった。
やっぱり外に出なくちゃなぁ。
また12月に出ることになりましたよ。



ちなみに、私のライブは10月31日と11月1日両日になるかもしれませんが、ダイヤ街で某アコースティックバンドのメンバーとして出演。このイベントの路上ライブでは一人でやるかもしれません。
そして、11月14日はジーズでのライブ。
結局毎月ライブをやってるな(^_^;
いい感じだ。(^^)




ツーファイブのページ
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-14 00:01 | 音楽 | Comments(0)
この3連休、確かに「公」の仕事は休みでしたが「私」の部分ではフル回転の3日間でした。
すでに書きましたけど、初日は社長さんの豪邸訪問(ちなみに、ちゃんと医者にも行きました)。
二日目は、自分のライブ。これは後日詳細レポートを書こうと思っています。
三日目は「よしだよしこ」さんのジーズでのライブ。これがまたすごかった。なにがすごかったって、スタッフとして突然関わることができたこと。
簡単に言うと、よしだよしこさんが大好きな「レイチェル・ファロー」というアメリカのシンガーが、よしこさんの新宿、京都、鴨宮のライブに同行、いっしょのステージにたつということで、当日の通訳の手配をしたんです。

それにしても、新宿、京都という大都市のライブにはさまれて「鴨宮」かよ。
すごいな、ジーズキャフェ(^_^;

さてさて、このステージ上の通訳は、新宿のライブにも同行していた我らがトナカイ君が、その新宿ライブを見ながら「もっと詩の内容などまでつっこめる通訳が絶対必要!」と思い立ち、その場で私へ手配できないかというメールを送ってくれたことから始まりました。
そのメールを受けたのは、11日にツーファイアでの自分のライブが終わって、喫茶店で小山くんとまったりしているときでした。
そこからのバタバタが今から思うと楽しいもので、よしこさんのステージをよりよいものにしようという熱意の中に自分がいたことがとてもうれしかったです。

ジーズキャフェに外国人のシンガーが来るのは初めてとのこと。そめちゃんも友達の中から英語ができる人をカウンターに配置すると意気込んでるとのこと。
ジーズキャフェ、てんやわんやの大騒ぎだ。(^^)
結局、レイチェルさんの通訳は、私のお友達に頼んでやってもらうことになりました。

よしこさんのライブは、本当にすばらしいものでした。レイチェルさんとのコラボでは、その美しいハーモニーに涙が出てきました。
7時から始まり、2部構成のステージは文字通りあっという間の出来事。終わってしまうのが本当に惜しかったです。
言葉がわからなくても、気持ちが通じる感じ。音楽って素晴らしい。もちろん、通訳さんのちょっとした解説がとても役に立ちました。とても楽しかったよ。

お昼からよしこさんたちといっしょだったけど、おそばを食べたり、レイチェルさんをホテルまで送ったり、リハーサルにも同席したり。ものすごく思い出に残る、
本当に素晴らしい1日でした。こういう機会を与えてくれたトナカイくん、そしてもちろんジーズキャフェに改めて感謝です。ありがとうございました。

てなわけで、こうして、私の濃密な3連休の幕が降りたのでした。
おかげで、今日は朝から脱力してたわ・・・・(^_^;

d0350319_18353630.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-13 22:29 | 音楽 | Comments(0)
伝説のアーティスト、尾崎豊の曲を久しぶりに聞いた。
本当に、久しぶりに。

同い年の彼を、リアルタイムで聞いていて、なんてすごい詞を書くんだろう、こういうヤツがいるんだって、当時は本当にぶっとんだ。
その卓越した才能にどうしようもないジェラシーを感じて、でもその曲のひとつひとつに引き込まれていた。

「尾崎は10代の気持ちを代弁する曲ばかりだから、問題は尾崎自信が大人になったときだよな。大人になったあとの彼の歌を早く聴きたいよな」などといっしょに尾崎の曲を聴いていた当時の彼女に、わけしり顔でうそぶいたりしたけど、本当にそうだなと、ずっと思っていた。
彼のことをマスコミも「10代のカリスマ」と呼んでいた。

さっき、偶然に尾崎の曲を聴いた。本当に久しぶりに。
それで愕然とした。

大人になった彼は、その自己矛盾を自分の中で消化しきれずに、悩み疲れて死んでいったと思っていた。
でも、今、尾崎の曲を聴いて思った。
彼の作る曲には、年代を超えた何かがある。
それに初めて気がついた。
同世代だから、思ったのかもしれない。
でも、確実に思う。彼の曲は、聞く人とともに成長している。
聞く人の中で、少しずつ意味を変えている。
彼は10代のカリスマなんかじゃない。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-12 01:58 | 音楽 | Comments(0)
歌ってきました。
気持ちよかったです。
そして、人前で演奏する機会のあること、人前でこうして何かを表現できることのすばらしさを、今さらながら感じることができました。
みんな、手拍子をしてくれました。歌い終わると、大きな拍手がありました。
すごくうれしかった。
こういう感動を一人でも多くの人に味わってもらいたいって思いました。
とても、楽しかった。
いい日でした。
今日来てくれた人たち、みんなにありがとうです。
また、がんばります。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-11 22:07 | 音楽 | Comments(2)

豪邸訪問

今日は、以前からおじゃましたかったおうちに遊びに行ってきた。
それは、我が家のほど近いところにある大きなおうち。
数年前にそれが建てられたときからすごく気になっていたおうち。
まさか自分がそこのご主人と仲良くなるなんて、夢にも思わなかった。人生っておもしろい。
そのご主人はある会社の社長さん。すごく気さくで楽しい人。まったく偉ぶらないから、つい話しかけてしまう。イベントで知り合い、お互いがフォークソング好き、そしてギター好きってことで話が盛り上がって、最後に「遊びに来いよ」という話になり、あの御殿のようなおうちのご主人であることがわかったのだ。

部屋に入って、まぁ、驚いた。趣味のために建てたような家なんだ。余分なものがないっていうか、余分なものだらけっていうか。
置いてあるものは、自分に必要なものだけ。生活に最低限必要なもの、趣味に必要なもの。それが広いおうちに、整然と“鎮座”している感じ。すごくすっきりしている。もうお子さんたちは独立しているので、夫婦だけだと荷物も雑多にならないとのこと。

さて、問題のご主人の趣味の部屋(というにはあまりに広いが)に話をうつそう。
ここは、世の中の男子が夢見る「いつかはこんな部屋を持ちたい」っていう見本みたいは部屋。スタジオの機能はあるし、Nゲージ(本格的な鉄道模型)は走ってるし、壁の本棚には単行本、それもマンガがいっぱい。
この部屋の大切な仕組みは「退屈」という文字が頭の中に浮かばないようになっていることなんだな、とか思ってしまう。

午前中におじゃまして、午後から医者にいく予定だったのに、医者のことはすっかり忘れることにした。
手作りのラーメンまでいただいた。やっぱり、趣味の人だ。おいしかった。

奥様も綺麗なかただし、もう、うらやましくて、こういう人を勝ち組っていうんだろうなとか思いながら、趣味部屋で今度のライブの練習(社長たちといっしょにバンドを組むことになっている)をした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、夢見心地で自分の部屋に帰ってきた。現実を見て、みじめな気持ちになるんだろうな、とか思いながら。
でも、最初に思ったのは意外な感覚だった。
「規模は違うけど、似たようなものかもしれないな」
だって、好きなギターが転がってるし、好きなパソコンがいつでもこっちを見ている。
「身の丈にあってるってものだな、これは」と思うと、なんかおかしくて一人でニヤニヤした。
社長の趣味部屋と明らかに違うのは、ごじゃごじゃし過ぎていること。

「この連休を使って、いらないものを、すっかりきれいにしちまおう」

もう、100回くらい思っていることを、また思った。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-10 18:32 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(3)
10月11日は、初めてツーファイブの「大人のチキチキコンサート」に出演します。
2時スタートで、私の出番は3時頃の予定。
30分のステージですが、とても楽しみです。
どんな雰囲気なのかなぁ。
ひーさのバンド、TRESはチキチキの常連。YOUGOさんも。
自分も、仲間に入りたいなぁ。
これに出ると、ツーファイブに写真が飾られるんだよね。
なんか、恥ずかしい感じ。
まだ、ヒビの入った手首が痛いけど、それを忘れて楽しんでこようと思っています。
練習しなくちゃなぁ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-10-10 01:38 | Comments(1)