40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

歳のせいかしら

ここんとこ忙しかったせいもあるのですが、ちっとも疲れが取れません。
疲れが取れないと、頭も回らない。
いかんなぁ。帰ってきて、ゆっくりすごしているつもりなんだけどなぁ。
これも年齢のせいなんでしょうねぇ。
精進、精進。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-30 23:25 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

いたーい

さすがにヒビが入ってるだけある。
右手、痛~い
いつになったら治るの?って全治3週間っていわれたから、しばらくの辛抱だな。
ギター、弾けないよ。
ストロークなんてもってのほか。あの動きがダメなんだね。まだ、フィンガーピッキングのほうが大丈夫だよ。
よくミュージックストリートでストロークしてたなぁ。人前に出ると、どっか切れちゃうのかなぁ(^_^;
はやく、治って欲しいなぁ。荷物も上手にもてないから、何をやってもクソの役にも立たない私がおります。
なんか、くやしい・・・
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-28 23:01 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(1)

グルグルまわる歌声

頭の中でグルグル音楽が回ってるって話をしましたけど、ここんとこずぅ~っと頭に回ってる声は「良元優作」さんと「YOUGO」さんなんですね。
今日、またYOUGOさんの歌声を聞いたから、完全にあの声が頭を回ってますよ(^_^;
すごくいい声なんですよね。今日は歌わなかったけどオリジナル曲、あれ、最高なんだよな。トラブルマン。「I am a
Trouble man!いつだってそうさ!!」ってサビ、一度聞いたら忘れないよ。あれ、いい。で、またYOUGOさん、すっごいいい人なんだよなぁ。びっくりするくらい。尊敬してます。
来週、秦野のイベントでもステージに立つらしいですよ。売れっ子ですなぁ。
俺も、がんばらなくちゃ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-27 19:49 | 音楽 | Comments(4)

今日は疲れました

今日はちょっとイベントのお手伝いのはずが、かっつり一日やっちゃったうえに・・・
まぁいいや。
なにしろ、疲れました。
がっつり疲れました。
関係者のみなさん、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。
なんか、やりきれんなぁ。
今日みたいなことがあると、ショックだわ。
ふて寝しよう・・・・。
おやすみ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-27 18:27 | 音楽 | Comments(0)

頭の中でグルグルと

休日。
自分の周りには、いつも音楽が鳴っています。
部屋にいるときも、歩いているときも。
あ、自転車に乗るときだけは、聞くのやめます(^_^;

とにかく、音楽が常に流れてる。
だから何も聞いてないときも、頭の中にはいつも音楽が流れている感じがする。
例えば仕事中。頭に音楽が流れているから、足でリズムだけ刻んでる時がある。
だからね、私が仕事中に足を揺すってるのは「貧乏ゆすり」じゃないのよ。確かに貧乏だけど、あれはリズムを取ってるの。

みなさんはどうですかね。何もしてないとき、なんとなく好きな音楽のフレーズとか、さっきテレビでやってたCMの一節とかが頭をずっと回ったりしませんかね。
私はしょっちゅうなんですよ、それ。たいがい、なんか頭の中で歌ってますね。

部屋では、ギターを弾くのも楽しみなんだけど、今は弾けない。痛くてね、まだ。
早く治って欲しいなぁ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-26 22:05 | 音楽 | Comments(0)

平成21年9月23日

この日、第3回小田原城ミュージックストリートを開催しました。
きっとこの日を私は一生忘れないと思います。
私は、この小田原城ミュージックストリートというイベントに、すべての回で関わっています。
その中でも、今回が一番ヘビーでした。

立場的には「スタッフ兼出演者」ということですが、関わる度合いが今回は今までと比べてはるかに深かったし、重かったのです。
それは、きっとこのイベントが育ってきているということだと思います。
今回の演奏会場は9つ。出演者は90組。
去年も会場は9つでした。出演者は74組でした。
それほど、数字は変わらないじゃないかと思われるでしょうが、開催するまでの道程が去年までとは違いました。
細かいことを書いても仕方がないので割愛しますが、私がこのイベントに関わった時間は、今までの回とは比べものにならないほど長い時間でした。
だから、このイベントの持つ強みも、ウィークポイントもわかっていました。
だから、この日を迎えることをだれよりも楽しみにしていたし、だれよりも怖がっていたと思います。

いろいろなことがありましたし、いろいろな思い入れがありました。
例えば、事務局という立場なのにかかわらず、自分の出演時間を作りました。
私が出演することが、すべての人が楽しむ場所であることの象徴であると、勝手に思っていたからです。
「ただの出たがり」と思われてもいいと思いました。
いろいろな意味で、出演しない方が、実は楽だったんです。でも、私が出ることに意味があると信じて、どんなに大変でも出演すると自分に誓っていました。
なにしろ、トラブル続きでした。「なんでこんなことが起きるんだろう」と思った瞬間もたくさんありました

そして、とにかく、バタバタしながらも23日の朝を迎えました。
神様はご褒美に、お空にお日様をプレゼントしてくれました。
「まずは、すべての会場で音が出始めればOKだ」と、仲間には言っていました。
でも、そんな単純なものではありませんでした。音が出てからも、さまざまなことが起きました。
スタート時間を過ぎ、各会場で演奏が始まってからも、人の助けを借りなくてはならないことがたくさん起こりました。
そういう中を、スタッフとして毎日毎日、イヤな顔一つしないでいっしょに真夜中まで準備に汗を流してくれた仲間たちはもちろん、この日の出演者までスタッフとして動いてくれたのです。
そして、きっと一般のお客さんから見れば、滞りなく各ステージは進んでいったのです。
素晴らしい仲間たちに感謝です。


こんなこともありました。

私は9月23日の午前1時頃、道路に転がり、救急車が到着する音を聞いていました。
そう、数時間後には小田原城ミュージックストリートが始まるという、そんな時にです。
職場で出来る最後の準備を終え、自転車にまたがり家に帰る途中、自分の不注意から自転車ごと、道路に叩きつけられました。
すぐに帰って、すぐに寝て、5時過ぎには起きて、また準備に出かけなくてはならないのに、そんな大切な時間なのに。
明日は大切な日だから何しろ少しでも寝たいんだと、病院へ搬送されることを拒み、したたか打ち付けた腕と頬が骨折していないことだけを救急隊に確認してもらい、私は家に帰りました。
なんで、こんな大切な時間に、と心から自分の不注意を悔やみました。
でも、同時に思いました。何があっても、自分の役割をしっかりやりたい。何一つ、おろそかにしたくない。バカと言われようが、全部やる。
だから、予定通り、ステージにも立ちました。あんなにギターの弦をつまびくことが、弦を押さえることがつらいと思った演奏は初めてでした(私の右手首にはヒビが入っていたのです)。でも、気持ちよく、歌いきることが出来ました。
よし、今日は大丈夫だ。
よし、俺は、大丈夫だ。
よし、小田原城ミュージックストリートは大丈夫だ!
あぁ、この痛みは、こんな気持ちを強くするためのものだったんだ。


仲間たちの支えを受けながら、日の落ちかけている二の丸広場会場で、私は最後のミュージシャンの登場を待っていました。
そこには、自らが一流のミュージシャンであるにも関わらず、ずっとPAに徹し、素晴らしい音を鳴らし続けてくれていた、尊敬すべき愛すべきアタル君がコントロールする音響システムがありました。
そこには、この会場の最終ミュージシャンであり小田原が誇るミュージシャンであるオフトーンズが、私の大好きなオフトーンズが、満面の笑みでステージに立っていました。
そして、センターに立つデジトムさんのギターから、アタル君がコントロールするPAを通して最初の音が出たとき、私はついに涙を止めることができませんでした。

私のとなりには、前日準備から「自分も何か手伝いたい」とずっといっしょにいてくれたトナカイくんが立っていました。各会場には、ろくに寝ないで力を貸してくれた私の大切な部下たちが、それぞれの最終セクションを迎えようとしていました。
40kidsの仲間たちもそれぞれの場所で汗を流していました。みんなの顔が浮かびました。
そうやって、すべてのお世話になった人たちの顔が浮かんで、本当に涙が止められませんでした。
とても、幸せな一瞬でした。とても、とても幸せな時間でした。


この日、3万人のお客さまが会場に訪れてくださいました。
みんな、どんなことを感じたのでしょう。
この日、約400人のスタッフ、出演者がこのイベントを支えました。
みんな、どんなことを感じたのでしょう。
私には、わかりません。
でも、それぞれの人に、その人の分だけ、このイベントに対する思いがあるはずなんです。
その思いがどんどん広がって、どんどん深まって、どんどん大きくなっていってくれればいいと思います。
このイベントは私にとって、本当に大切なものです。
なぜやるのか、何をめざすのか。
それを自問自答しながら、いつまでも、続けていきたいと思います。


みなさん、本当にありがとうございました。
また来年、小田原の街に音楽が鳴り響く中、笑顔でお会いしましょう。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-25 22:44 | 音楽 | Comments(6)

一生忘れない日

今日は「第3回ミュージックストリート」というイベントでした。
このイベント、とても思い出深いものになりました。
本当に紆余曲折がありましたが、どうにか無事に終わることが出来ました。
苦情はこれから、またお受けいたしますが、とにかく、今日のこの一日を乗り切れたことを神様に感謝したい気分です。
そして、私のまわりにいた人全てに感謝したい気持ちです。
本当にありがとうございました。

このイベントは今回で3回目ですが、いままででいろんな意味で一番印象的でした。
それにしても、今日は泣けました。
私のよく知っている人たちもが多い(このイベントのおかげで多くなった)ので、自分が聞きたい人を聞きたい順番に並べたところもありました。
本当に、どの会場も全部聞きたかった。

今日はさすがに疲れたのでこの辺にしますが、また詳しい話など、書けたらいいと思っています。

今日、このイベントに関わってくださったみなさん、愛してます!!
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-23 23:34 | 音楽 | Comments(2)
しみじみ聞いちゃうよ。
良元優作さん。
詩人だなぁ。
こういう人、売れて欲しいけど、万人受けしないのかなぁ。。
ホントに、世の中にはたくさんすごい人がいるよ。
ジーズに10月31日に来るんだっけかな。



「缶コーヒーを買うのを我慢した帰り道」か、いいな。なかなか、書けないぞ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-21 00:25 | 音楽 | Comments(0)
今日、時間があったから、昨日作った曲をちょいと録音してみた。
本番は弾き語りですけどね。
ギターとコーラスを重ねてみました。
もうちょっと時間があればよかったんだけど、家族がお買い物で不在中の1~2時間くらいの間の突貫工事なものですから、いつも。(^_^;
お耳汚しにどうぞ

「ミュージックストリート」って曲です。再生ボタンを押してね
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-20 22:16 | 音楽 | Comments(3)

バズッってる!!

昨日考えたセットリスト。
昨日作った新曲。
よぉ~し、気合い入れるぞ!と、久しぶりにじっくり練習してみて気がついた。

ギターの音がバズっちょりますっ!
(弦がフレットにあたって、ビビリ音がすること)

リペアに出したあと、しばらくしたら、1~2弦の4~6フレットあたりで強く弾くと出ていたんですけど、まぁバズが出るときはそれなりに強く弾いてるときだから、かえってカッコイイかな、くらいにしか思っていなかったんですね・・・。そのうち松本さんにもう一度見てもらおうって軽く考えて。
たぶん、ギターの状態がリペア後にさらに落ち着いてきたんでしょう。落ち着いてきた先が、ちょっと悪い方向になっているのかのかなぁって。

私の曲は2フレットにカポをしてフィンガーピッキングをすることが多いのですが、そうすると一番弾くところあたりでバズが結構出る。3弦以外は全部出るって感じ。
こ、これは痛い!
しかし、もうリペアに行っている時間はない!
神様が与えたもうた試練と思って、バズが目立たないように弾くしかないと。
もっと上手になりなさいという命令だな、これは(T^T)

明日はジーズでのライブです。
そういうわけで、私のステージはそういった意味でも注目です(^_^;
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-09-20 11:34 | 音楽 | Comments(2)