40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

非常に反応がよくなったマーチンくん。
普通にスリーフィンガーができなくなってしまっております。
おかしい、なにがいけないんだろう。
綺麗な音を出そうとしすぎてるんだろうか。
綺麗な音がでるから、その音が持続させようとするとおかしくなるのかな。
わかんないぞ。
ボディの振動に驚いたりしてるぞ、俺ったら。
帰ってきたときはうれしくてうれしくて、あまり冷静じゃなかったけど、冷静になってくるとギターの難しさが表面化してきたっていうか・・・
やばいなぁ。
あれ?指はどこに置いてたかな、って感じ。
たぶん、未熟な私が思うに、今までいい加減に弾いていてもごませていたものが、ごまかせなくなってきたんじゃないかと。
これがプロのギターなのかも、とか思っちゃってます。
うわぁ、やっぱり松本さんに直接、いろいろ聞いておけば良かったよぉ(; ;)ホロホロ
ライブ直前にスランプだぁ
もっとも、もともと常にスランプみたいなもんですけど。
練習あるのみだっ
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-29 19:18 | 音楽 | Comments(4)

「40kidsの日」は何回目か

我々「40kids」が、ジーズキャフェでその名でライブを始めてからいったい何回なんだろうと、なんとなく気になって過去のミクシィの日記(すでに公開しておりませんが、自分では読めます)を頼りに探ってみました。
二見くんと私は、マナブくんの枠を使わせてもらって何度かやってますが、斉藤たけしくんが初めて加わって今の40kidsの面々が勢揃いしたのは2006年10月20日の夜のことでした。この日は「藤代企画」で出演です。そして、翌月である11月24日の「藤代企画」にも出ました。
このときに、ジョージさんから「第1金曜日にやらないか。だから、名前も決めてくれよ」と言われて、おどおどしてる私を横目に、たけしくんが「ほんとっすかっ!?よろしくお願いします!」って速攻で言って決定したのでした。まだ、オリジナル曲もろくにないのに(^_^;。まぁ、最初のうちはコピー中心でしたからね。
で、はじめて「40kids」という名前で私たちのライブが始まったのが、2006年12月1日の金曜日なのでした。
ちなみに「40kids」という名前を考えたのは、斉藤たけしくんです。彼は、こういうの考えるの上手なんです。

では、数えてみましょう。1年は12か月で1度も休んでませんからね・・・
2006年 1回
2007年 12回
2008年 12回
2009年 いまんとこ6回
合計 31回

おー!すげー!!この間30回目を迎えたまさやんを超えてた!
でも、このうちで二見は2~3回欠席、たけちゃんも2回くらい欠席、私は1回欠席。
やっぱり一人で無欠席のまさやんはすごい。それに、ノーチャージの我々とは比べるレベルが違いますよね(^_^;

とはいえ、我々もなかなかすごいんじゃないか?!
最初のうちは「40代があつまればいいんだから、どうにかできるだろう」という話で、藤代さんたちのヘルプをいただきながらやってましたが、いつのまにか3人でやるのにもすっかり慣れたちゃったもんね。
最初にジョージさんから「10回より20回だよ!」っていわれて「普通は、1回より2回だよな。10回より20回かよ。ってことは、よっぽど俺たちダメなんだな」とか言っていたのを思い出します。それが、もう、31回ですよ。
だから、プライドも責任も、もっと持たないといけないなぁなんてことも、思ってるところです。
この31回の間に、たけちゃんと私が二人でやっていたデュオとしての「40kids」がなくなって、3人で40kidsというのが定着してきました。それに今ではよっぽどいい気に「ゲストを迎える」っていっちゃうくらい、“40kids”の仲間も増えてきたよね。
思えばラジオの番組まで持っちゃったしなぁ。すごいよなぁ。やっぱり、続けることに意味があるんだよ。続けることが目標っていうの、正解なんだよ。
だから、これからも続けていこうな。50kidsになっても60kidsになっても、天国へ行っても。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-28 20:17 | 音楽 | Comments(5)
今日はお堀端通りの七夕イベントのレポーターをやろうと思っていたのに、あいにくの雨で中止。
で、急に暇になったのでネタ集めを兼ねて、市内をまわっておりまして昼飯に入ったのがR255沿いにある「カフェレストラン空(くう)」。偶然通りかかったのですが、こぎれいな店がまえに初めて入りました。
とてもきれいなお店で、いい感じだなぁって外を眺めながら注文をして待っていると突然目の前に人影が。
「突然すみません。私、こちらの店のアドバイザーをしております」とのあいさつに顔をみると、、、
えっ?!!元巨人の角投手じゃありませんか!!見間違うはずがありません、印象的な鼻の上のほくろがしっかりありました!!
ミーハーは私はすっかり写真もいっしょに撮ってもらいました。

d0350319_18352281.jpg


<こんなんするの俺だけだったな(^_^;>


そのときに、ストラップももらいました。

d0350319_18352243.jpg

d0350319_18352223.jpg


<こういうの。いいでしょ>


食事もおいしい店でしたよ。私はパスタランチをいただきました。
もっと写真を撮ってくればよかったな。
食いながら、すかさずFMおだわらのわだっちの番組「サンデーミュージックストリート」あてにメールしておきました。
わだっち、ちゃんと読んでくれました。ありがとう、わだっち。

d0350319_18352259.jpg


<パスタのランチ。ペペロンチーノを選びました。>


でも、店にあった「空 Qoo」のロゴを見て、どっかで見たことあるなぁと思ってましたが、鴨宮北口にあるお好み屋さんと同じロゴだ。あれぇ?と思ってネットで調べてみたら、やっぱり系列だった。
http://www.qoo-cafeteria.com/info
このサイトを見ていてなるほど、と思ったのは、レジの後ろに先日亡くなったプロレスラーの三澤さんの写真とおくやみの言葉がかざってあったんですが、NOAHの関係者とも懇意なんだな。
FMおだわらが外に流れているし、レジにFおだのステッカーがあるので、会計の際「さっき、FMおだわらにメールしておきましたから、きっと読んでくれますよ」って言ったら、「そうですかぁ、昨日も流してくれたんですよ」との話。なんでかな、と思ってたら土曜はお昼のパーソナリティ「坊主」さんも関係者だったようで・・・。

それにしても、突然有名人があいさつにくるとホントびっくりしますよ。すげぇ顔して驚いてたんだろうなぁ、σ(^_^;俺。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-28 19:29 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)
帰ってきました(; ;)
うれぴぃ(; ;)(; ;)
そう、マーチンくんが我が家に帰ってきたのです!
金曜日に帰ってきて、もううれしくてね。その状態がどうなのかと気になっているかたもいらっしゃったかと思いますが、ご報告が遅れてすみませんでした。土日のほうが忙しいいいやまはいろいろあったものですから(^_^;

d0350319_18352176.jpg


<じゃーん!これが僕のマーチンD-28だっ>
いやぁ、どうですか?!って、なにがどうなんだ。これじゃラジオのときのふたみくんの口癖ですね。たたずまい、美しいですねぇ。ほれぼれです。近くに寄ると傷だらけですが。

今回のリペアの内容は、まずはフレットの打ちかえ。そしてそれに伴ったナットの交換、はがれていたバインディングの修理です。
まず、ジャラ~ンと弾いてみて思ったのは「あれ?音量が上がってないか?」ってこと。これって、ナットを交換した影響なのでしょうか。でも、同じ牛骨だしな。

d0350319_18352122.jpg


<きれいに整形された牛骨のナット。美しいぃ~>

フレット交換をしただけに、フレットの高さが高くなり、弾いていると指がひっかかる感覚があります。しかし、明らかに1音1音がはっきり出るようになっています。すごい!
驚いたのは、倍音がふくよかになっていること。中学2年生の息子が、ヤマハのブラックレベルとの音を比べて「マーチンはほかの音がする」と表現したように、前と比べても倍音が出てます。最初は高音域で特にそれを感じました。いやぁ、これが鈴鳴りっていうんだろうなぁって。じっくり聞くと全域で倍音がふくよかになってましたけど。すごいですよ、自然のリバーブが。

d0350319_18352196.jpg


<これまたきれいなフレット。指板もきれいになってます。真っ黒のエボニーじゃなかったけど、真っ黒感が増している気がするのは気のせいかな>

ストロークもとてもいい音です。一つ一つの音がつぶれずに、はっきりと聞こえる感じです。新しい曲ができて、録音しようと思ったけどやめたのは、ヤマハでのストロークの音が全然イメージと違ったからです。ヤマハはアルペジオや単音弾きでは「いけるじゃん」って思っても、ストロークがちょっと雑な音ってイメージだったんです。
でも、これはすばらしい。短音もストロークも両方ともばっちりっていうのは、やっぱりマーチンと松本さんのセットアップのおかげでしょう。すばらしいです。

全体の印象としては、格段に弾いたときの反応があがっています。気をつけないと、ばたつく感じがします。ギターが丁寧に弾くことを要求しているような気がします。それはおそらく私の弾き方が雑だからでしょう。普通に丁寧に弾けるようになれば、このギターの本来のポテンシャルを引き出すことができるんだと思います。
これから、このギターで精進します!で、いじっているうちに1曲できました。やっぱり、いいギターは曲を天から降らせてくれますねー。

楽しいなぁ。リペアしていただいたバナナムーンの松本さん、本当にありがとうございました。それに、受け取りに行ってくれたふたみくん、ありがとう。感謝します。
7月3日のライブでは、新しくなったギターで気合いの演奏をします。
みなさん、まずはギターを見に来てくださいね!ついでに私の歌も聴いてね!
では、また弾きますm(_ _)m
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-28 11:53 | 音楽 | Comments(2)

意気消沈

明日は楽しみにしていた、リペアしているギターの受け取り。
指折り数えて、やっと明日になったのに。

お仕事の都合で行けなくなりました。

ショック・・・

でも、使われ君のギターもいっしょになおっているので、彼に受け取りをお願いしました。
でも、最終的な調整を、松本さんの前で弾いてみてやってもらいたかったな・・・
ギターのこと、教えてもらいたかったし。

でも、まぁ、仕方ない。今度お邪魔する時を楽しみにしよう。
なにしろ、ギターは明日帰ってくる。
反応がすごく良くなっているらしく、自分じゃコントロールできないかもしれない・・・
松本さんも心配してた。
でも、がんばるんだ。またギターにギターの弾き方を教わるみたいに。
松本さんの調整したギターは、弾き方まで教えてくれるんだ。

明日は残念だけど、やっぱり楽しみだ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-25 22:58 | 音楽 | Comments(4)

うわーい、できたー

松本さんから、私のメインギター、マーチンD−28のリペアが終了したとの連絡が入りました!
うれしー!!やったー!次のライブに使えるぞー!!
今回リペアしていただいたのは・・・
・フレット交換
・フレット溝接着剤クリーニング
・ナット交換
・バインディング修正
です。フレットに接着剤を使わないんですよね。職人技です。早くその音を聞いてみたいです!
すっごい楽しみ。いやぁ、もうすぐにでも取りに伺いたいんだけど、仕事の関係で26日の金曜日受け取りになりそう。待ち遠しい!!
あ、そうだ。「火車」の焼きそばも食いたいな・・・。


[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-23 12:46 | 音楽 | Comments(2)

お気に入り発見

ギターではありません。
ボーナスも出たことだし、父の日だからオヤジへのプレゼントに何かを買おうと思っていたら、そうだ、帽子だ。オヤジは体をこわしており、毎日散歩をしている。最近はなんと、電動自転車を購入して町の中を流しているらしい。まぁ、体力づくりにはちょうどいい。
これからの季節、帽子でも買ってやろうとロビンソンに出かけていきました。
で、帽子。前から自分も欲しかったからちょうどいい。
最近は、自分も年を食ったせいか、強い日差しを頭に受けてると頭痛がしたりする。だから、麦わら帽子っぽいのがいいなぁって、思ってました。そう、良元優作さんがかぶっているようなパナマ帽みたいなやつ。
で、ロビンソンの紳士服売り場のあるフロアに登ったとたん目に入った帽子がありまして、なかなかいいなぁと。ほかも見てみたのですが、最初に出会った帽子が一番自分の気分に合っていたので、それを買うことにしました。
色は2種類。薄いブラウンと白のツートンと、薄いブラウン1色のもの。
オヤジとおそろいも良いと思って、両方買いました。
その足で実家へ。オヤジはブラウン1色を選びました。だから、必然的に私はツートンカラーのやつ。

d0350319_18352115.jpg


<こういうの>



オヤジの頭にはちょっと大きかったかも知れないけど、喜んでくれてうれしかった。「おめぇもよく似合うぞ」と言われてご満悦。
私は頭がでかくて、顔が四角いのでどんな帽子も似合いません。でも、こういうタイプのは大丈夫かもしれない。自分ではとってもお気に入りです。通勤にも使って「いいやまさん、最近、麦わら帽子みたいのかぶって、虫取りにでも行くみたいじゃない?」とか言われたいと思っています。
どうでしょうか?

d0350319_18352120.jpg


<似合う?(^_^;>

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-21 21:44 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

ヤマハのギター2本

いつか書きましたが、今、私のメインギターのマーチンD-28はリペアに出ています。
で、練習ギターがすっかりヤマハのひろってきたギター、FG150Fという30年前くらいのギターになっていると書きましたが、さらに練習ギターが増えています。
ヤマハのサイレントギターです。
これは、8年くらい前かな、まだ国道255号沿いに「すみや」があったときに、今はオフトーンズのメンバーの鶴井くんのすすめもあって購入しました。
結構使っていたのですが、最近はあまり触ってませんでした。これが、変に弾きやすいんですね。ヘッドホンで音を聞くんですけど、リバーブもかかるし、結構良い感じです。
これを買ったときは、すっごいいい音!って思ってましたが、やっぱりいろんなアコースティックギターを聞くようになったせいか、“作られた音”に飽きちゃったんでしょうね。

d0350319_18352074.jpg



<2本のヤマハ>

で、現在はこの2本のギターで日々練習していますが、気がついたことがあります。
この2本のギター、見ての通り全然違う風体をしておりますが、音が似てるんですわ。驚き。さすがヤマハ。骨だらけのギターだって、ヤマハらしい音を出してるんですねー。
それに気づいたら、またおもしろくなってサイレントギターも弾きまくってるわけです。夜中でもジャカジャカ全力で弾けますから、いままで作ってきた曲を全然違う雰囲気で弾いちゃって、これがまたはまったりして、曲を変えたりしております。
つまり、サイレントギター、なかなか活躍しておるのでした。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-20 23:55 | 音楽 | Comments(5)

巻上公一さんのような曲

今日、車を運転しながらFMおだわらでヒカシューの巻上さんの番組「music inside out」を聞いていた。
巻上さんのトークはとても興味深く、いい番組なのですが、流れる曲がいつも難解。
インドあたりの民族音楽みたいのが流れた日にゃ、なかなか凡人はついてこれません。
今日流れていたヒカシューの曲も、相当私にとってみては難しい。よくテレビに出ていた頃の曲は、まぁ、ちょっと難解ではあるが、こういうのありだろうなぁって思うけど、最近の曲はものすごく難しい。
良い悪いじゃなくて、これは理解できるかどうかの問題です。
こういう前衛的な音楽を好んで聞いたり演奏したりする人たちは、こういう難解と思われる曲を聴いて、パッと何らかのインスピレーションがあるんでしょうか。いきなり何かの風景が浮かんでくるとか。もしくは、ただ心地よく聞こえるのでしょうか。
それに、こういった前衛的な音楽って、一人で演奏するならそのときのイメージでドンドン演奏しいっちゃうんだと思いますが、ヒカシューの場合はバンドですよね。
こういった不規則な演奏を、どういうふうに作曲者は演奏者に伝えてるんでしょうか。また、演奏者は、こういう前衛的な音楽でも、正確に作曲者のイメージで演奏できるものなんでしょうか。
もしかしたら、ほとんどなにも決まってないのかもしれないとか思ったりしております。
実際のところはどうなのかなぁ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-20 21:31 | 音楽 | Comments(2)

最高!良元優作さん

ジーズキャフェにライブに来る人たち。
アマチュアだろうがプロだろうが、みんなすばらしい。
お世辞じゃなく、すばらしい。
ジーズで演奏するアマチュアの人の曲を聴いていると、プロでやっている人はたまたま運がいいだけなんじゃないかって気になります。ジーズのアマチュアの人たちだって、十分通用するじゃないか、って思ったりします。
それでも、やっぱりプロにはすごい人がたくさんいて、今回紹介させていただくこの人は、最近の私の超お気に入りのミュージシャンです。
20日13時半から放送するのFMおだわら「40kidsの歌はともだち」でも紹介しますけど、この人、すごくいいです。
ジーズキャフェのスタッフ、トナカイくんとあけちゃんが紹介してくれます。

d0350319_18352084.jpg


<良元優作さん。マーチンD-18の音もいいですよ>

まず、声がいい。すごく通る声です。独特で、姿をみないと若いのが年をくってるのかわかりません。
ただ、よく響く。それだけに歌詞がズドンと心に響いてきます。初めて聴いた曲でも、見事にその歌詞が理解できます。これは、もう、天賦の才で、この声を手に入れたいって騒いだってどうにもなるものでもありません。すばらしい神様からのプレゼントです。
その神様からのプレゼントを十二分に生かす歌詞。そしてメロディ。特に歌詞は特筆ものです。
そのすばらしさを確かめたい人は6月24日(水)にジーズキャフェに来てください。
思う存分、体感できます。もしかすると、私はその日、夜遅くまで仕事だ。。。
でも、どうにか聴きに行きたいと思っています。
実は優作さん、5月にやったばかりで、6月にまた登場っていうのは、店主のジョージさんが優作さんを愛しちゃっているからです(^_^;
それに、優作さん、唄がいいだけでなく、ものすごいパフォーマーです。さすが関西人。まったく飽きないのです。
感動して、大笑いして、本当に楽しいステージです。



<代表曲じゃないかもしれないけど、私のお気に入りの曲「へたくそな唄」>

携帯の人はこっちから見られるかな(youtube直リンク)
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-06-19 23:57 | 音楽 | Comments(0)