40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「田」でおいしい小田原どんを食し、満足感に浸っているとき、ふと思い出したことがありました。
 行きの車内で東通りを走っていると、気になる「小田原どん」の看板を見つけたのです。それは、今日のお目当てのお店「田」の近くにある「龍あん」というラーメン屋さん。そのときの「あぁ、中華丼の小田原どんですね、ここもいいですね。チラッとみた感じ、雑炊みたいでしたよ」という、いっしょに行ったOくんの声を思い出したのです。
 ということで、わたしもO君もまだおなかに余裕があったので、小田原どんのはしごをすることになりました(^_^;
 ここも10食限定ですが、私たちの入った13時すぎにもまだありました。ラッキーです。
 「龍あん」の小田原どんは、いわゆる中華丼。名前を「小田原あじな梅ぇ~中華丼」というとおり、小田原の素材として、梅干が効果的に使われていました。チャーハンにかかったあんかけに、練り梅が入っています。さっぱりとした口当たりで、こちらも美味でした。梅干以外の小田原素材って、かまぼこくらいだったような、、、。カニとかは小田原市で獲れるんだろうか。

d0350319_18350522.jpg


d0350319_18350518.jpg



 食後に出てきた杏仁豆腐も自家製なのでしょう、とってもおいしかったですよ。二度目の昼食後の腹にも、おいしく収まってくれました。ラーメンもとてもおいしそうで、小田原どん目当てではなくても、気軽に入れるお店でしょう。店長さん(だと思う)が、きれいな女性でした。小田原どんの資料をくれたり、美容にいい素材が入ってるなどと、いろいろ教えてくれました。

d0350319_18350519.jpg


 お値段、1500円。小田原どんとしては通常の価格です。腕によりをかけて作っているだけに、とってもおいしかったです!
 さすが「小田原どん」、はずれなし!!

d0350319_18350562.jpg

「龍あん」
小田原市栄町2-3-5
電話:0465-23-6391
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-25 19:51 | 旅行・地域 | Comments(0)
お酒、賭け事、女。いわゆる「飲む、打つ、買う」をしない私は、いたってマジメです。そういうことをする経済的余裕がないというのが大きな理由でもありますが、本当の理由は別のところにあると思っています。
 私の実家の家業の従業員は、親父がその昔、「会社勤めができなかった人が来てるから、世の中の大人がみんなこうだとは思うな」と幼かった私に言ったように、ちょっと風変わりな人が多かったのでした。
 どんな人がいたかというと、例えばお金を使わないようにするため、あらゆることに節約をする人。お風呂にも入らないんです。一度「いっしょに風呂へ行くか?」と言われたのでついていくと、そこは海。波打ち際でジャブジャブと体を洗い、「知ってるか?塩水だと石鹸が泡立たねぇんだよ」
 知らないよ、そんなこと。ちなみに、冬でした。

d0350319_18350581.jpg


 この人の部屋にはステレオ(音楽が好きだったので、これは豪華だった)とベッド以外なにもないんです。ご飯はうちで食っていましたからね。食費はゼロだったでしょうね。おかしいのが、ひたすらためたお金をベッドのマットレスの下に並べ、100万円たまったら、数日仕事を休んで豪遊してくるという、超変わり者でした。私が小学校に入るくらいまで、うちで働いていたこの人のことを私は大好きで、いつもくっついて歩いていました。よくステレオでレコードを聞かせてくれていたから、私の音楽好きはこの人に影響されたのかもなぁ。元気にしているのかなぁ。
 ほかにもいつも陽気でめちゃくちゃ面白かった人が突然仕事にこなくなったと思ったら「ヒロポンやってた(麻薬の一種ですね)」ということで警察のお世話になっていたり、お酒を飲むと全然ダメになっちゃうので禁酒していた人が、つい何かのはずみで飲んだ結果、わけがわからなくなり行方不明になっちゃったり。ちなみに発見されたその人を迎えに行ったのは私です。初めて買った新車で意気揚々と迎えに行ったら、そこに待ち受けていたのは、前後不覚で糞尿まみれの彼(:_;)。。。くっせーの。さわるのもおぞましかった。ちなみに、正月の午後のことでした。などなど、あげれば枚挙に暇はありません。警察にお世話になる人が時々いたので、おまわりさんをやけに身近に感じていたりして(^^;
 今書いたような人たちは、どっちかというと笑って済ませられる人たちですが、笑って済ませられない人も何人かいました。いわゆる人生を棒に振るというシーンもいくつか見ました。
 よく覚えているのは、小学校4年生のとき。親父が「ちょっといっしょに見に来い」と、私を連れて行ったのは、従業員の自殺現場です。事件直後だったのでしょう、警察の「立ち入り禁止」のテープが入り口付近をふさいでいました。
 「これを見ろ」と最初に見せられたのは炊飯ジャーの中。しょうゆご飯が入っていました。そして、ふすまに大きく筆で書かれた遺書。「見ろ、あいつは、飯も買えずにしょうゆ飯だけ食ってたんだ。家族にも逃げられてこの部屋で一人住んでた。なぁ、博打なんかにうつつを抜かしていると、人間、こうなるんだ」
 こういう壮絶なこともいくつか体験した私なので、きっと「飲む、打つ、買う」といったことを潜在的にさけているのでしょうね。本当に世の中にはいろんな人がたくさんいる。そういったことを、小さい頃から間近に見てきた私は、いい教育を受けてきたと、最近つくづく思います。家業は兄貴が継いでおり、私はしがないサラリーマンになっていますが、こういう家に生まれた育ったことを誇りに思うし、本当に感謝しています。

d0350319_18350517.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-25 12:57 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

私のギター

私がメインで使っているギターは(という言い方はかっこいいが、実質これしか使っていません)、マーチンD-28です。

d0350319_18350595.jpg


 98年生まれのこのギターも、10歳になりました。でも、私のところに来たのは、まだ3年半ほど前。そう、中古での購入です。 それでも、マーチンが自分の家に来たときの感動は忘れもしません。友達のギター購入に付き合い、ついでに自分は手持ちのギターを1本処分しに行っただけなのに、帰りはどういうわけかマーチンを持っていたのです。友達のギターを物色している間に、このマーチンと「目があった」んですね。
見てくれは傷だらけですが、とてもいい音を出していました。散々悩んだ挙句、20回ローンで購入したのです。
ギターを弾き始めた中学生のころからのあこがれのギター、マーチンD-28。購入してすぐ、リペアに出しまして自分好みのギターになりました。ギターは車と同じで、買ったときは万人向けのセッティング。例えば、ブレーキにしても、適度な遊びがあります。でも、それを自分好みの遊びにする。そういう作業が必要なんだと、私が尊敬する沼津市在住のリペアマン兼ギタリストの方から教わったんですね。

<傷だらけのボディ。でも音には関係ないのだ!>
d0350319_18350565.jpg



そして、そろそろ、またリペアの時期が。写真のとおり、かなりフレットが減ってきています。前回、フレットのすりあわせをしましたが、今回は打ちなおそうと思っています。なかなか時間とお金の余裕がなく、リペアに出せませんが、近いうちには出さないとまずい状態になっています。
いつ持って行こうかな。で、ギターを預けている間のライブはどうしようかな。それより、お金はどうしようかな(^^;


<たくさん弾いて、すり減ったフレット>
d0350319_18350528.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-24 21:57 | 音楽 | Comments(2)

私の曲たち

もう、1年半くらい前になるかな、yamahaのサイト「マイサウンド」に自分の曲を作っては登録するようになりました。
ここです。(マイサウンドの公開曲リスト)


最近作った「幸せの風景」って曲が、自分では気に入っています。
CDに入れた「I need you in my life」は、代表曲として登録しています。ちなみに、一人で録音したバージョンです。



このライブ中の写真は、カメラマン「やぎちゃん」撮影です。
d0350319_18350458.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-23 22:53 | 音楽 | Comments(0)
最近、地元は小田原市で話題の「小田原どん」を食べに出かけました。
全部で10店舗あるこの小田原どん。各お店でその内容も違います。
これから、時々食べに行って、そのレポートをここに記したいと思います。
そういうわけで、今回お邪魔したのは、小田原駅東口ちかくの「お気楽酒場 田(でん)」です。
ウナギの寝床のような長細い店内ですが、純和風のその作りから落ち着いた雰囲気のお店です。
ここの小田原どんのネーミングは「地魚の小田原バラちらし丼御前」
限定十食ということで、急いで出かけました。
内容は、旬魚のフライ(今日はアジ)、地魚のつみれ団子、おみそ汁、鯛の煮付け、そしてバラちらし丼ぶりです。
最初の一口で、うまい!と唸る。これは、絶品。
「ちらし丼には特製のたれがかかっていますが、お好みでお醤油を足してください」と言われましたが、このまま食べた方がおいしいと思います。
新鮮な魚のうまみが十分に出ています。煮付けの味付けや煮込み具合が絶妙だし、つみれ団子も癖もなく、おいしいです。
1800円也のランチ専用としては高いお値段ですが、それも納得のお味。
予約可能とのことですので、気が向いたらお出かけを。東通り(旧職安通り)を駅側から入って、左側にあります。
電話:0465-22-3341
d0350319_18350444.jpg


d0350319_18350462.jpg


d0350319_18350490.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-23 22:06 | 旅行・地域 | Comments(0)

そして帰り道

帰り道。
大橋は表情を変えています。
ヘッドホンから流れていたのは、マイケルヘッジス。
やっぱり、アコースティックギターの音はいいなぁ。


d0350319_18350436.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-12 19:37 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

徒歩通勤

毎朝、40分ほど歩いての通勤。
酒匂川と富士山がよく見える小田原大橋の上。
時々、こうやって写真を撮ってます。
今日は寒かったなぁ。朝、7時半ごろの写真です。

d0350319_18350440.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-12 19:20 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

かっこよかったー

d0350319_18350371.jpg

d0350319_18350379.jpg

今日はいつものジーズキャフェで
TRESとオフトーンズのライブがありました。
両バンドとも、最高にかっこよかった。
いいなぁ、俺もバンド、やりたくなっちゃうなぁ。
[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-12 01:23 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)

隠れた梅の名所

今日は、小田原の我が家の近くにある「曽我の梅林」では、流鏑馬が開催れました。
3万5千本もの梅林の中での流鏑馬は荘厳ですが、人が多い。
で、私は詳しいところで隠れた梅の名所へ出かけていきました。
国府津のいうところにある宝金剛寺です。
とても静かなたたずまいの中、たくさんの白梅と紅梅があります。

d0350319_18350314.jpg


d0350319_18350328.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-11 19:18 | 旅行・地域 | Comments(0)

三宅さんサイコー!

d0350319_18350305.jpg

盛り上がるだけ盛り上がった結果、本日わたしは二日酔い
d0350319_18350353.gif

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-08 16:55 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)