40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

だんぼっちの防音効果を軽く検証

最近、だんぼっちのことをFacebookに書いたら少なからず反響がありましたので、その防音効果はどれくらいあるのだろうと、購入してから3年も経ちますが、改めて軽く検証してみました。

まず、だんぼっちとはなんぞや?ってところですが、簡単に言うと簡易防音室です。それが特殊な段ボールで作られていて、一人ぼっちで使う大きさなので「だんぼっち」という名前になったんじゃないかと。
詳しくは、だんぼっちのサイトを御覧ください。

で、ノーマルのままじゃあまり効果がない、というか、内部の反響がすごいので、専用の吸音材を貼って使ってました。
こんな感じです。これ、3年前の写真。
d0350319_21185782.jpg

これでも、まぁ、いいかなぁとは思っていましたが、この中で演奏している音を知人に聞いてもらったら「ダダ漏れっすよ」というお言葉をいただき、きっとアパートの近隣住民には多大なるご迷惑をおかけしているのではないかと、今になって急に心配になり、遮音材や吸音材を内部に貼り付けて急造ですが改造をいたしました。
それが、この写真です。
d0350319_21212900.jpg

これが現在の状態。俄然、スタジオっぽくなっています。
この写真をFacebookにアップしましたら、ちょいと反響があったというわけ。
で、「どれくらいの防音効果があるの?」的なご質問をいただいておりますが、その返事には「わかんない」としか言えないという情けない状態でしたので、簡単ですがテストをしてみました。

何ぶん、急に思い立ちましたので、夜にこの作業をしているため、あまり大きな音は出せません。音源はiPadから音楽を流し(ボリュームは半分。自分の部屋で見るテレビの音くらい)、それをだんぼっちに入れてみるとどれくらいの音になるのか、というのを騒音レベルを計るiPhoneアプリを使いながら検証してみました。

生の音は50〜60デシベルといったところです。これくらいなら、夜でも近隣に迷惑がかからない音量かなと思いまして。人の話し声レベルですね。
それを、だんぼっちに入れると、20〜30デシベルになりました。だんぼっちのすぐ外にいてもほとんど聞こえません。隣にあるトイレに入ると全く聞こえないです。というか、部屋を出て扉を閉めると全然聞こえません。
だんぼっちの公式サイトでもそのように書かれていますが、改造前はもっと聞こえてたなぁ。改造して10デシベルくらいは下がってると思いますね。

では、実際の録音を聞いてみましょう。

このブログって、音声ファイルはアップロードできないのね。
そんなわけで、私のDropboxにアップロードしたので、聞けない人はすみません。

このように、30デシベルも下がると、使い方次第ですが結構実用だと思います。
注意すべきは、「60デシベルが20〜30デシベルというと半分になるの?」って思いがちですが、あくまでも30デシベル程度の軽減ですから、100デシベルの音を出せば70デシベルになって、おそらくご近所迷惑になります。いや、確実に。
自分が目一杯演奏すると、100デシベルどころか150デシベルくらいの音を出しています(もっとだったかも)ので、いくらだんぼっちの中にいても、これをやっちゃったら問題住民です。時々やっちゃってますが(^_^;)

20時くらいまでは、まぁ、ストロークもしちゃったりしますが、それ以降は演奏しない、もしくは演奏しても指弾きのみで小声で歌う、くらいですかね。それでも、生音で70デシベルくらいは出ますので、だんぼっちの中で40〜50デシベルに落とすっていう感じですね。そうすると、夜中じゃない限り文句は出ないと思います。アパートに住んでると夜中は話し声でも迷惑になりますからね。でもね、夢中になってると、つい音が大きくなるのよね。書きながら、改めて気をつけなくちゃって思っているところです。
もし、だんぼっちを買えば夜中でも大声で歌える、と思っているかたがいらっしゃいましたら、それは大間違いだと思います。
昼間なら大声、オッケーだと思いますが。
ただ、小さな音なら結構いける。指弾きの練習をこっそり弾くってくらいなら、きっと夜中でも大丈夫だと思います。
デカイ一軒家にお住まいの方はいざしらず、お互いにご近所迷惑にならないよう、音楽ライフを楽しみましょう。

ってことで、だんぼっち防音レポートでした〜。






[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-11-13 21:47 | 音楽 | Comments(0)