40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

フリック入手で、さらにiPadを使い倒す

前から知ってはいましたが、iPadでのフリック入力。
最近、さらにiPadで仕事をすることが多くなったので、手軽にサッと文字入力をしたくなることが多いんですね。
自分はiPhoneを手に入れたとき、これは仕事に使えると思い、そのためには文字入力を早める必要があると感じたため、色々試してみました。
その結果、フリック入力の秀逸さにビックリして、早速練習アプリをダウンロードして入力速度を上げました。分速100文字くらいになるとちょっとしたメモを取るのにもストレスなくできます。ちなみに私は両手で入力するのが一番早いです。

iPadで文字入力をする際スマートキーボードを使っているんですが、すぐ使えないんですよ。あのパタパタとキーボードを組み立てる作業に手間を取られるわけです。どうしたもんかなぁと、ちょっとした入力の時はソフトキーボードを使っていたのですが、急に思い出したのがフリック入力。
結構前にiPadのソフトキーボードは右と左に分割できることを知って遊んでたことがありましたので、試してみるかなと。

d0350319_10280591.jpg
↑ATOKの画面
d0350319_10280573.jpg
↑標準キーボードの画面

これが思いのほか快適でして。
標準のキーボードでも、ATOKのキーボードでも、どちらでもできます。
写真を見ていただけるとわかりますが、標準のキーボードのほうが小さい。ATOKは大きくて入力がしやすいですが、画面に隠れる範囲が大きい。だから、写真のように文字入力中に文字が隠れてしまうのです。標準ならキーボードの位置をすぐに動かせるので、まぁ、問題は無いですがATOKは動かさないので、これは致命的かなぁ。それと標準のほうがミスタッチした時に、正しい文字を予測してくれる機能が優れていると思います。
写真をよく見ていただくと、「みすただち」とミスタッチしてるのに、変換候補にはしっかりと「ミスタッチ」と表示されています。これがすごくいい。急いでフリック入力をしているとミスタッチが多いんですよ。それを正してくれるのはいいですね。

ということで、iPadでフリック入力するときは標準キーボードがいいと思います。

あと、これは知っている人は少ないんじゃないかという機能をご紹介します。
iPadを使っていて不便に思うのが、矢印キーがないこと。文字を修正しようなんて時に、指先で直したいところをタッチするのにうまくいかなくてイライラすることがある人も多いことでしょう。
でもね、これは矢印キーがないんじゃなくて「必要ない」からなんですよ。
iPadはかなり自由にカーソルを動かすことが出来ます。
その方法は、画面を二本指で触れて動かしてみてください。あら不思議!カーソルが自由に動きますね!これ、かなり便利なのでiPadを持ってる人は試してみてください。「こんな方法があったのか。なんでアップルはこれをもっと周知しないんだ」って思うはずです(^^)
これはiPadの機能でiPhoneではできません。iPhoneでもできるようにすればいいのに。

ということで、なんかiPadの使い方講座みたいになっちゃいましたが、iPad使いの人のご参考になればなと思っております。iPadのフリック入力、便利だからこの文章も練習がてらiPadで書いています。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2017-08-23 12:41 | パソコン・インターネット | Comments(0)