40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

下曽我ハイキング

先週、馥郁とした香り漂う梅の花がきれいに咲き始めた下曽我をハイキングしました。
昔、仕事でこの地域に関わったメンバー総勢4人で久しぶりの山歩き。
この地域に関わったのはもう15年程前になるんですが、歩くとそのころの記憶がまざまざと思い出されて、楽しいのなんの。
d0350319_19243568.jpg

ものすごく狭い道を、当時は車で行き来しました。550CCの軽自動車から660CCに切り替わった頃で、550CCの車幅じゃないと通れないところばかりでね、ほんの数センチの差なんですが、それが大きかったんですよ。もちろん四輪駆車じゃないと地獄を見ました。まぁ、今回歩いてみて改めて「よくやったなぁ」と思いましたよ。
d0350319_19243655.jpg

山に入って行くと、すぐにこういう風景。富士山がきれい。梅も、みかんも。これだよね、下曽我の里。
そここに思いでのポイントがあるんですが、なにせ急坂。歩き出して10分もしないうちに休憩したくなった。山道だけで10キロは歩きますから、結構ハード。。でも、おしゃべりしながらどうにか無口になるまえに、梅まつり真っ盛りの会場へ降りていけました。
d0350319_19243657.jpg

自分らはこの地域で大きなイベントをやったことあるのですが、そのときに地元の人や有名なレストランシェフといっしょに考えたメニューのうち、一つだけが生き残っていました。うれしいなぁ。これ作るのに、すんごく苦労したんだよね。
d0350319_19243764.jpg

「梅ごはん」。地元のおばちゃんたちと、そのシェフの仕事場で作り方を習ったりしたのを思い出します。

朝から歩いたので、もう昼前から腹ぺこ。でも、昼飯をどこで食べるかだけは決めていました。
それは、平野屋。
d0350319_19243721.jpg

この、昭和の香りがぶんぶんするお店。外見も中身も時間が止まっている店です。
下曽我にいったら、平野屋。そりゃそうでしょー、っていう選択。
久しぶりにカツ丼(900円)。ホントならラーメン(650円)とセットで食いたいところですが、最近はドカ食いをやめているので、カツ丼だけ。
d0350319_19243831.jpg

ほら、おいしそうでしょう?おいしいんです。
ちなみに、ラーメンも食ったヤツがいたのでその写真も。
d0350319_19243896.jpg

昔ながらのラーメンって感じで、こちらもうまいです。
カツ丼とラーメンは基本、同じ出汁をつかってるんじゃないかな。甘みが強いです。

で、これが重要なのですが、食べた場所は6人も座ればいっぱいになるテーブル席ではなく、一見さんは入れないと言われている奥の間におじゃま。
やっぱり、こういう状態でした。
d0350319_19243893.jpg

氷川きよし満載。きよしの間。
新しいアイテム発見!
すごい、おばちゃん、きよしくんとツーショットだ!
d0350319_19243976.jpg

どんだけ好きなんでしょうね。
あと、撮れちゃった!的な印象的に残る写真を1枚。
これは、平野屋奥の間で撮影したもの。
d0350319_19243993.jpg

よく見ると、右上に霊のようなものが。オーブってやつかな。丸いのがたくさん集まってるよね。
あとでわかったんだけど、平野屋でカツ丼代を一人分多く払っちゃったの。やけに高いなぁと思ってたんだけど、きっとこの霊体がいっしょに食べてたから、おばちゃんが人数間違えて請求してきたんだねってことで落ち着きました。

ってわけで、平野屋のカツ丼もラーメンも堪能し、帰り道で「みかん」や「湘南ゴールド」を買いながら、今度は平地で帰り道。
自分は知らなかった知る人ぞ知るおいしいパン屋にも寄ったりして(ここがなんと、俺が住んでるところのすぐそばだった!)、足の付け根が痛くてたまらなくなってきた頃にゴール。

いやぁ、楽しかったです。
これをきっかけに、我々が携わったほかのハイキングコースも歩こうってことになりました。
次はどこを歩きましょうかねー。

[PR]
by 40kids_iiyama | 2016-02-17 19:03 | 旅行・地域 | Comments(0)