40kidsの歌はともだち・いいやま分

junji0909.exblog.jp

FMおだわらでタイトルと同じ番組をやってます。---ワケあり50男の一人暮らし・独り言---

ブログトップ

「飲む、打つ、買う」をしないわけ

お酒、賭け事、女。いわゆる「飲む、打つ、買う」をしない私は、いたってマジメです。そういうことをする経済的余裕がないというのが大きな理由でもありますが、本当の理由は別のところにあると思っています。
 私の実家の家業の従業員は、親父がその昔、「会社勤めができなかった人が来てるから、世の中の大人がみんなこうだとは思うな」と幼かった私に言ったように、ちょっと風変わりな人が多かったのでした。
 どんな人がいたかというと、例えばお金を使わないようにするため、あらゆることに節約をする人。お風呂にも入らないんです。一度「いっしょに風呂へ行くか?」と言われたのでついていくと、そこは海。波打ち際でジャブジャブと体を洗い、「知ってるか?塩水だと石鹸が泡立たねぇんだよ」
 知らないよ、そんなこと。ちなみに、冬でした。

d0350319_18350581.jpg


 この人の部屋にはステレオ(音楽が好きだったので、これは豪華だった)とベッド以外なにもないんです。ご飯はうちで食っていましたからね。食費はゼロだったでしょうね。おかしいのが、ひたすらためたお金をベッドのマットレスの下に並べ、100万円たまったら、数日仕事を休んで豪遊してくるという、超変わり者でした。私が小学校に入るくらいまで、うちで働いていたこの人のことを私は大好きで、いつもくっついて歩いていました。よくステレオでレコードを聞かせてくれていたから、私の音楽好きはこの人に影響されたのかもなぁ。元気にしているのかなぁ。
 ほかにもいつも陽気でめちゃくちゃ面白かった人が突然仕事にこなくなったと思ったら「ヒロポンやってた(麻薬の一種ですね)」ということで警察のお世話になっていたり、お酒を飲むと全然ダメになっちゃうので禁酒していた人が、つい何かのはずみで飲んだ結果、わけがわからなくなり行方不明になっちゃったり。ちなみに発見されたその人を迎えに行ったのは私です。初めて買った新車で意気揚々と迎えに行ったら、そこに待ち受けていたのは、前後不覚で糞尿まみれの彼(:_;)。。。くっせーの。さわるのもおぞましかった。ちなみに、正月の午後のことでした。などなど、あげれば枚挙に暇はありません。警察にお世話になる人が時々いたので、おまわりさんをやけに身近に感じていたりして(^^;
 今書いたような人たちは、どっちかというと笑って済ませられる人たちですが、笑って済ませられない人も何人かいました。いわゆる人生を棒に振るというシーンもいくつか見ました。
 よく覚えているのは、小学校4年生のとき。親父が「ちょっといっしょに見に来い」と、私を連れて行ったのは、従業員の自殺現場です。事件直後だったのでしょう、警察の「立ち入り禁止」のテープが入り口付近をふさいでいました。
 「これを見ろ」と最初に見せられたのは炊飯ジャーの中。しょうゆご飯が入っていました。そして、ふすまに大きく筆で書かれた遺書。「見ろ、あいつは、飯も買えずにしょうゆ飯だけ食ってたんだ。家族にも逃げられてこの部屋で一人住んでた。なぁ、博打なんかにうつつを抜かしていると、人間、こうなるんだ」
 こういう壮絶なこともいくつか体験した私なので、きっと「飲む、打つ、買う」といったことを潜在的にさけているのでしょうね。本当に世の中にはいろんな人がたくさんいる。そういったことを、小さい頃から間近に見てきた私は、いい教育を受けてきたと、最近つくづく思います。家業は兄貴が継いでおり、私はしがないサラリーマンになっていますが、こういう家に生まれた育ったことを誇りに思うし、本当に感謝しています。

d0350319_18350517.jpg

[PR]
by 40kids_iiyama | 2009-02-25 12:57 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(0)